LPレコード

交響曲第4番、5番「運命」、「レオノーレ」序曲第3番:オットー・クレンペラー指揮&ケルン放送交響楽団 (ステレオ/2枚組アナログレコード)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
WEITLP007
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
LPレコード
その他
:
限定盤

商品説明

完全初出!巨大な造形がそそり立つ驚異の立体感。クレンペラーの偉大なるベートーヴェン演奏、ステレオ録音で登場!
注目必至、新発見の初出録音がめでたく初LP化!クレンペラーが66年にケルン放送響に客演した際の貴重なライヴ録音です。ステレオ録音であることが特に喜ばしい!クレンペラーならではの「冷え冷えとした熱さ」、そそり立つ巨大な立体音響をアナログで堪能!プログラムもベートーヴェンのレオノーレ3番に交響曲4番&5番と最高です。

両翼配置のヴァイオリンと、大胆にして絶妙なる木管と弦のバランス操作が他に類を見ない立体感を作り上げています。特にここぞと言う箇所ではっきりと浮かび上がる木管の強調には驚かされます。セッション録音顔負けの明晰さ。それでいて重厚さと緊張感は持続され、ライヴの熱気も押し寄せてくるのだから、クレンペラーの凄まじさが身に染みて分かろうというもの。『運命』のフィナーレに震え上がるべし!

日本語解説にはクレンペラーの偉大な人生をたどる超詳細な年譜を収録。

【収録内容】
ベートーヴェン:
『レオノーレ』序曲 第3 番ハ長調 Op.72b [LP1-A]
交響曲第4 番変ロ長調 Op.60 [LP1-A:第1 楽章、LP1-B:第2〜4 楽章]
交響曲第5 番ハ短調『運命』 Op.67 [LP2-A:第1・2 楽章、LP2-B:第3・4 楽章]
オットー・クレンペラー(指揮)
ケルン放送交響楽団
録音:1966年3月17日/ケルン放送協会クラウス・フォン・ビスマルク・ホールにおける
ライヴ(ステレオ)

・国内プレス
・完全限定生産盤
・ステレオ
・日本語帯・解説付

(メーカー・インフォメーションより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連する商品情報

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品