DVD 輸入盤

交響曲全集 カラヤン&ベルリン・フィル(3DVD)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
0734107
組み枚数
:
3
レーベル
:
Dg
:
Europe
画面サイズ
:
通常
:
カラー
フォーマット
:
DVD
その他
:
輸入盤

商品説明

1968年の第9が復活!
カラヤン/映像版ベートーヴェン全集[第1回]

ファンの間で“幻”とまでいわれていた1968年の第9番がついに復活。ヤノヴィッツ、ルートヴィヒ、ベリ−というカラヤンお気に入りの名歌手に、クナッパーツブッシュとの『パルジファル』やケンペとの『ローエングリン』で知られる名ヘルデン・テノール、ジェス・トーマスが加わった、きわめて豪華なソリストも魅力です。
 カラヤンによる1度目のベートーヴェン:交響曲全集は、1967年から1972年にかけて製作されたものですが、VHSやLD、国内DVD発売時には、第9番が1977年ジルヴェスター・コンサートでのライヴ収録盤になぜか差し替えられてしまい、この1968年の第9は大昔に8ミリ・フィルム、16ミリ・フィルム、VHSテープ、VHD等で出回って以来、世に出ることもなく“幻”とされ、ファンの間では以前からDVD化を待望されていたもので、今回ついに復活したことは、なによりの朗報と言えるでしょう。
 内容は、映像収録用スタジオで多彩な演出を交えたもの(第1,2,3,6,7,8番)、コンサート・ホールに聴衆を入れた“ライヴ形式”で収録されたもの(第4,5番)などに分かれており、製作サイドの「クラシック音楽の映像作品とはどうあるべきか」という、黎明期の映像作品ならではの試行錯誤と創意がうかがえるのも興味深いところです。
 もっとも気になる第9番ですが、これまでディスコグラフィ等で「1970年」と紹介されていた収録年が1968年1月&2月と判明。会場はフィルハーモニーですが、凝ったカメラ・アングルやコラージュなど様々な映像演出が施されており、同じくカラヤン自身の演出とクレジットされている第4番と第5番が通常のコンサート中継スタイルに接近していることを考えると、非常に興味深いところ。もっとも驚かされるのは、第2楽章の反復以降がモノクロに転じる部分ですが、DGによればこれは意図的な演出とのこと。他にも、第3楽章では照明を変えて陰影を強調したり、第4楽章では部分的にコーラスを舞台後方の客席に配置して広大な空間性を演出したりと、「音楽をいかに視覚化するか」という命題に対するカラヤンの苦心とアイデアが随所にうかがえます。
 演奏は、この時期のカラヤン&BPOならではの圧倒的な勢力がとにかくすさまじく、その奔流と言いたくなる強烈な流動感に息を飲まされます。豪華なソリストも聴きもので、特に清純をきわめたヤノヴィッツの美声と、パワフルなベリーの歌唱が印象的です。

【収録情報】
ベートーヴェン:交響曲全集(3DVD)
芸術総監督:ヘルベルト・フォン・カラヤン

DISC-1:
・交響曲第1番ハ長調 op.21
 演出:アルネ・アルンボム
 映像監督:ロベルト&フランツ・ホッファー
 録音:ヴォルフガング・ギューリヒ、ロルフ=ペーター・シュレーダー
 収録:1971年12月 ベルリン、CCCフィルム・スタジオ

・交響曲第2番ニ長調 op.36
 演出:ハンス・ヨアヒム・ショルツ
 映像監督:エルンスト・ヴィルト
 録音:ヴォルフガング・ギューリヒ、ロルフ=ペーター・シュレーダー
 収録:1971年11月 ベルリン、CCCフィルム・スタジオ

・交響曲第3番変ホ長調 op.55『英雄』
 映像監督:ロベルト&フランツ・ホッファー
 録音:ヴォルフガング・ギューリヒ、ロルフ=ペーター・シュレーダー
 収録:1971年10月 ベルリン、CCCフィルム・スタジオ

DISC-2:
・交響曲第4番変ロ長調 op.60
 演出:ヘルベルト・フォン・カラヤン
 映像監督:エルンスト・ヴィルト
 録音:ヴォルフガング・ギューリヒ、ロルフ=ペーター・シュレーダー
 収録:1971年12月 ベルリン、フィルハーモニー

