CD 輸入盤

交響曲第9番『合唱』 クーベリック&バイエルン放送響(1982年ステレオ・ライヴ)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ORFEOR207891
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Germany
フォーマット
:
CD

商品説明

クーベリックのベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」
1982年ミュンヘンでのステレオ・ライヴ録音。ライヴならではの祝典的な盛り上がりが心地よいホットで立派な演奏。声楽陣も見事です。

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
8
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
これは第九の名演としてもっと高く評価され...

投稿日:2013/03/24 (日)

これは第九の名演としてもっと高く評価されてもいいのではないでしょうか? 低音が効いた熱く激しい演奏で、 ここまですごい録音があったのか、と驚かされました。 「第九=フルトヴェングラー」ではない、とよくわかる録音です。 個人的にはもっと多くの人に聴いてもらいたい演奏です。 お勧めです。

なにわん さん | 大阪府 | 不明

3
★
★
★
★
★
何度聴いても聴き飽きない演奏です。 第四...

投稿日:2010/06/20 (日)

何度聴いても聴き飽きない演奏です。 第四楽章の結尾部のコーダの手間でテンポをぐんと上げて最後の合唱になり、再びテンポを落としてコーダに入って終わるスタイルは、知る限りではクーベリックとクレンペラーだけのものです。 ちなみにこのライヴはクレンペラーの97回目の誕生日に行われたものです。 クレンペラーといろいろ接点があったクーベリックはどのような感慨を込めて指揮していたのかにも興味があります。 21世紀に伝えてゆきたい名盤の一つです。

指揮者ヲタク さん | 東京都 | 不明

3
★
★
★
★
★
第9を聞いて本当に魂を揺さぶられました。...

投稿日:2008/12/14 (日)

第9を聞いて本当に魂を揺さぶられました。いやはやこんな演奏があろうとは・・・。 クーべリックの人間力に圧倒されました。

カズ さん | 埼玉 | 不明

4

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連する商品情報

  • 【LP】バーンスタイン&ウィーン・フィル、伝説のLP9枚組! 1977年から1979年にウィーン・フィルと録音したレナード・バーンスタインの伝説のベートーヴェン交響曲ツィクルスを収録した伝説のLPが最新リマスタリングで復刻。 HMV&BOOKS online|7日前
  • 【LP】 ワルター「田園」高音質45回転 ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」:ブルーノ・ワルター指揮&コロンビア交響楽団 (1958) のAnalogue Prod.盤、2枚組、45回転仕様がデッドストック的に「10枚弱」入荷しました!クラシックの高音質LPファンの方はぜひ! HMV&BOOKS online|2017年12月24日(日)
  • 【LP】 クレンペラー、ケルン響のベートーヴェン4、5番 オットー・クレンペラー指揮、ケルン放送交響楽団によるベートーヴェンの4番と5番、そしてレオノーレ3番収録の2枚組アナログがALTUSから登場!1966年3月の作品です! HMV&BOOKS online|2017年12月21日(木)
  • アファナシエフ/悲愴、月光、熱情(輸入盤CD) 自分が最高の演奏ができるという確信を持てるまで、新しい作品をレパートリーに加えないアファナシエフが、68歳にして初めて録音した3大ソナタ。輸入盤は通常CDでのリリースになります。 HMV&BOOKS online|2017年10月27日(金)
  • いまに生きるベートーヴェン クラシック音楽界全体が来る2020年の楽聖<求[トヴィヒ・ファン・ベートーヴェンの生誕250年に注目している。ベートーヴェンの音楽を味わい尽くし、このメモリアル・イヤーを十二分に楽しむため本作品を通じて、この記念年にしっかり備えたい。 HMV&BOOKS online|2017年10月6日(金)
  • 【在庫特価】ペーター・マーク&都響の芸術劇場「第九」ライヴ! 1990年東京芸術劇場でのライヴ録音。フル編成のオケを前にしたマークは相変わらず踊り弾むような軽快なテンポをとり、見通し抜群。物々しさは欠片もなくサクサクスイスイ進みます。 HMV&BOOKS online|2017年9月22日(金)

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品