CD 輸入盤

マーラー:交響曲第4番(室内合奏版)、シュナーベル:歌曲集 ラヘル・ハルニッシュ、グラツィエッラ・コントラット&ミューテン・アンサンブル・オーケストラ

マーラー(1860-1911)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
501709
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


ラヘル・ハルニッシュの澄み切った歌声!
マーラーの交響曲第4番とシュナーベルの歌曲を
室内アンサンブルによる編曲版で録音!


美声の持ち主であるソプラノ歌手、ラヘル・ハルニッシュが注目の新譜をリリース。マーラーの交響曲第4番とシュナーベルの歌曲を室内アンサンブルによる伴奏で録音しました。
 作曲家、ピアニスト、指揮者として活躍のドイツのクラウス・ジーモンが編曲したマーラーの交響曲第4番は実演、録音でも高い評価を得ております。マーラーの豊かな響きを室内アンサンブルで表現しているこの編曲では、マーラーの特質した美しい旋律を際立たせております。さらにピアノ、アコーディオンが加わることによりしっかりとした構築を示し、原曲の雄大な響きも堪能できます。透明度の高いこの名曲の新たな魅力を再発見できる編曲です!
 そして注目はアルトゥル・シュナーベル[1882-1951]の歌曲です。シュナーベルといえばピアノの名手と知られ、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ全集をはじめ数々の名録音を残してきました。ピアニストとしてだけでなく作曲家としてもその才を認められたシュナーベルは“創造するヴィルトゥオーソ” として3つの交響曲、5つの弦楽四重奏曲、ピアノ協奏曲、ピアノのための7つの小品、そして歌曲などを残しました。ここに収録された歌曲からの抜粋は当演奏の女流指揮者グラツィエッラ・コントラットによる編曲。室内アンサンブルの伴奏でお楽しみいただけます。この歌曲集はシュナーベルの後の伴侶となったテレーゼ・ベーアのために書かれており、そのどれもが美しい旋律を呈します。(写真© Rene Ruis)(輸入元情報)

【収録情報】
● マーラー:交響曲第4番(ジーモン編曲室内アンサンブル版)

 I. 17:03/ II. 10:05/ III. 21:08/ IV. 10:51 = 59:07

● シュナーベル:歌曲集 Op.11/Op.14より(コントラット編曲室内アンサンブル版)
 「それから」 Op.11-2(2:58)
 「マリアの歌」 Op.11-4(1:55)
 「わが子よ、私はいくよ」 Op.11-7(1:34)
 「夜景」 Op.14-14(2:05)
 「Heisst es viel dich bitten?」 Op.14-16(1:49)

 ラヘル・ハルニッシュ(ソプラノ)
 ミューテン・アンサンブル・オーケストラ
 グラツィエッラ・コントラット(指揮)

 録音時期:2016年7月
 録音場所:チューリッヒ、ブルネンホフ・ラジオスタジオ
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マーラー(1860-1911)

1860年:オーストリア領ボヘミア、イーグラウ近郊のカリシュト村で、グスタフ・マーラー誕生。 1875年:ウィーン楽友協会音楽院に入学。 1877年:ウィーン大学にてアントン・ブルックナーの対位法の講義を受講。 1883年:カッセル王立劇場の副指揮者に就任。 1885年:『さすらう若人の歌』を完成。プラハのドイツ劇場の

プロフィール詳細へ

マーラー(1860-1911)に関連する商品・チケット情報

室内楽曲 に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品