CD 輸入盤

Der Bettelstudent: Allers / Graunke So Streich Holm Gedda Prey

ミレッカー(1842-1899)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
5653872
組み枚数
:
1
レーベル
:
Emi
:
Europe
フォーマット
:
CD

収録曲   

  • 01. Introduktion
  • 02. (2-16) Erster .act One . Premier Acte
  • 03. (1-15) Zweiter . Act Two. Deuxieme Acte
  • 04. (16-25) Dritter Akt . Act Three. Troisieme Acte

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
カルロス・クライバーの伝記を読むとミレッ...

投稿日:2016/04/09 (土)

カルロス・クライバーの伝記を読むとミレッカーが出てくる。偽名でのオペラデビューはミレッカーの「ガスパローネ」であり、この「乞食学生」も指揮している。クライバーというと「こうもり」の印象が強烈なため、オペレッタを得意としていたと思われるかもしれないが、そんなことはなく、どうしてミレッカーか、と興味が沸く。さて聴いてみると、実に楽しく面白くてびっくりだ。演奏も素晴らしい。嫌われ役オーレンドルフのナンバーが最高で、これをプライが楽しそうに歌っている。67年の録音なので(台詞だけ70年代に採ったらしい)シュトライヒもゲッダも十分に魅力的だ。これをクライバーが振ったらどうだったかとつい考えてしまうが、アラースの老練な指揮も見事なもので何の不満もない。

フォアグラ さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
★
ミレッカーの代表作、「乞食学生」全曲盤。...

投稿日:2010/07/02 (金)

ミレッカーの代表作、「乞食学生」全曲盤。 オーケストラは、EMIのオペレッタ・シリーズではお馴染みの、グラウンケ交響楽団で、指揮はフランツ・アラーズ。 アンサンブルはイマイチな所もあるのですが、演奏はメリハリのついた演奏。 そして、リタ・シュトライヒ、レナータ・ホルム、ヘルマン・プライ、ニコライ・ゲッダといった豪華歌手の歌唱はどれも素晴らしい。 70年代の録音なのだが、それほど悪くないと思う。 今現在、このオペレッタ発売されているCDでは決定盤と言っていいのではないでしょうか。

レインボー さん | 不明 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ミレッカー(1842-1899)

Carl Millocker was one of the most popular and prolific operetta composers of his time, though today his reputation rests largely on Der Bettelstudent and Grafin Dubarry, and he remains overshadowed by Lehar and Johann Strauss II. He studied flute and music theory at the Vienna Conservatory and after his graduation, composed and conducted at the Thalia Theater in Graz, where his first operetta, th

プロフィール詳細へ

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品