SACD

交響曲全集 パーヴォ・ヤルヴィ&ドイツ・カンマーフィル(5SACD)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SICC10103
組み枚数
:
5
:
日本
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド

商品説明

ベートーヴェン:交響曲全集
パーヴォ・ヤルヴィ&ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン


パーヴォ・ヤルヴィがドイツ・カンマーフィルの芸術監督に就任して最初の演奏会が行われたのが2004年6月。その直後にパーヴォとドイツ・カンマーフィルはベートーヴェンの交響曲第7番を録音して、交響曲全集の第1弾としています。以来、ベートーヴェンの作品は、彼らの中核をなすレパートリーとなり、世界各地でのチクルス演奏と並行して2008年にかけて録音された交響曲全曲、仲道郁代とのピアノ協奏曲全曲は、いずれも高い評価を得てきました。
当ボックスセットは、2004年〜2008年に録音された交響曲全曲をボックスセット化したもの。対抗配置でヴィブラートを抑制し豊かなアーティキュレーションの弦、名手ぞろいの管、ヴァルヴなしのナチュラル・トランペット、そして堅いバチで叩くピリオド仕様のティンパニなどから生み出される強靭かつフレキシビリティに富む響きによって、9曲の交響曲の個性的な風貌が浮き彫りにされています。(RCA)

【収録情報】
ベートーヴェン
DISC 1
・交響曲第3番変ホ長調Op.55『英雄』
・交響曲第8番ヘ長調Op.93

DISC 2
・交響曲第4番変ロ長調Op.60
・交響曲第7番イ長調Op.92

DISC 3
・交響曲第5番ハ短調Op.67
・交響曲第1番ハ長調Op.21

DISC 4
・交響曲第2番ニ長調Op.36
・交響曲第6番ヘ長調Op.68『田園』

DISC 5
・交響曲第9番ニ短調Op.125『合唱』

 クリスティーナ・エルツェ(ソプラノ)
 ペトラ・ラング(アルト)
 クラウス・フローリアン・フォークト(テノール)
 マティアス・ゲルネ(バリトン)
 ドイッチェ・カンマーコーア
 ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン
 パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)
 使用楽譜:ベーレンライター原典版

 録音時期:2004年8月26日〜28日(第8番)、2005年8月24日〜29日(第3番)、2005年8月24日〜26日(第4番)、2004年6月18日〜19日および2006年9月3日〜4日(第7番)、2006年8月27日〜29日(第5番)、8月31日〜9月1日(第1番)、2007年12月15日〜17日(第6番)、2007年12月18日〜20日(第2番)、2008年8月22日〜26日&12月20日〜22日(第9番)
 録音場所:ベルリン、フンクハウス・ベルリン・ナレーパシュトラッセ(旧称ベルリン、フンクハウス・ケーペニック、スコアリング・ステージ)
 DSD Recording SA-CD Multi: 5.0 channel | SA-CD Stereo | CD Audio: DDD STEREO

内容詳細

2004〜2008年にかけて録音され、ヤルヴィ/ドイツ・カンマー・フィルの評価を決定づけた名演のセット・ボックス。もちろんCD/SA-CD2ch/SA-CD5chのハイブリッド仕様だ。テンポは速い。ビブラートを抑えたアグレッシブでシャープな切れ味、颯爽とした推進力のある音楽は、何度聴いても鮮度の高さに圧倒される。(長)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
★
良い。爽快、総じて快演。

投稿日:2016/12/02 (金)

良い。爽快、総じて快演。

yamavv さん | 神奈川県 | 不明

0
★
☆
☆
☆
☆
最初に感じたのは、音が悪い。2000年代録音...

投稿日:2016/11/22 (火)

最初に感じたのは、音が悪い。2000年代録音とは思えない。 パソコンでMP3でCD-Rに焼いたような、、、特に中低域の情報が欠落している感じ、軽い音です。長く聴いていると耳がいたくなる、期待して買ったのに残念。

MusicMM さん | 所在地 | 不明

3
★
★
★
★
★
モダン楽器の小規模のオケのもので、ベーレ...

投稿日:2016/10/23 (日)

モダン楽器の小規模のオケのもので、ベーレンライター新版のもの演奏であれば、私の好みで、ベスト盤になります。N響のヤルヴィさんも面白いですが、ヤルヴィさんの代表盤と言えそうです。ベーレンライターなので、テンポが早くて、かつての指揮者のものと比べ、どこか落ち着きがない感じですが、テンポのコントロールやうたわせどころなど、ヤルヴィさんの指揮は、はんぱではありません。楽しめます。私は4番がつぼにはまりましたが、他の番も楽しめました。現役指揮者で久々に感動した盤でした。昔、カラヤンは速すぎてだめだと言う方がいましたが、もはや、それも昔のこと、往年の指揮者のベトももう別物ですね。

TKOクラシック さん | 神奈川県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連する商品情報

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品