SACD 輸入盤

交響曲全集 ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団(17SACD)

マーラー(1860-1911)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SFS0039
組み枚数
:
17
レーベル
:
Sfs
:
International
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド,輸入盤

商品説明

マーラー交響曲全集&歌曲集
ティルソン・トーマス&サンフランシスコ響
ハイブリッドSACD17枚組!


すでに16年に及ぶティルソン・トーマスとサンフランシスコ交響楽団の実績を代表する傑作が、一連のDSDレコーディングによるマーラー・シリーズであることは多くの人が認めるところですが、今回、マーラー・イヤーを記念してそれら17枚分のSACDをまとめたボックスセットがリリースされることとなりました。

【トップクラスの実力派オケ】
今やアメリカでもトップ・クラスの優秀な機能を誇るオーケストラとして知られるうになったサンフランシスコ交響楽団は、ブロムシュテットの音楽監督着任[1985-1995]によってメキメキと腕を上げ始め、それを引き継いだティルソン・トーマスがさらに精緻でしなやかな表現力を磨き上げたという背景を持っています。
 ブロムシュテット時代の代表作としてはシベリウスニールセンの交響曲全集ペール・ギュントなどがあり、どれもセッション録音で入念に仕上げられたブロムシュテットらしい誠実な名演としてよく知られています。
 一方、ティルソン・トーマス時代に入ってからのセッション録音としては、ストラヴィンスキープロコフィエフガーシュウィンコープランドなどがあり、どれも高度なアンサンブルを生かしながら細部まで表現力豊かに聴かせるというこのコンビならではの卓越した演奏として高く評価されていたものです。

【実演での姿を忠実にライヴ録音】
一連のRCAのCDで聴ける彼らの実力が、必ずしも条件に恵まれたセッション録音だからというわけではないことを鮮やかに証明して見せたのが、2002年にリリースされたマーラーの交響曲第6番のディスクだったのは記憶に新しいところです。
 その後も彼らはライヴ録音を継続し、実演ならではのメリットを最大限に生かしつつ音質面でも十分に満足できるクオリティのディスクを数多く発表してきました。そうした彼らの実績の集大成ともいえるのが今回のセットということになります。

【SACDによるコンサートの再現】
シリーズの特徴であるDSDレコーディングによる演奏会場の雰囲気そのままのサウンド・キャラクターは、セカンドを右に置いたヴァイオリン両翼型の立体感あふれる楽器配置にも効果的ですし、『千人の交響曲』冒頭のオルガンのような大迫力の音響にも十分に応えています。ちなみにそこで鳴っているデイヴィス・シンフォニー・ホールのオルガン(イタリアのフラテッリ・ルッファッティ製)は、147のストップと9,235本のパイプ数を誇る巨大なもので、底力のある美しい響きがとても印象的なものでした。
 なお、収録作品中、『嘆きの歌』のみ、RCAによる録音となっていますが、これもオリジナルの20ビットPCM方式のマルチ・トラック録音からDSDマスタリングがおこなわれることにより、マルチチャンネル音声も追加されるなどいっそうの高音質化が図られたものであることも朗報です。(HMV)

【収録情報】
Disc1
・交響曲第1番ニ長調『巨人』
 録音:2001年9月19-23日

Disc2,3
・交響曲第2番ハ短調『復活』
 イサベル・バイラクダリアン(S)
 ロレーン・ハント・リーバーソン(Ms)
 サンフランシスコ交響合唱団
 ヴァンス・ジョージ(合唱指揮)
 録音:2004年6月

Disc4,5
・交響曲第3番ニ短調
 ミシェル・デ・ヤング(メゾ・ソプラノ)
 サンフランシスコ交響合唱団女性メンバー
 パシフィック少年合唱団
 サンフランシスコ少女合唱団
 録音:2002年9月25-29日

