SHM-CD

ムソルグスキー:展覧会の絵、プロコフィエフ:『ロメオとジュリエット』より10の小品 松田華音

ムソルグスキー(1839-1881)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCG1768
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD

商品説明

松田華音/ムソルグスキー:展覧会の絵

ロシアで神童と呼ばれた、美しすぎる日本人ピアニスト。松田華音、待望のセカンド・アルバム!
 6歳でロシアに渡り、翌年モスクワのグネーシン音楽学校にモスクワ市立グネーシン記念中等(高等)音楽専門学校ピアノ科に第一位で入学。その後もロシアで研鑽を積み、現在はモスクワ音楽院で学ぶ松田華音。2014年の鮮烈なデビュー以来約3年ぶりとなるアルバムをリリースします。
 今回の収録曲はムソルグスキーの『展覧会の絵』と、プロコフィエフの『ロメオとジュリエット』。どちらもロシアを代表する作曲家の最も人気のある作品。プロコフィエフ作品は、同名のバレエ作品から10曲を選び、作曲者自らがピアノ用に編曲したもの。高度なテクニックと豊かな音楽センスを必要とするこの作品でも、松田華音はロシア仕込みの壮大なスケール感と多彩なピアノ・タッチで、オーケストラのような響きを再現しています。『展覧会の絵』では、各楽章のキャラクターの対比を見事に表現しています。
 2014年に日本人ピアニストとして初めて名門ドイツ・グラモフォンよりデビューを飾った松田華音は現在20歳。今もロシアで研鑽中で最新アルバムの発売近辺には帰国し、来日公演を行います。(予定)(メーカー資料より)

【収録情報】
● プロコフィエフ:『ロメオとジュリエット』より10の小品 op.75
● ムソルグスキー:組曲『展覧会の絵』


 松田華音(ピアノ)

 録音時期:2017年2月22-24日
 録音場所:長野県、軽井沢大賀ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
 HRカッティング

【アーティストプロフィール】
1996年、香川県高松市生まれ。4歳で細田淑子に師事、ピアノをはじめる。
2002年秋、6歳でモスクワに渡りエレーナ・ペトローヴナ・イワノーワに師事、翌年ロシア最高峰の名門音楽学校、モスクワ市立グネーシン記念中等(高等)音楽専門学校ピアノ科に第一位で入学。
2004年、エドワード・グリーグ国際ピアノ・コンクール(モスクワ)、グランプリ受賞。2006年、TVロシア文化チャンネル主催、くるみ割り人形国際音楽コンクール、ピアノ部門第一位受賞。
2009年、AADGT 国際Young Musician Competition(ニューヨーク)第一位受賞。
2010年、才能ある青少年の国際コンクール&フェスティバル「クラシカ2010」グランプリ受賞(カザフスタン)。
2011年12月、国立アレクサンドル・スクリャービン記念博物館より2011年度の「スクリャービン奨学生」に選ばれる。
2013年2月、モスクワ市立グネーシン記念中等(高等)音楽専門学校で外国人初の最優秀生徒賞を受賞。翌年同校を首席で卒業(ロシアで成績優秀者に贈られる「赤の卒業証書」で卒業)。9月、モスクワ音楽院に日本人初となるロシア政府特別奨学生として入学。
2014年11月ドイツ・グラモフォンよりCDデビュー。
オーケストラとの初共演は8歳。これまでにミハイル・プレトニョフ、マルク・ゴレンシュタイン、ワレリー・ゲルギエフ、秋山和慶、円光寺雅彦、尾高忠明、小林研一郎、高関 健などの指揮者、ロシア・ナショナル管弦楽団、ロシア国立交響楽団、キエフ国立フィルハーモニー交響楽団、マリインスキー歌劇場管弦楽団、京都市交響楽団、札幌交響楽団、東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、広島交響楽団、読売日本交響楽団、大阪交響楽団などと共演。(メーカー資料より)

内容詳細

硬派なタッチもそうだがテクニックの切れ味が根本から違う。直ちにロシアン・ヴィルトゥオジティを痛感させる松田華音のピアノである。加えてプロコフィエフの“ロミジュリ”の描写力の生彩には思わず唸らされる。「展覧会の絵」における独創的な解釈表現はもはや風格さえ漂う。秀逸なセカンド・アルバムだ。(弘)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ムソルグスキー(1839-1881)

Although not professionally trained as a composer, Modest Mussorgsky (1839-1881) was crucial in developing a distinctly Russian musical style. His lack of formal instruction and his rejection of European models led him to create music of such startling originality that after his death, many of his works were corrected by more conventional composers. The difficulties of his personal life prevented

プロフィール詳細へ

ムソルグスキー(1839-1881)に関連する商品・チケット情報

器楽曲 に関連する商品・チケット情報

  • バリー・ダグラス/ブラームス:ピアノ独奏作品全集 バリー・ダグラスがChandosで2012年にスタートした「ブラームス:ピアノ独奏作品集」が、ついに全集ボックスとなって登場! ローチケHMV|8時間前
  • 2台のオルガンと打楽器のための編曲集〜展覧会の絵、他 SACDハイブリッド盤。ヘッドホンで聴くことにより最高音質の効果を発揮するように作られた「バイノーラル録音」。第1弾は2台オルガンとパーカッションという豪華編成のための作品集。教会に鳴り響く大音響を余すことなく捉えた充実のディスクです。 ローチケHMV|1日前
  • ギルベルト・シュヒター/シューベルト:ピアノ作品全集(12CD) TUDORレーベルが1989年にリリースしたギルベルト・シュヒターのシューベルト・ピアノ作品全集ボックスが装いも新たに再発売です。 ローチケHMV|1日前
  • グザヴィエ・ドゥ・メストレ/スペインのセレナータ メストレの最新録音は、ファリャ作曲『スペイン舞曲第1番』やタレガ作曲『アルハンブラの思い出』など、彼のアンコール・ピースとして確立され、CD化が望まれていた作品を中心に、ハープという楽器の可能性を広げる技巧的でロマンティックなスペイン地方のソロ・ピースを網羅しています。 ローチケHMV|5日前
  • ジェイムズ・ローズ/ファイアー・オン・オール・サイズ 幼少時に受けた虐待、自殺未遂、精神病院への入院、奨学金の打ち切りなど数々の困難に直面しながらも、コンサート・ピアニストとして自らの道を切り拓き続けるイギリスの異色ピアニスト、ジェイムズ・ローズ。このアルバムは、J.S.バッハ、ショパン、ベートーヴェン、ラフマニノフの名曲で構成されています。 ローチケHMV|5日前
  • アウグスティン・ハーデリッヒ/パガニーニ:24のカプリース ハーデリッヒが満を持して録音した『24のカプリース』は、この芸術的作品をヴァイオリニストとしてのスキルのあらゆる側面から考証を行い、技巧と音楽性の極限、さらに新たなる深い音楽性を生み出しています。真のヴィルトゥオジティを発揮された、ハーデリッヒの神髄が聴けるアルバムです。 ローチケHMV|5日前

おすすめの商品