CD 輸入盤

Sym.9: Scherchen / Vso Live 1950

マーラー(1860-1911)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ORFEOR228901
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Germany
フォーマット
:
CD

商品説明

シェルヘンのマーラー交響曲第9番

若い頃から前衛活動に没入していたシェルヘンですが、レパートリーは幅広く、バッハから現代まで実にユニークなアプローチで聴かせてくれました。マーラーは中でも得意としていたものですが、その解釈態度のカメレオン的な変貌ぶりは聴きものといえ、突き放したような“復活”(MCA)や、過激な第5番(HMF)などさすがといえる内容でした。当CDの第9番は、ウィーン響を指揮したライヴ録音で、これまたユニークな内容となっています。1950年録音なのでモノラルですが。

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
マーラーは逆に変にあっさり演奏すると、つ...

投稿日:2013/02/27 (水)

マーラーは逆に変にあっさり演奏すると、つまらなくなるように思う。バーンスタインの粘着性のある演奏が正しいのか。嫌いだけど。でもこれはすごい。編曲に近いのではと思ってしまう。これだと聴ける。はたしてマーラーを聴いたといえるかどうかわからないが。

聖オーガスティン さん | IRELAND | 不明

1
★
★
★
★
★
FICの盤で持っていますが、これほど説得...

投稿日:2003/11/28 (金)

FICの盤で持っていますが、これほど説得力のあるマーラー9番も珍しいと思います。

wataken さん | miyagi | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マーラー(1860-1911)

1860年:オーストリア領ボヘミア、イーグラウ近郊のカリシュト村で、グスタフ・マーラー誕生。 1875年:ウィーン楽友協会音楽院に入学。 1877年:ウィーン大学にてアントン・ブルックナーの対位法の講義を受講。 1883年:カッセル王立劇場の副指揮者に就任。 1885年:『さすらう若人の歌』を完成。プラハのドイツ劇場の

プロフィール詳細へ

マーラー(1860-1911)に関連する商品情報

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品