CD 輸入盤

『聖母マリアの夕べの祈り』 マクリーシュ指揮ガブリエリ・コンソート&プレイヤーズ(2CD)

モンテヴェルディ(1567-1643)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4779773
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

モンテヴェルディ『聖母マリアの夕べの祈り』 全曲
マクリーシュ&ガブリエリ・コンソートの名盤がプライスダウン!


グループ名に「ガブリエリ」という名を用いるだけあって、イタリア初期バロックの演奏に特に力を入れてきた彼らには、これまでも多くのモンテヴェルディ作品演奏の積み重ねがあっただけに、バロック音楽の傑作であるだけでなく、宗教音楽としても非常に重要な作品である『聖母マリアの夕べの祈り』の録音の登場は待ち望まれていたところでもありました。
 ここでは、気心知れた実力派歌手達を起用し、人間の声と器楽アンサンブルによる究極の美をこの作品から導き出しています。同時期におこなわれたコンサートでは、批評家からの賞賛を集め、「マクリーシュの演奏のエネルギーとイマジネーションは21世紀のロンドンに17世紀のイタリアを蘇らせた」(Gurdian紙)と絶賛されたことにも納得の素晴らしい演奏&録音です。

【マクリーシュ&ガブリエリ・コンソート】
イギリスの古楽指揮者ポール・マクリーシュは、1982年に「ガブリエリ・コンソート」を結成、ルネサンス&バロック音楽の演奏活動で声望を高め、1989年にレコーディングされた『ヴェネツィアの戴冠』では、荘厳な美しさに満たされた独特の空間構築が話題となり、HMVでもロングセラーを記録。その後、1993年には、モンテヴェルディやカヴァッリ、マリーニなどの作品を集めたアルバム『ヴェネツィアの晩課 』で英グラモフォン賞を受賞して注目を集め、さらに、2002年には、バッハの『マタイ受難曲』で、各パート1人に切りつめた合唱で一気に知名度が高まることとなります。(HMV)

【収録情報】
モンテヴェルディ:『聖母マリアの夕べの祈り』 全曲
 ジェイムズ・ジョンストーン(オルガン)
 ガブリエリ・コンソート&プレイヤーズ
 ポール・マクリーシュ(指揮)

 録音時期:2005年11月
 録音場所:イギリス、トンブリッジ、スクール・チャペル
 録音方式:デジタル(セッション)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Claudio Monteverdi - Vespro della Beata Vergine: Domine ad adiuvandum a 6
  • 02. Claudio Monteverdi - Vespro della Beata Vergine: Antiphona ad Psalmum 109: Missus est Angelus Gabriel
  • 03. Claudio Monteverdi - Vespro della Beata Vergine: Psalmus I: Dixit Dominus a 6
  • 04. Claudio Monteverdi - Vespro della Beata Vergine: Nigra sum a 1
  • 05. Claudio Monteverdi - Vespro della Beata Vergine: Antiphona ad Psalmum 112: Ave Maria gratia plena
  • 06. Claudio Monteverdi - Vespro della Beata Vergine: Psalmus II: Laudate, pueri Dominum a 8
  • 07. Giovanni Paolo Cima - Canzon quarta: La Pace
  • 08. Claudio Monteverdi - Vespro della Beata Vergine: Antiphona ad Psalmum 121: Ne timeas Maria
  • 09. Claudio Monteverdi - Vespro della Beata Vergine: Psalmus III: Laetatus sum a 6
  • 10. Ercole Pasquini - Toccata
  • 11. Claudio Monteverdi - Vespro della Beata Vergine: Antiphona ad Psalmum 126: Dabit ei Dominus
  • 12. Claudio Monteverdi - Vespro della Beata Vergine: Psalmus IV: Nisi Dominus a 10
  • 13. Adriano Banchieri - L'organo suonarino: Organ: Dialogo secondo
  • 14. Claudio Monteverdi - Vespro della Beata Vergine: Antiphona ad Psalmum 147: Ecce ancilla Domini
  • 15. Claudio Monteverdi - Vespro della Beata Vergine: Psalmus V: Lauda Jerusalem a 7
  • 16. Claudio Monteverdi - Vespro della Beata Vergine: Pulchra es a 2

ディスク   2

  • 01. Claudio Monteverdi - Vespro della Beata Vergine: Antiphona ad "Ave Maris stella": Ecce virgo concipiet
  • 02. Ave maris stella a 8
  • 03. Versicle after "Ave maris stella": Ave Maria gratia plena
  • 04. Antiphona ad Magnificat: Spiritus sanctus in te descendet
  • 05. Magnificat I a 7 - Magnificat anima mea
  • 06. Magnificat I a 7 - Et exultavit
  • 07. Magnificat I a 7 - Quia respexit
  • 08. Magnificat I a 7 - Quia fecit
  • 09. Magnificat I a 7 - Et misericordia
  • 10. Magnificat I a 7 - Fecit potentiam
  • 11. Magnificat I a 7 - Deposuit potentes
  • 12. Magnificat I a 7 - Esurientes implevit
  • 13. Magnificat I a 7 - Suscepit Israel
  • 14. Magnificat I a 7 - Sicut locutus est
  • 15. Magnificat I a 7 - Gloria Patri et Filio
  • 16. Magnificat I a 7 - Sicut erat in principio
  • 17. Sonata sopra Sancta Maria a 1
  • 18. Post Magnificat: Dominus vobiscum - Deus qui de beatae Mariae virginis
  • 19. Ante Duo Seraphim: Dominus vobiscum - Alleluia
  • 20. Duo seraphim a 3
  • 21. Fidelium animae
  • 22. James Johnstone - Free Improvisation
  • 23. Claudio Monteverdi - Vespro della Beata Vergine: Audi coelum a 8
  • 24. Claudio Monteverdi - Vespro della Beata Vergine: Conclusio: Divinum auxilium

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
vesproには名盤が多く、アレッサンドリーニ盤が出た...

投稿日:2007/12/31 (月)

vesproには名盤が多く、アレッサンドリーニ盤が出た時にはしばらくそればかり聴いていましたが、このマクリーシュ盤はそれ以上に素晴らしい。もはや典礼というよりも劇的で、歌唱と器楽のアンサンブルは驚異的なレベルに達しています。曲の素晴らしさと、現代に通じる内容を一層感じさせる名盤です。

fuka さん | 横浜 | 不明

5

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モンテヴェルディ(1567-1643)

If one were to name the composer that stitches the seam between the Renaissance and the Baroque, it would likely be Claudio Monteverdi -- the same composer who is largely and frequently credited with making the cut in the first place. The path from his earliest canzonettas and madrigals to his latest operatic work exemplifies the shifts in musical thinking that took place in the last decades of th

プロフィール詳細へ

モンテヴェルディ(1567-1643)に関連する商品情報

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品