モンテヴェルディ(1567-1643)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

『聖母マリアの夕べの祈り』 濱田芳通&アントネッロ、ラ・ヴォーチェ・オルフィカ(2CD)

モンテヴェルディ(1567-1643)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
AMOE10007
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

新聞各誌も絶讃!
今年目白バロック音楽祭で早くも伝説化したライヴが緊急発売!
初回プレスのみの完全限定盤で
しかも2枚で1枚価格!

満場の東京カテドラルの豊かな残響のもと、ユニークな独唱陣、最大編成のアントネッロでのぞみ、曲を知り尽くした合唱団による即興性に溢れた演奏は、聴衆を同音楽祭史上最大に沸せました。そのライヴが緊急発売。しかも限定盤で破格のプライスでございます。お見逃しなく。(キングインターナショナル)

・モンテヴェルディ:『聖母マリアの夕べの祈り』(1610)
 花井尚美(ソプラノ)
 高山潤子(ソプラノ)
 七条信明(テノール)
 谷口洋介(テノール)
 小笠原美敬(バス)
 春日保人(バス)
 ラ・ヴォーチェ・オルフィカ(合唱)
 アントネッロ
 濱田芳通(指揮)
 録音:2007年6月1日 東京カテドラル(ライヴ)

「濱田の作り出す音楽の一番のよりどころは人間が音楽するにあたって普遍であるべき自発性にほかならない。カテドラルに鳴り響いたモンテヴェルディの霊感は同時に演奏者たちの霊感であった。」音楽評論家・濱田滋郎氏

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
★
専門家、或いは相当の好事家の耳にどう聴こ...

投稿日:2008/10/10 (金)

専門家、或いは相当の好事家の耳にどう聴こえるかは分からないが、各人が感じきっているのがありありと伝わって来る演奏だから、素人が聴くには寧ろこの位いの演奏の方が好ましいと思った。音楽に感動を求める向きにお勧め。

小鳥遊司 さん | 東京都三鷹市 | 不明

2
★
★
★
★
★
この演奏は「音楽の友」2月号でコンサート...

投稿日:2008/02/03 (日)

この演奏は「音楽の友」2月号でコンサートベストテンの一つに選ばれましたね。当日会場で聴きましたが、心を奪われました。この演奏は「聖母マリアの夕べの祈り」の中でも白眉でしょう。その感動が伝わる一枚です。

夢の小箱 さん | 神奈川県 | 不明

4
★
★
☆
☆
☆
濱田氏の音楽観は、「ヨーロッパのクラシック音楽は...

投稿日:2007/12/31 (月)

濱田氏の音楽観は、「ヨーロッパのクラシック音楽は、ルネッサンス以降誤った方向に進んできた」というものであり、美しさや気品ではなく、直情径行とロックやジャズの語法(特に、リズム)を「音楽本来の生命力ある表現」と位置付けます。それはそれでいいのですが、プロであるアントネッロはともかく、アマチュア合唱団にもそれを称揚するあまり、バラバラな発声や汚い音色を整えることをしないので、情念先行のちょっと普通でない演奏が出来上がります。これはその極地といっていいでしょう。私はこれを正に異形の怪演と評価したいと思います。

Abbadian さん | 東京都 | 不明

1

モンテヴェルディ(1567-1643)に関連する商品情報

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品