・『亡き子を偲ぶ歌』
 ミシェル・デ・ヤング(メゾ・ソプラノ)
 録音:2001年9月19-23日

Disc6
・交響曲第4番ト長調
 ローラ・クレイコム(S)
 録音:2003年9月24-28日

Disc7
・交響曲第5番嬰ハ短調
 録音:2005年9月28日-10月2日

Disc8,9
・交響曲第6番イ短調『悲劇的』
 録音:2001年9月12〜15日

Disc10
・交響曲第7番ホ短調『夜の歌』
 録音:2005年3月9〜12日

Disc11,12
・交響曲第10番嬰ヘ短調〜アダージョ
 録音:2006年4月6-8日

・交響曲第8番変ホ長調『千人の交響曲』
 エリン・ウォール(ソプラノ:罪深き女)
 エルザ・ファン・デン・ヘーヴァー(ソプラノ:懺悔する女)
 ラウラ・クレイコム(ソプラノ:栄光の聖母)
 カタリーナ・カルネウス(メゾ・ソプラノ:サマリアの女)
 イヴォンヌ・ナエフ(メゾ・ソプラノ:エジプトのマリア)
 アンソニー・ディーン・グリフィー(テノール:マリア崇拝の博士)
 クイン・ケルシー(バリトン:法悦の教父)
 ジェイムズ・モリス(バス・バリトン:瞑想する教父)
 サンフランシスコ交響合唱団
  ラグナ・ボーリン(合唱指揮)
 パシフィック少年合唱団
  ケヴィン・フォックス(合唱指揮)
 サンフランシスコ少女合唱団
  スーザン・マクメーン(合唱指揮)
 録音:2008年11月19-23日

Disc13,14
・交響曲第9番ニ長調
 録音:2004年9月29日-10月3日

・『リュッケルトの詩による5つの歌曲』(ピアノ伴奏版)
 スーザン・グラハム(メゾ・ソプラノ)
 マイケル・ティルソン・トーマス(ピアノ)

Disc15
・カンタータ『嘆きの歌』(初稿版)
 マリーナ・シャグチ(ソプラノ)
 ミシェル・デ・ヤング(メゾ・ソプラノ)
 トーマス・モーザー(テノール)
 セルゲイ・レイフェルクス(バリトン)
 サンフランシスコ交響合唱団
 録音:1996年5月29-31日&6月2日

Disc16
・『大地の歌』
 スチュアート・スケルトン(テノール)
 トーマス・ハンプソン(バリトン)
 録音:2007年9月26-29日

Disc17
・『さすらう若人の歌』
 トーマス・ハンプソン(バリトン)
 録音:2009年9月23,25,26日

・『リュッケルトの詩による5つの歌曲』
 スーザン・グラハム(メゾ・ソプラノ)
 録音:2009年9月16-20日

・『子供の魔法の角笛』より
  「塔の中の囚人の歌」
  「少年の鼓手」
  「トランペットが美しく鳴り響くところ」
  「死んだ少年鼓手」
  「原光」
 トーマス・ハンプソン(バリトン)
 録音:2007年5月10-13日

 サンフランシスコ交響楽団
 マイケル・ティルソン・トーマス(指揮)

 録音場所:サンフランシスコ、デイヴィス・シンフォニー・ホール
 録音方式:デジタル(ライヴ)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND  

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
7
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
いまもっともよく聴くマーラーのCDセットで...

投稿日:2014/11/08 (土)

いまもっともよく聴くマーラーのCDセットです(テンシュテットのCDは時折聴くけど、バーンスタインはもうほとんど聴かないなあ)。それは、2012年秋のサントリーでの5番の演奏があまりにすごかったから。ただし5番はCDではそのすごさは再現できないのが残念。あんな演奏するならそのためにエアチケット買ってシスコに行ってもよいと思った。2015年山田さんどんな演奏するのかしら。

fuka さん | 東京都 | 不明

4
★
★
★
★
☆
演奏、録音については、他の方の意見に共感...