・交響曲第5番ハ短調 op.67『運命』
 演出:ヘルベルト・フォン・カラヤン
 映像監督:エルンスト・ヴィルト
 録音:ヴォルフガング・ギューリヒ、ロルフ=ペーター・シュレーダー
 収録:1972年2月 ベルリン、フィルハーモニー

・交響曲第6番ヘ長調 op.68『田園』
 演出:フーゴ・ニーベリング
 映像監督:エルンスト・ヴィルト
 収録:1967年10月 ベルリン、CCCフィルム・スタジオ&イエス・キリスト教会

DISC-3:
・交響曲第7番イ長調 op.92
 映像監督:ロベルト&フランツ・ホッファー
 録音:ヴォルフガング・ギューリヒ、ロルフ=ペーター・シュレーダー
 収録:1971年10月 ベルリン、CCCフィルム・スタジオ

・交響曲第8番ヘ長調 op.93
 演出:ハンス・ヨアヒム・ショルツ
 映像監督:エルンスト・ヴィルト
 録音:ヴォルフガング・ギューリヒ、ロルフ=ペーター・シュレーダー
 収録:1971年11月 ベルリン、CCCフィルム・スタジオ

・交響曲第9番ニ短調 op.125『合唱』
 演出:ヘルベルト・フォン・カラヤン
 映像監督:エルンスト・ヴィルト
 録音監督:ホラント・H.ホールフェルト
 収録:1968年1,2月 ベルリン、フィルハーモニー

 グンドゥラ・ヤノヴィッツ(S)
 クリスタ・ルートヴィヒ(M)
 ジェス・トーマス(T)
 ヴァルター・ベリー(B)
 ベルリン・ドイツ・オペラ合唱団

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)

収録時間:327分
画面:カラー(4:3)
音声:リニアPCMステレオ、DTS 5.1チャンネル
字幕:German/English/French/Spanish/Chinese

収録曲   

ディスク   1

  • 01. V/a - Dummy Werk Fuer Provisorisches Tracklisting
  • 02. Sinfonie Nr. 1 C-dur Op. 21
  • 03. Beethoven, Ludwig Van - 1. Adagio Molto - Allegro
  • 04. Beethoven, Ludwig Van - 2. Andante Cantabile Con M
  • 05. Beethoven, Ludwig Van - 3. Menuetto Allegro Molto
  • 06. Beethoven, Ludwig Van - 4. Finale Adagio - Allegro
  • 07. V/a - Dummy Werk Fuer Provisorisches Tracklisting
  • 08. Sinfonie Nr. 2 D-dur Op. 36
  • 09. Beethoven, Ludwig Van - 1. Adagio Molto - Allegro
  • 10. Beethoven, Ludwig Van - 2. Larghetto
  • 11. Beethoven, Ludwig Van - 3. Scherzo Allegro
  • 12. Beethoven, Ludwig Van - 4. Allegro Molto
  • 13. V/a - Dummy Werk Fuer Provisorisches Tracklisting
  • 14. Sinfonie Nr. 3 Es-dur Op. 55 Eroica
  • 15. Beethoven, Ludwig Van - 1. Allegro Con Brio
  • 16. Beethoven, Ludwig Van - 2. Marcia Funebre Adagio A
  • 17. Beethoven, Ludwig Van - 3. Scherzo Allegro Vivace
  • 18. Beethoven, Ludwig Van - 4. Finale Allegro Molto

