CD 輸入盤

Sym.1: Slatkin / St.louis.so

マーラー(1860-1911)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CD80066
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD

収録曲   

  • 01. Slatkin, Leonard - Sinfonie Nr. 1 D-dur Der Titan
  • 02. 1. Langsam, Schleppend / Im Anfang Sehr Gemaechlic
  • 03. 2. Kraeftig Bewegt, Doch Nicht Zu Schnell
  • 04. 3. Feierlich Und Gemessen, Ohne Zu Schleppen
  • 05. 4. Stuermisch Bewegt

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
復活で、従来にない叙情的な表現で驚かせた...

投稿日:2011/09/01 (木)

復活で、従来にない叙情的な表現で驚かせたスラトキンですが、「私にマーラーの交響曲がベートーベンやブラームスの交響曲と同じように美しいと感じさせることは難しい。」と明言しています(なぜかその後10番を録音している)。そのせいもあり、この巨人はずっと買いそびれていて、今回久しぶりに再入荷したのでやっと買いました。当時としては新鮮でいい録音でしょうが、復活ほどのユニークな個性は余り感じられず、最近のSACDのサウンドと比べるとちょっと物足りないです。でも、「巨人」ではなく、「青春」という題名ならこれはこれでなかなか捨てがたい爽やかさな甘酸っぱさがあります。

馬羅 さん | 愛知県 | 不明

1
★
★
★
★
★
ワルターがデジタルに蘇った!実に解釈がワ...

投稿日:2005/12/20 (火)

ワルターがデジタルに蘇った!実に解釈がワルターに似てて、サッパリとしている。バーンスタインの様な情熱は感じず純音楽的マーラーである。但し音もよく、細かい所でスラットキンの音楽性が伺われる。全米2位にランクされたセントルイス。金管全盛の時代にこの弦を主体とした演奏は奥ゆかしく美しい、隠れた名盤だと思う。値段も安くなった!

guinness さん | yokohama | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マーラー(1860-1911)

1860年:オーストリア領ボヘミア、イーグラウ近郊のカリシュト村で、グスタフ・マーラー誕生。 1875年:ウィーン楽友協会音楽院に入学。 1877年:ウィーン大学にてアントン・ブルックナーの対位法の講義を受講。 1883年:カッセル王立劇場の副指揮者に就任。 1885年:『さすらう若人の歌』を完成。プラハのドイツ劇場の

プロフィール詳細へ

マーラー(1860-1911)に関連する商品情報

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト