マーラー(1860-1911)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

CD 輸入盤

交響曲全集(第1番〜第10番クック版) サイモン・ラトル&ベルリン・フィル、バーミンガム市交響楽団(12CD)

マーラー(1860-1911)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
9029586917
組み枚数
:
12
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤,輸入盤

商品説明

サイモン・ラトル/マーラー:交響曲全集(12CD)

ラトルのマーラー交響曲録音サイクルは、バーミンガム市交響楽団、ベルリン・フィル、ウィーン・フィルにまたがり、1986年の第2番に始まり2004年の第8番で一旦完成しています。1993年にウィーン・フィルにデビューした時のライヴ録音の『9番』が、以前までのボックスには収録されていましたが、今回のボックスには2007年のベルリン・フィルとの『ラトルの最も素晴らしい業績のうちのひとつ』とベルリンのZeitung紙で絶賛された、ラトルとベルリン・フィルの底力を示すものとして高く評価された録音に入れ替わって収録されています。(輸入元情報)

【収録情報】
Disc1
● マーラー:交響曲第1番ニ長調『巨人』

 バーミンガム市交響楽団

Disc2-4
● マーラー:交響曲第2番ハ短調『復活』

 アーリーン・オジェー(ソプラノ)
 ジャネット・ベイカー(メゾ・ソプラノ)
 バーミンガム市交響楽団&合唱団

● マーラー:交響曲第3番ニ短調

 ビルギット・レンメルト(アルト)
 バーミンガム市交響楽団&合唱団

Disc5
● マーラー:交響曲第4番ト長調

 アマンダ・ルークロフト(ソプラノ)
 バーミンガム市交響楽団

Disc6
● マーラー:交響曲第5番嬰ハ短調

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

Disc7-9
● マーラー:交響曲第6番イ短調『悲劇的』

 バーミンガム市交響楽団

● マーラー:交響曲第9番ニ短調

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

Disc10
● マーラー:交響曲第7番ホ短調『夜の歌』

 バーミンガム市交響楽団

Disc11
● マーラー:交響曲第8番変ホ長調『千人の交響曲』

 クリスティン・ブリューワー(ソプラノ)
 ソイレ・イソコスキ(ソプラノ)
 ユリアーネ・バンゼ(ソプラノ)
 ビルギット・レンメルト(アルト)
 ジェーン・ヘンシェル(アルト)
 ジョン・ヴィラーズ(テナー)
 デイヴィッド・ウィルソン=ジョンソン(バリトン)
 ジョン・レリア(バス)
 バーミンガム市ユース合唱団
 バーミンガム市交響合唱団
 ロンドン交響合唱団
 トロント児童合唱団
 バーミンガム市交響楽団

Disc12
● マーラー:交響曲第10番(クック編)

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

 サー・サイモン・ラトル(指揮)

 録音時期:1986-2007年
 録音方式:ステレオ(デジタル)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マーラー(1860-1911)

1860年:オーストリア領ボヘミア、イーグラウ近郊のカリシュト村で、グスタフ・マーラー誕生。 1875年:ウィーン楽友協会音楽院に入学。 1877年:ウィーン大学にてアントン・ブルックナーの対位法の講義を受講。 1883年:カッセル王立劇場の副指揮者に就任。 1885年:『さすらう若人の歌』を完成。プラハのドイツ劇場の

プロフィール詳細へ

マーラー(1860-1911)に関連する商品・チケット情報

交響曲 に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品