ディスク   2

  • 01. V/a - Dummy Werk Fuer Provisorisches Tracklisting
  • 02. Sinfonie Nr. 4 B-dur Op. 60
  • 03. Beethoven, Ludwig Van - 1. Adagio - Allegro Vivace
  • 04. Beethoven, Ludwig Van - 2. Adagio
  • 05. Beethoven, Ludwig Van - 3. Allegro Vivace
  • 06. Beethoven, Ludwig Van - 4. Allegro Ma Non Troppo
  • 07. V/a - Dummy Werk Fuer Provisorisches Tracklisting
  • 08. Sinfonie Nr. 5 C-moll Op. 67
  • 09. Beethoven, Ludwig Van - 1. Allegro Con Brio
  • 10. Beethoven, Ludwig Van - 2. Andante Con Moto
  • 11. Beethoven, Ludwig Van - 3. Allegro
  • 12. Beethoven, Ludwig Van - 4. Allegro
  • 13. V/a - Dummy Werk Fuer Provisorisches Tracklisting
  • 14. Sinfonie Nr. 6 F-dur Op. 68 Pastorale
  • 15. Beethoven, Ludwig Van - 1. Erwachen Heiterer Empfi
  • 16. Beethoven, Ludwig Van - 2. Szene Am Bach: Andante
  • 17. Beethoven, Ludwig Van - 3. Lustiges Zusammensein D
  • 18. Beethoven, Ludwig Van - 4. Gewitter, Sturm Allegro
  • 19. Beethoven, Ludwig Van - 5. Hirtengesang. Frohe Und

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
7
★
★
★
★
☆
 
6
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
懐かしい映像です、当日中学3年でしたがNH...

投稿日:2017/01/01 (日)

懐かしい映像です、当日中学3年でしたがNHKで放映していた映像を思い出しました、今見るとやりすぎかなと思えるところもありますが、サウンドは当日のカラヤンです、素晴らしい、還暦前のオヤジから。

もっちゃん さん | 埼玉県 | 不明

0
★
★
★
★
★
カラヤンの映像作品は、カラヤンが趣向を凝...

投稿日:2014/12/31 (水)

カラヤンの映像作品は、カラヤンが趣向を凝らして作り上げた作品より、皮肉なものでライヴ一発取りの方を収録した方が、断然素晴らしいし、実際評価も高いと思います。ここに収められているベートーヴェンも、映像をと同時に視聴するとどうしても違和感が拭えませんが、映像抜きで音だけ聴くと、カラヤンとベルリンフィルの絶頂期に演奏が、文句なしに楽しめます。特に、幻と言われた1968年収録の第九は筆舌につくしたいほど素晴らしい。カラヤンの残された全第九演奏の頂点ではないだろうか。映像作品では、普通に考えると77年の映像が燃焼度も高く、聴いている方は興奮しますが、こちらの演奏も77年ライヴに一歩も引けをとらないと思います。それどころか、77年の演奏よりも集中力が高く、私はこちらの方がより感銘を大きく感じます。ただ映像と見るとどうしても小細工が多く、演奏の真価が半減してしまうような気がする。他の曲も同様に音楽だけなら最高の一級品なので、いっそのことユニバーサルさんは音源だけを、カラヤン絶頂期のベートーヴェン交響曲全集とりマスターして、高品位CDで売り出せば結構売れると思いますが、如何なものでしょうか?

マラ3マニア さん | 愛知県 | 不明

1
★
★
★
★
★
9曲の内6曲が1971年10月〜12月に...

投稿日:2013/05/01 (水)

9曲の内6曲が1971年10月〜12月に録画・録音されている。カラヤンは63歳。カラヤンとベルリン・フィルの30余年に及ぶコンビの丁度真中の年次に当たる。DVDを見聴きして、カラヤンが絶頂に在る事、ベルリン・フィルの充実度が最高の時期である事が誰の眼にも解るであろう。録画・録音場所の選定や録画スタイルに異論を抱く愛好家が多いのは事実だ。筆者自身もその様に考えていた。しかし、カラヤン自身が考えに考えた上での映像であり、チャレンジであった事が痛いほど画面から解る。幸いフイルムに記録されており、年月を経た今日でも忠実な色再現をしている。音に至っては本当に申し分ない。とかくCDであれDVDであれ、最晩年の物を中心に見聴きする事が多い。今回、このDVDに接し、絶頂期の記録がこの様な形で残されている事の重みに改めて感激し、皆様方にお伝えさせて頂く気持を抱いた。

