CD 輸入盤

Overtures: Hagen / Vienna Festival.o

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CD77158
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Germany
フォーマット
:
CD

収録曲   

  • 01. Hagen, Prof. Hans - Egmont Op. 84 (ouvertuere Und
  • 02. Ouvertuere
  • 03. Hagen, Prof. Hans - Leonoren-ouvertuere
  • 04. Hagen, Prof. Hans - Coriolan E-moll Op. 62 (ouvert
  • 05. Hagen, Prof. Hans - Die Geschopfe Des Prometheus O
  • 06. Ouvertuere

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
ベートーヴェンの序曲を集めたCD。 『エグ...

投稿日:2015/05/21 (木)

ベートーヴェンの序曲を集めたCD。 『エグモント』『レオノーレ作品72』『コリオラン』『プロメテウスの創造物』の4曲、全曲で38分の収録。 演奏は、ハンス・ハーゲン指揮、ウィーン祝祭管弦楽団による物。 指揮者のハンス・ハーゲン(1915〜1979)は、オーストリアの作曲家、指揮者で、主に軽音楽と言ったジャンルを中心に活躍していたようで、録音もそれなりにあるが大半は上記のような軽音楽か、クラシックでもオペレッタ等が多く、本格的なクラシックの作曲家の作品の音源は珍しいと思う。 ここで振っているウィーン祝祭管弦楽団は録音用団体であると思われるが、技術はそこそこ、ウィーンの団体である証拠の柔らかいサウンドが聴こえる。 ポピュラー系の指揮者だからか、どちらかと言えば軽量級の演奏であるが、聴かせ所は掴んだ演奏であり、インターナショナルで上手だけど、下手な演奏よりはるかに良いと思う。 録音年は不明だが、聴いた感じ1950〜1960年代ぐらいで、やや曇った音質。 まぁ時期を考えればおかしくはないと思いますが… 内容は悪くはないと思いますが、基本的にこの音源はコレクター向きの一枚で、マニア以外にはおすすめ出来ません。 収録曲を初めて聴く人は、わざわざこのCDを買うよりも(そういう人はそうはいないでしょうが)他に優れた演奏が沢山あるのでそちらを買ったほうが良いでしょう。 このCDは何枚か聴いて来た人こそ、その演奏の良さが分かると思います。

レインボー さん | 不明 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連する商品情報

管弦楽曲 に関連する商品情報

  • クリュイタンス、フランソワ/ラヴェル:作品集(6CD) クリュイタンス&パリ音楽院管弦楽団とフランソワによる、ラヴェルの管弦楽曲集・ピアノ協奏曲集・ピアノ曲集が、ワーナーお買得ボックス・シリーズに登場。 HMV&BOOKS online|1日前
  • ルスティオーニ&トスカーナ州立管/ペトラッシ:管弦楽作品集 2016年6月には東京交響楽団と兵庫芸術文化センター管弦楽団を指揮し、世界が熱い視線を注ぐ1983年ミラノ生まれの若きマエストロ、ダニエーレ・ルスティオーニのソニー・クラシカル第2弾となるアルバムは、イタリアの現代音楽作曲家ゴッフレド・ペトラッシの作品集。 HMV&BOOKS online|2018年6月15日(金)
  • ボッソ&ストラディヴァリ・フェスティヴァル室内管/チャイコフスキー:弦楽セレナード、他 2017年にSonyから発売したアルバム『The 12th Room』がイタリアだけで5万枚を売り上げ、近年のイタリアで最も成功した音楽家と評価されているエツィオ・ボッソ。作曲家・指揮者・ピアニストとしてマルチな活動を行なっていますが、今回は彼が2017年に設立した「ストラディヴァリ・フェスティヴァル室内管弦楽団」との共演。 HMV&BOOKS online|2018年6月15日(金)
  • 【在庫特価】ノイマン&ゲヴァントハウス管のスメタナ:『わが祖国』、他 『わが祖国』は、コンヴィチュニーから受け継いだ重厚なサウンドを基軸に骨太な演奏を聞かせていたゲヴァントハウス管音楽監督時代のノイマンが残した名演。他にスイトナーのドヴォ9、レーグナーのヤナーチェク:シンフォニエッタも収録。在庫限りの特価。 HMV&BOOKS online|2018年6月14日(木)
  • 弦楽合奏版の『展覧会の絵』、『禿山の一夜』 ヴァイオリニスト、指揮者、イリヤ・イオフの編曲による弦楽合奏のためのムソルグスキー。『展覧会の絵』、『禿山の一夜』、歌曲集『子供部屋』(ソプラノ:ヴェーラ・チェカノヴァ)を収録。イリヤ・イオフ指揮、ディヴェルティスマン室内管弦楽団の演奏です。 HMV&BOOKS online|2018年6月14日(木)
  • 【LP】ミュンシュ&BSOによるダフニスとクロエ(1955) 1960年にリリースされたミュンシュ指揮、ボストン交響楽団によるラベルのダフニスとクロエがAnalogue Productionsから登場!200グラム重量盤によるQuality Record Pressingsです! HMV&BOOKS online|2018年6月14日(木)

おすすめの商品