モレノ・トローバ、フェデリコ(1891-1982)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

もっと見る +

CD

Castillos De Espana: 新井伴典+turina, Granados, Rodrigo

モレノ・トローバ、フェデリコ(1891-1982)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ALCD7104
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

内容詳細

トローバの「スペインの城」はスペインの土地とその地に息づく空気までも精妙に写し取った作品である。新井はこの曲に“魅入られた”といってもいい。彼自身が校訂した楽譜による全曲(14曲)演奏。高い技術以上に味のある“うた”が漲る絶品の演奏だ。(弘)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モレノ・トローバ、フェデリコ(1891-1982)

Federico Moreno Torroba (1891-1982) was an extremely versatile Spanish composer who touched virtually every genre, most notably revitalizing music for the solo guitar, expanding the zarzuela repertoire, and producing full-scale operas. Starting out primarily as an orchestral composer, Moreno Torroba switched in the 1930s to writing lighthearted zarzuelas, of which La marchenera and Luisa Fernanda

プロフィール詳細へ

器楽曲 に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品