ムソルグスキー(1839-1881)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

SACD 輸入盤

2台のオルガンと打楽器のための編曲集 第1集〜ムソルグスキー:展覧会の絵、ラインベルガー:オルガン協奏曲第2番 エンデブロック、他

ムソルグスキー(1839-1881)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
3D001701
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド,輸入盤

商品説明

バイノーラル録音に特化した
「hd-klassik」シリーズ登場!


ヘッドホンで聴くことにより最高音質の効果を発揮するように作られた「バイノーラル録音」はCYBELEレーベルが積極的に取り入れている仕様のひとつです。その録音に特化した新シリーズが始まりました。第1弾は2台オルガンとパーカッションという豪華編成のための作品集。教会に鳴り響く大音響を余すことなく捉えた充実のディスクです。
※SACD層に通常の録音とバイノーラル録音の2種類が収められています。CD層は通常録音のみになります。

ラインベルガーのオルガン協奏曲はオーケストラ・パートもオルガンにアレンジ。華麗な掛け合いが聴きものです。『展覧会の絵』も2台のオルガンで色彩豊か、音量の幅も大胆! 豊饒で壮大な世界が広がります。全編通してパーカッションは割とクラシカルな用法に留まり、ここぞというところでティンパニやバスドラムを炸裂させ、音楽により一層の深みを与えています。サウンドのユニークさよりも音楽的表現に重きを置いたアレンジに好感が持てます。(輸入元情報)

【収録情報】
● ラインベルガー:オルガン協奏曲第2番ト短調 Op.177
● ムソルグスキー:展覧会の絵


 ヨルグ・エンデブロック(歴史的ヴァルカーオルガン)
 スザンネ・レーン(クライスオルガン)
 コンラード・グラーフ(打楽器)

 録音時期:2017年6月14-16日
 録音場所:ヴィースバーデン、ルーテル教会
 録音方式:ステレオ(DSD/セッション)
 SACD Hybrid
 Stereo / 5.1 ch Surround Sound / 3D-Binaural-Stereo

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ムソルグスキー(1839-1881)

Although not professionally trained as a composer, Modest Mussorgsky (1839-1881) was crucial in developing a distinctly Russian musical style. His lack of formal instruction and his rejection of European models led him to create music of such startling originality that after his death, many of his works were corrected by more conventional composers. The difficulties of his personal life prevented

プロフィール詳細へ

ムソルグスキー(1839-1881)に関連する商品・チケット情報

器楽曲 に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品