CD 輸入盤

交響曲第4番 ギーレン&南西ドイツ放送交響楽団

マーラー(1860-1911)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
93046
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Germany
フォーマット
:
CD

商品説明

マーラー:交響曲第4番
ミヒャエル・ギーレン指揮南西ドイツ放送交響楽団、クリスティーン・ホイットルジー(S)

1988年2月、カールスルーエ・シュタットハレのブラームスザールにおけるデジタル録音。比較的遅めのテンポでじっくりと曲想を描きあげた緊密な演奏。さまざまな素材が立体的に絡み合う第1楽章展開部の面白さや、クールな美感の表出がたまらない第3楽章など抜群の聴きごたえです。INTERCORD時代にリリースされていたものと同じ音源ですが、今回はこのシリーズならではの優秀ななリマスタリングが新たにおこなわれており、厚みのある豊かな音質に仕上がっています。
 組み合わせはフランツ・シュレーカー作曲《あるドラマへの前奏曲》で、こちらは1995年2月、バーデン・バーデンのハンス・ロスバウト・スタジオにおけるレコーディング。この作品は以前、1981年の5月にベルリン放送響を指揮してSCHWANNレーベルにレコーディングしており、ギーレンにとっては14年ぶり2度目の録音となります。

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
☆
☆

3.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
非常に美しい4番だ。じっくりとフレーズを...

投稿日:2002/12/28 (土)

非常に美しい4番だ。じっくりとフレーズを歌わせるギーレンの指揮は、最近この曲の演奏に多い、やや小ぶりの演奏とは違い、改めてこの曲の奥深さを思い知らされた希有の名演である。

くれよん さん | 名古屋市 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マーラー(1860-1911)

1860年:オーストリア領ボヘミア、イーグラウ近郊のカリシュト村で、グスタフ・マーラー誕生。 1875年:ウィーン楽友協会音楽院に入学。 1877年:ウィーン大学にてアントン・ブルックナーの対位法の講義を受講。 1883年:カッセル王立劇場の副指揮者に就任。 1885年:『さすらう若人の歌』を完成。プラハのドイツ劇場の

プロフィール詳細へ

マーラー(1860-1911)に関連する商品情報

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品