CD 輸入盤

ピアノ協奏曲第2、3番 Medtner、Dobrowen / Po

メトネル (1880-1951)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SBT1027
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD

収録曲   

クラシック曲目

すべての収録曲を見る

  • Nikolai Medtner (1880 - 1951)
    Concerto for Piano no 2 in C minor, Op. 50
    演奏者 :
    Medtner, Nikolai (Piano)
    指揮者 :
    Dobrowen, Issay
    楽団  :
    Philharmonia Orchestra
    • 時代 : 20th Century
    • 形式 : Concerto
    • 作曲/編集場所 : 1920-1927, France
    • 言語 :
    • 時間 : 36:12
    • 録音場所 : 04/1947, EMI Abbey Road Studio No. 1, London [Studio]
  • Nikolai Medtner (1880 - 1951)
    Concerto for Piano no 3 in E minor, Op. 60
    演奏者 :

    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : 20th Century
    • 形式 : Concerto
    • 作曲/編集場所 : circa 1940-1943, France
    • 言語 :
    • 時間 : 34:47
    • 録音場所 : 05/1947, EMI Abbey Road Studio No. 1, London [Studio]

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ラフマニノフやプロコフィエフ、ショスタコーヴィチやストラヴィンスキー...

投稿日:2009/08/06 (木)

ラフマニノフやプロコフィエフ、ショスタコーヴィチやストラヴィンスキーの自作自演は著名だが、メトネルのそれが余り顧みられていないのは残念である。ラフマニノフの大親友であったメトネルは、ピアノ協奏曲を3つ作っているが、その内2つを作曲者自身のピアノで聴けるとは贅沢だ。特に第2番はラフマニノフに献呈され、鬼才ソラブジからも大絶賛された傑作で、最高度の技巧と抒情の両方を兼ね備えた、演奏至難な曲である。メトネルは、それを易々と開陳してくれるのだ。勿論晩年の録音ということもあり、弾き飛ばすようなことはないが、その分リリカルな魅力を押し出すようなタメが見事である。この歌心はラフマニノフ以上であろう。バックを務めるドブローウェン(この人も作曲家!)の指揮もよい。音質も、1947年の録音ながら明瞭で優秀だ。

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

メトネル (1880-1951)

Nikolay Medtner (1880-1951) was a Russian composer and pianist who maintained a late Romantic style in his music, even during the heyday of modernism. In addition to three piano concertos, Medtner composed much keyboard music, chamber pieces, and over 100 songs, many of them in the mold of Schumann and Brahms. Medtner emigrated to Germany to escape the 1917 Bolshevik revolution and traveled to Eng

プロフィール詳細へ

メトネル (1880-1951)に関連する商品情報

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品