CD 輸入盤

交響曲第9番《合唱付》 クレンペラー(1957ステレオ・ライヴ) 

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SBT1177
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD

商品説明

ベートーヴェン:交響曲第9番
クレンペラー指揮フィルハーモニア管弦楽団&合唱団、ほか

1957年11月15日ロイヤル・フェスティヴァル・ホールでのライヴ。有名なスタジオ録音盤とほぼ同じ時期に行われたコンサートを収録したもので、録音スタッフは同じEMIながら違う人間が担当し、結果的に1957年当時としては異例中の異例ともいえる高いサウンド・クオリティに仕上がっているのが何よりの朗報。
 要するに実演のクレンペラーならではのホットな名演を、スタジオ盤以上のクリアーな音質で楽しめると言うもので、これはクレンペラー・ファンなら絶対見逃せないところです。巨大なスケール感と迫真の音楽づくりが見事に結びついた凄い第9ですが、この迫力には、フィルハーモニア合唱団のお披露目演奏会であったという事実も絡んでいるとみて間違いないでしょう。

収録曲   

聴衆の拍手

  • 01. 拍手

ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調作品125『合唱付』

  • 02. 第1楽章
  • 03. 第2楽章
  • 04. 第3楽章
  • 05. 第4楽章

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
14
★
★
★
★
☆
 
4
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ステレオ期の録音では頂点に位置する演奏で...

投稿日:2014/10/22 (水)

ステレオ期の録音では頂点に位置する演奏ではないだろうか。 もちろん第1〜3楽章まで非常にすばらしい「厳しい」演奏が聴ける。しかし、やはり第4楽章が断然いい。少し、ホッターのねちっこい歌い方が気になるが(これはクレンペラーの演奏にほとんど共通しているものなので、おそらく彼の指示であろう)、それも同時期のスタジオ録音ほどではない。ただ、最も聴き物なのは合唱。 特に最後のプレスティッシモの部分は否が応でも興奮させられる。フルトヴェングラーでもここまで圧倒的な音楽が迫ってくるのは中々無い。 しかも、録音は年代を考えると驚異的な鮮明さ。 私の中では、フルトヴェングラーの51年バイロイトライブ、テンシュテットの91年ロンドンライブと並ぶ決定的演奏だ。

ムラファン さん | 大阪府 | 不明

5
★
★
★
★
★
’57年11月R・F・Hallでのライヴ収録。録音...

投稿日:2013/04/25 (木)

’57年11月R・F・Hallでのライヴ収録。録音担当R・Gooch&C・Parker、リマスター担当P・Baily。このCDも入手してかなり経った。小生の愛聴するベト#9交の中でも五指に入る何とも魅力的な演奏である。強固な建造物を思わせる揺るぎ無い構築性は如何にもクレンペラーらしいが、その隙間から透けて見えるテクスチュアに曖昧さは無く明晰な響きは快感ですらある。録音は一聴してオンマイクと見紛う程に鮮鋭ではあるが、各パートや声楽陣との距離感は思いの外確保されており、観客ノイズの性格からして当ホールの特性がそのまま露呈したものと思える。このホール小生は現地に赴いたことは無いのだが、他の多くの録音から勘案しても芳しい印象を持った例は殆んど無い、いわゆる【響かない】ホールなのだろう。しかし曖昧模糊とした残響が無いだけに音はストレートに突き刺さって来る。だが決して耳障りな音響というわけでもなく、よくぞ破綻無くまとめ【災いを転じて福と為した】手腕を高く評価したい。演奏は確かに繊細で緻密とは言えないまでも、ただの勢いとか力ずくで押し通すとかの性質の物ではなく、剛毅さ・格調の高さ等々の点で非常にバランスが取れており、聴後の充足感も含め凡百の演奏とは次元の違う緊張感漂う演奏会であったに相違ない。小生の再生環境では会場の前席にて傾聴している錯覚を催す程に繊細で細やかな音も埋没すること無く良く聴こえ、ティンパニの強靭なアタックも奥の方から混濁感無く押し寄せてく来る。一般CDでもこれ程の品質で味わえる事例も有るのだ、【足るを知る】という言葉を深く噛締めざるを得ない。

盤鬼hmv13 さん | 福岡県 | 不明

3
★
★
★
★
☆
クレンペラーらしい「厳しい」演奏である。...

投稿日:2011/02/01 (火)

クレンペラーらしい「厳しい」演奏である。ライヴなので「熱さ」もある。ライナーノーツも合唱団の結成に字数を割いているが、録音も合唱にスポットライトが当たっている感じである。声楽部門は文句ないが、これほどロマン性からかけ離れた第9は、トスカニーニに匹敵する。第三楽章など、タイム表記は14分44秒となっているが、実際は14分切っている。フレーズにしなを作ったり、溜を作ったりするようなところは一切なく、とにかくスイスイと進む。しかし、全体に意思の力が充溢しており、まさしくクレンペラーである。フルトヴェングラーが世をさり、19世紀的ドイツ音楽演奏の芸風はクレンペラーの双肩に委ねられたかのごとき時代だったと思うが、イギリスのオケを率いてのこの録音は、フルトヴェングラーの一連の第9と較べても、かなり様相が異なる。何というか、造形の厳しさが際立った演奏で、ベートーヴェンの交響曲の演奏に、ある種の芳しいロマン性を求める向きには合わないかもしれない。会場ノイズはかなり聴こえてくる。録音はオンであるが、時代を考えれば相当に良い。

七海耀 さん | 埼玉県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連する商品情報

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品