CD 輸入盤

交響曲第5、6番 カラヤン&ベルリン・フィル (1982)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4390042
組み枚数
:
1
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ベートーヴェン
交響曲 第5番 ハ短調 作品67 《運命》
交響曲 第6番 ヘ長調 作品68 《田園》

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン

録音:1982年11月ベルリン
デジタル録音OIBP
論理的な構造による交響曲史上屈指の名作第5番と、自然に対するのびやかな感情に彩られた牧歌的な第6番。ほぼ同時期に作曲されながら全く対照的な性格のベートーヴェンの交響曲の名作2曲を収録したアルバムです。カラヤンは手兵ベルリン・フィルハーモニーを指揮してドイツ・グラモフォンに交響曲全集を3回録音しましたが、この演奏は最後となった1982年の録音で、精緻にしてダイナミックなカラヤンのベートーヴェン解釈の究極を示しています。

収録曲   

  • 01. Allegro Con Brio
  • 02. Allegro Con Brio
  • 03. Andante Con Moto
  • 04. Andante Con Moto
  • 05. Allegro
  • 06. Allegro
  • 07. Allegro
  • 08. Allegro
  • 09. Allegro Ma Non Troppo
  • 10. Allegro Ma Non Troppo
  • 11. Andante Molto Moto
  • 12. Andante Molto Moto
  • 13. Allegro
  • 14. Allegro
  • 15. Allegro
  • 16. Allegro
  • 17. Allegretto
  • 18. Allegretto

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
★
当時 カラヤンのベートーヴェン 特に田園...

投稿日:2014/11/09 (日)

当時 カラヤンのベートーヴェン 特に田園のように1楽章はともかくとして 3楽章反復省略しているものは疎遠だった。 朝比奈が正しいと信じ 音質にこだわる姿にも反感があったのだが こうして30年の時を経て改めて聴いてみると、 田園の音の臨場感に、斬新な気分にさせてもらった。 とくに終楽章の雄大さは圧巻である。 5番も迫力あるが、それ以上に6番の弦のうねりに酔いしれた。 なぜ カラヤンがセッション録音にこだわったのか わかる気がする。 あらためて凄い指揮者だったと実感

アッキ さん | 茨城県 | 不明

1
★
★
★
★
☆
今さらこの盤のレビューかと言うことですが...

投稿日:2012/12/24 (月)

今さらこの盤のレビューかと言うことですが、最近感じることを書きます。 カラヤンの高速ベートーヴェンについては様々な事を言う方がいらっしゃいます。私の記憶では、生前カラヤンは「レコードにする以上、作曲家の意図を正確に反映しなければならない」のような事を言っていました。だから何回もとりなおし編集したのだと思います。カラヤン・ベルリンフィルはライブでは意外とミスも多く、カラヤンの空振りも多く見られました。カラヤンはもっと速く演奏したかったのではと思います。最近の研究によるベトの交響曲の演奏を聴くと、カラヤン以上に高速でサラリと演奏する指揮者がいます。これが本来のベートーヴェンかと。それを考えると、当時カラヤンが思っていたことも正しかったのかなと思います。私は70年代の録音が一番完成度も高く、カラヤンの意図が現れていると思います。一番愛聴しています。しかし、あえて、80年代に録音しているのは、やはり何意図があったとは思います。その違いをどう聴くかですね。

TKOクラシック さん | 神奈川県 | 不明

2
★
★
★
★
☆
カラヤンがBPOを振っての「運命」交響曲のD...

投稿日:2010/03/03 (水)

カラヤンがBPOを振っての「運命」交響曲のDGへの代表的録音は1962年(演奏タイム@7’14A10’01B4’55C8’57)、1976年(同@7’08A9’27B4’36C8’38)、1982年(同@7’18A9’14B4’48C8’41)であります。LP時代「運命」は「未完成」とゴールデンカップルでリリースされカラヤンの輝かしきDGでのポジションを祝う如く金色の帯がついていました。1960年代DGにBPOを振ってのベートーベン交響曲集はカラヤンのこれからの展望を示す名演で私もLPで集めました。特に奇数番の演奏はカラヤンに以前から合っているように思え第5番の颯爽としてシャープな中にも確固とした重量感を感じさせました。1982年収録の「運命」交響曲もアプローチは不変でありますがやや分厚く聴こえる処が今日トレンディの演奏との比較で時代を感じさせるものと聴く人によっては思われます。本盤に入っている一方の「田園」交響曲はカラヤンの演出しどころが多分にある曲で同じくDGへの代表的録音は1962年(演奏タイム@8’58A11’31B3’02C3’25D8’53)、1976年(同@9’02A11’21B5’39C3’29D8’35)、1982年(同@9’04A10’19B3’08C3’23D8’25)などがあります。こちらの方は1976年盤の第3楽章をタイムからの推察ではカラヤンとしては珍しく反復している点が要留意です。さて、本盤1982年録音のものも1962年録音のもの同様・・・第1楽章からすぅーと速めにスタート、テンポの速い処が錯綜します。第2楽章はBPOのしなやかな強靭さはあるものの私には少し速く忙しく感じました、第3,4楽章は過ぎ最終楽章はやさしく感謝の表情を出すものの決して感情的に陥らずスッキリ仕上げております、もう少し落ち着きも欲しいとは思いますが・・・。私はDG盤なら1960年代分がデビュー印象が強く好きですが、カラヤンの演奏はタイム的には軸足が割りとしっかりして年代を追ってもテンポが大きく変わる事が少なく演奏そのものは徐々に分厚く、華麗・修飾的になっていっている様で時代推移につれ向上して行く録音状態も勘案してカラヤンファンなら聴き比べも楽しみですね。カラヤンはこうしてDGだけでも20年間で三回もこれらの曲を録っているのですが正直聴いている側として「ある慣れ」に陥ってしまう場合はあります、ああ恒例のカラヤンのベートーヴェン交響曲だと・・・。ひょつとしたらこの繰り返しということが意外と大切なことかも・・・演奏側も聴く側も。今日は三月三日ひな祭り、娘の幸せをと今年も先月雨水の日に飾りました・・・この繰り返しを連想してしまった老父の私であります。(タイムについては盤により多少異なる場合があります)

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連する商品情報

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品