HTS さん | 東京都 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連する商品情報

  • 【在庫特価】アルテミス四重奏団/ベートーヴェン弦楽四重奏曲全集 現代ドイツを代表するカルテット、アルテミス四重奏団によるベートーヴェンの弦楽四重奏曲全集。 ローチケHMV|2017年12月22日(金)
  • 【LP】 ワルター「田園」高音質45回転 ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」:ブルーノ・ワルター指揮&コロンビア交響楽団 (1958) のAnalogue Prod.盤、2枚組、45回転仕様がデッドストック的に「10枚弱」入荷しました!クラシックの高音質LPファンの方はぜひ! ローチケHMV|2017年12月24日(日)
  • 【LP】 クレンペラー、ケルン響のベートーヴェン4、5番 オットー・クレンペラー指揮、ケルン放送交響楽団によるベートーヴェンの4番と5番、そしてレオノーレ3番収録の2枚組アナログがALTUSから登場!1966年3月の作品です! ローチケHMV|2017年12月21日(木)
  • アファナシエフ/悲愴、月光、熱情(輸入盤CD) 自分が最高の演奏ができるという確信を持てるまで、新しい作品をレパートリーに加えないアファナシエフが、68歳にして初めて録音した3大ソナタ。輸入盤は通常CDでのリリースになります。 ローチケHMV|2017年10月27日(金)
  • いまに生きるベートーヴェン クラシック音楽界全体が来る2020年の楽聖<求[トヴィヒ・ファン・ベートーヴェンの生誕250年に注目している。ベートーヴェンの音楽を味わい尽くし、このメモリアル・イヤーを十二分に楽しむため本作品を通じて、この記念年にしっかり備えたい。 ローチケHMV|2017年10月6日(金)
  • 【在庫特価】ペーター・マーク&都響の芸術劇場「第九」ライヴ! 1990年東京芸術劇場でのライヴ録音。フル編成のオケを前にしたマークは相変わらず踊り弾むような軽快なテンポをとり、見通し抜群。物々しさは欠片もなくサクサクスイスイ進みます。 ローチケHMV|2017年9月22日(金)

交響曲 に関連する商品情報

  • 『ジャンスク・カヒーゼの遺産シリーズ』新譜 好評の『ジャンスク・カヒーゼの遺産シリーズ』に、ブラームス:交響曲第1番&グリーグ:作品集と管弦楽名曲集(『ボレロ』『禿山の一夜』『フィンランディア』『モスクワ川の夜明け』『ハンガリー狂詩曲第2番』、他)が登場。 ローチケHMV|22時間前
  • シュトリンツル&ムジカ・フロレア/ドヴォルザーク:『新世界より』 好評を得ているチェコのピリオド楽器オーケストラ「ムジカ・フロレア」のドヴォルザーク交響曲シリーズ。ついに交響曲第9番『新世界より』の登場です。 ローチケHMV|1日前
  • P・ジョルダン&ウィーン響/ベートーヴェン:第1、3、4、5番 2017年11月から12月にかけてウィーン交響楽団と来日し、スタイリッシュな演奏を披露したフィリップ・ジョルダン。この2枚組のアルバムは「日本ツアー用」に特別制作されたもので、半年後に発売される予定の「交響曲第4番&第5番」も収録されています。完全数量限定盤。 ローチケHMV|2日前
  • 【入荷】ネーメ・ヤルヴィ/マーラー:交響曲集(6CD) ヤルヴィ節全開の爆演として親しまれながらも、廃盤の状態が続き入手が極めて困難となっていたロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団とのマーラーの交響曲集が、日本向け完全限定生産のボックスセット仕様で復活! ローチケHMV|3日前
  • マンゼ/ヴォーン・ウィリアムズ:交響曲第5&6番 アンドルー・マンゼとイギリスの名門オーケストラ、ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団によるヴォーン・ウィリアムズの交響曲全集第3集は、第5番と第6番。 ローチケHMV|6日前
  • ヒメノ&ルクセンブルク・フィル/マーラー:交響曲第4番、他 SACDハイブリッド盤。注目の若手指揮者グスターボ・ヒメノ率いるルクセンブルク・フィルとのPENTATONEレーベル第4弾はマーラーです。ミア・パーションとの交響曲第4番と、コリン・マシューズ編曲による管弦楽版のピアノ四重奏曲断章です。 ローチケHMV|6日前

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト

  • 作成者:ぱぱちゃんさん