CD 輸入盤

Sym, 9, : Toscanini / Nbc So Farrell Merriman Peerce N.scott

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
09026602562
組み枚数
:
1
レーベル
:
Rca
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

収録曲   

  • 01. Allegro Ma Non Troppo, un Poco Maestoso
  • 02. Molto Vivace
  • 03. Adagio Molto e Cantabile; Andante Moderato
  • 04. Presto; Allegro Assai

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
ン十年ぶりに聴きなおして驚いたのは、この...

投稿日:2008/12/30 (火)

ン十年ぶりに聴きなおして驚いたのは、この演奏に「古臭さ」が全然感じられない事。 古色蒼然としたフルヴェンと同時期の演奏とはとても思えない。「贅肉なんて許さん!」という感じでビシビシと進行していく音楽には、一種独特の快感がある。トスカニーニ恐るべし。全くトンデモナイ爺さんだ。

にゃおにゃお金 さん | 市川市 | 不明

1
★
★
★
★
★
一流の演奏。マエストロもこの録音には非常...

投稿日:2008/05/10 (土)

一流の演奏。マエストロもこの録音には非常にご満足されたという逸話が残されている。カンタービレのベートーヴェン。終楽章のリズム感は他の誰からも聞けない。軽妙な音楽に奏でられる喜びの歌。フルトヴェングラー、ミュンシュのようなスタイルとは一線を画した名演。深刻ぶらずにご機嫌なベートーヴェンと一緒に音楽を楽しみましょう。

ezorisu さん | 京都市 | 不明

1
★
★
★
★
☆
いかにもトスカニーニらしいガッツのある演...

投稿日:2007/05/06 (日)

いかにもトスカニーニらしいガッツのある演奏です。息使いは相変わらず慌しく、悪く言えばブラスバンド的な演奏です。でも、それが即悪いかというと必ずしもそうではない。かえってフルトヴェングラーの勿体をつけた、(そんなことベートーヴェンは書いてないだろう、なんでいつも同じところでアッチェルランドするの?…)演出が見えみえの演奏よりかははるかに作曲者の意図が明確な感じられる演奏だと思います。

SKD さん | 柏市 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連する商品情報

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品