ベートーヴェン(1770-1827)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

もっと見る +

SACD

ベートーヴェン:交響曲第7番、第8番、『エグモント』序曲、リスト:『前奏曲』 アンドレ・クリュイタンス&ベルリン・フィル(シングルレイヤー)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
WPGS10018
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SACD

商品説明

ベートーヴェン:交響曲第7番、第8番、『エグモント』序曲、リスト:『前奏曲』
アンドレ・クリュイタンス&ベルリン・フィル


アンドレ・クリュイタンス/名盤SACDシングルレイヤー・コレクション
日本独自企画

【収録情報】
1. ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調 Op.92
2. ベートーヴェン:劇音楽『エグモント』 Op.84〜序曲
3. ベートーヴェン:交響曲第8番ヘ長調 Op.93
4. リスト:交響詩『前奏曲』 S97


 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 アンドレ・クリュイタンス(指揮)

 録音時期:1960年2月(1,2)、1957年12月(3)、1960年11月(4)
 録音場所:ベルリン、グリューネヴァルト教会
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)
 Producers: Christfried Bickenbach, Fritz Ganz, Rene Challan
 Balance engineers: Ernst Rothe, Horst Lindner

 SACD Single Layer
 SACD対応プレイヤーで再生できます。

【アンドレ・クリュイタンス/名盤SACDシングルレイヤー・コレクション】
ベルギー生まれのフランス系指揮者、アンドレ・クリュイタンスの没後50年企画(1905年生〜1967年6月3日没)。19世紀〜20世紀前半のフランス音楽への親近性はもとより、彼が残した録音は幅広いもレパートリーで世界的な評価を受けるクリュイタンスの名盤を厳選、最新2017年24bit/96kHzでのオリジナル・マスターからのリマスター音源によるSACDシングル・レイヤーでの発売。(メーカー資料より)

【アンドレ・クリュイタンス】
1905年音楽一家に、アントワープに生まれる。1940年フランス市民権獲得。1932年トゥールーズのカピトール劇場で活動を開始。フランスのメジャーなオペラハウスで活躍の傍ら、バイロイト音楽祭でも成功を収め(初登場のフランス人指揮者)、ベルリンやウィーンでも指揮。フィルハーモニア管弦楽団での録音デビュー、ニューヨーク・フィルにも登場した。1940年代〜1960年代半ばに多くの録音を残す。収録音源の他にも、「ファウスト」、「ホフマン物語」などのオペラ録音でも高く評価される。(メーカー資料より)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連する商品・チケット情報

交響曲 に関連する商品・チケット情報

  • セルゲイ・クーセヴィツキーの芸術(40CD) このボックスは、1929年から1950年にかけて収録された音源を集めたもので、RCAへの録音を中心に、EMI、SONYへの録音とライヴ音源から構成される大規模で興味深い内容となっています。 ローチケHMV|1日前
  • エーリヒ・ラインスドルフの芸術(40CD) このボックスは、1946年から1966年にかけて収録された音源を集めたもので、RCAへの録音を中心に、ウエストミンスター、EMI、SONYへの録音と、ライヴ音源から構成される興味深い内容となっており、ステレオ録音も多数含まれています。 ローチケHMV|1日前
  • ボルトン/ブルックナー:交響曲全集(第1番〜第9番) スクロヴァチェフスキ、ヤングに次ぐ「OEHMSレーベル ブルックナー・ツィクルス」の第3集はイギリスの指揮者アイヴァー・ボルトンが指揮したザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団の演奏。 ローチケHMV|1日前
  • カラビツ&ボーンマス交響楽団/ウォルトン:交響曲第1番、第2番 2016年には読売日響を振った来日公演を成功させたカラビツ。ディスコグラフィーの殆どをロシア音楽が占めるカラビツが新たに挑む、20世紀イギリス音楽史における傑作交響曲にご期待ください。 ローチケHMV|2日前
  • カラヤン/シベリウス:交響曲集、他(SACDシングルレイヤー) カラヤンがベルリン・フィルと1960年代に録音した交響曲第4番、第5番、第6番、第7番、名手クリスチャン・フェラスをソリストに迎えたヴァイオリン協奏曲、管弦楽曲を4曲を収録。 ローチケHMV|1日前
  • ショルティ&ロンドン響/マーラー:交響曲第9番 ショルティの没後20周年を記念しての発売。その指揮活動の初期の録音の中から、ロンドン響とのマーラーの交響曲録音です。1967年4月28,29日、5月2,9-11日、キングズウェイ・ホールでの録音です。 ローチケHMV|1日前

おすすめの商品