投稿日:2012/01/30 (月)

演奏、録音については、他の方の意見に共感できる点が多く、素晴らしい内容だと感じました。 今回、LPで購入しましたので、LPの品質についてのべたいと思います、以前から海外盤の盤質について不満があったのですが、今回のLPはまあ、よくできているとは思いましたが、やはり、交響曲第3番の第1面に、スリ傷がありノイズが出たほか、いくつかの盤にブツブツと低いノイズが時々あり気になりました。 アナログの良さが十分感じられるLPでしたが、先日のリファレンス盤には盤質は一歩譲ると感じました。 LP製盤の技術はキングのスーパー・アナログ・シリーズが最高と思いますが、今回のLPはとてもそこまでは行っておらず、LP製作の技術は、国内 海外とも低下しているように感じられました。 (国内盤でも、ヴァントのブルックナーの交響曲選集の失敗もありました) 全体では高額の商品ですので、若干残念な思いがしました。

HAPPY1510 さん | 千葉県 | 不明

6
★
★
★
★
★
単品で買い揃えた身にとってはつらいので、...

投稿日:2011/08/24 (水)

単品で買い揃えた身にとってはつらいので、早く1万円以下になってくれ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!本音です。個人的に1、2、5、6は最高がつけられるがそれ以外は本当に最高か???????????これも、本音です。だから、1万円以下に早く、少しでも早く、たとえSACDをやめてCDにしても良いので、CDであれば、5千円くらいでお願いします。世界中のマーラーファンに、マイケルのすごさを思い知らせて。ベルリンフィルの腑抜け指揮者を引きずり下ろすためにも!!!!!!!!!!!!祈ります。

candi さん | 福井県 | 不明

12

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マーラー(1860-1911)

1860年:オーストリア領ボヘミア、イーグラウ近郊のカリシュト村で、グスタフ・マーラー誕生。 1875年:ウィーン楽友協会音楽院に入学。 1877年:ウィーン大学にてアントン・ブルックナーの対位法の講義を受講。 1883年:カッセル王立劇場の副指揮者に就任。 1885年:『さすらう若人の歌』を完成。プラハのドイツ劇場の

プロフィール詳細へ

マーラー(1860-1911)に関連する商品情報

交響曲 に関連する商品情報

  • 小澤征爾&水戸室内管/ベートーヴェン:交響曲第9番『合唱』 2002年のサイトウ・キネン・オーケストラとの録音以来、15年ぶりに小澤征爾が第九を再録音!2017年10月、第1&2楽章はセッション録音、第3&4楽章はライヴ録音です。 HMV&BOOKS online|4時間前
  • バッティストーニ&東京フィル/チャイコ『悲愴』、武満徹『系図』 バッティストーニ&東京フィルの『BEYOND THE STANDARD』第2弾は、チャイコフスキー『悲愴』と武満徹『系図』。『系図』では、映画『この世界の片隅に』でヒロインの声優を務め、天才的な感情表現が好評を博した のん が語りを担当! HMV&BOOKS online|5時間前
  • 【LP】人気レーベルSpeakers Cornerの在庫再拡充! 高音質盤でクラシックファンにも人気のレーベル「Speakers Corner Records」のクラシックレコードの在庫を拡充しました。高音質盤ですが価格もお求めやすく定評があります。是非この機会にお買い求め下さい。 HMV&BOOKS online|5時間前
  • 【LP】ワルター「田園」高音質 1枚組/33回転、再入荷 ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」:ブルーノ・ワルター指揮&コロンビア交響楽団 (1958) のAnalogue Prod.盤、1枚組、33回転仕様が再入荷!定番の1枚は安定の高音質LPで是非! HMV&BOOKS online|6時間前
  • 【LP】ローマの噴水とローマの松 高音質LP 再入荷 素晴らしい安定感!当店人気盤のレスピーギの「ローマの噴水」「ローマの松」のLIVING STEREOシリーズのアナプロ再発盤、1枚組仕様の方が久々に再入荷しました!(フリッツ・ライナー指揮&シカゴ交響楽団) HMV&BOOKS online|6時間前
  • DG「伝説の名コンビ 指揮者と楽団」シリーズ新譜 指揮者とオーケストラ、伝説の名コンビの演奏をそれぞれ8枚組としてまとめたシリーズ。今回は、ジュリーニ&ウィーン・フィル、小澤征爾&ボストン響、N・ヤルヴィ&エーテボリ響、バレンボイム&パリ管の4タイトルが登場。 HMV&BOOKS online|22時間前

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト