CD 輸入盤

ヴァイオリン協奏曲 ムター(vn)、カラヤン&ベルリン・フィル

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4138182
組み枚数
:
1
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

収録曲   

  • 01. Allegro Ma Non Troppo
  • 02. Allegro Ma Non Troppo
  • 03. Larghetto
  • 04. Larghetto
  • 05. Rondo, Allegro
  • 06. Rondo, Allegro

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
 若き日のムターの演奏を楽しむことができ...

投稿日:2015/02/26 (木)

 若き日のムターの演奏を楽しむことができます。1979年の演奏で古いが、カラヤン、ベルリンフィルとの共演であることが魅力である。同アルバム内に他の演奏を含まない点、この演奏への自身が感じられる。ぜひとも聞きたい演奏のひとつだと思います。

HQ さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
ジャケットのカラヤンとのツーショットを見...

投稿日:2014/03/22 (土)

ジャケットのカラヤンとのツーショットを見ると、当たり前だけれど、ムターも若いなぁ、まさにふくよかな女子高生っていう感じ。天才少女として、カラヤンのバックアップのもと華やかにデビューした彼女だけれど、その後の活躍を見ると、決して期待を裏切っていないことが判る。ベートーベンのヴァイオリン協奏曲は屈指の名曲だけにすぐれたディスクが多数存在するので、その中に割って入るのは難しいとは思うが悪い演奏ではない。カラヤン、ベルリンフィルと録音していること自体、このディスクの存在価値を高めていると思う。(それは、カラヤンと録音したすべての協奏曲に言える)

johnbach さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
本盤におさめられたベートーヴェンのヴァイ...

投稿日:2011/07/03 (日)

本盤におさめられたベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲は、カラヤンの秘蔵っ子であったムターとともにスタジオ録音を行った演奏だ。当時、いまだハイティーンであったムターに対して、カラヤンは同曲を弾きこなせるようになったら録音しようと宿題を出したとのことである。しかしながら、懸命の練習の結果、同曲を弾きこなせるようになったムターであったが、その演奏をカラヤンに認めてもらえずに、もう一度宿題を課せられたとのことである。それだけに、本演奏には、ムターが若いながらも一生懸命に練習を積み重ね、カラヤンとしても漸くその演奏を認めるまでに至った成果が刻み込まれていると言えるだろう。カラヤンは、協奏曲録音においては、とかくフェラスやワイセンベルクなどとの演奏のように、ソリストがカラヤン&ベルリン・フィルによる演奏の一部に溶け込んでしまう傾向も散見されるところだ。しかしながら、ムターとの演奏では、もちろん基本的にはカラヤンのペースに則った演奏ではあるが、ムターの才能と将来性を最大限に引き立てようとの配慮さえ見られると言える。カラヤンの伝記を著したリチャード・オズボーン氏が、モーツァルトの協奏曲の演奏の項で、「高速のスポーツカーに乗った可愛い娘を追いかけて、曲がりくねった慣れない田舎道を飛ばす。」と記しているが、本盤のベートーヴェンの協奏曲の演奏も、正にそのような趣きを感じさせる名演であると言える。本盤の演奏におけるムターのヴァイオリンは、いつものムターのように骨太の音楽づくりではなく、むしろ線の細さを感じさせるきらいもないわけではないが、それでも、トゥッティにおける力強さや強靭な気迫、そしてとりわけ緩徐楽章における伸びやかでスケールの大きい歌い回しなど、随所にムターの美質を感じることが可能だ。ムターの個性が全開の演奏ということであれば、マズア&ニューヨーク・フィルとの演奏(2002年)の方を採るべきであるが、オーケストラ演奏の重厚さや巧さなどと言った点を総合的に勘案すれば、本演奏の方を断然上位に掲げたいと考える。カラヤン&ベルリン・フィルは、本演奏の当時は正にこの黄金コンビが最後の輝きを見せた時期でもあったが、それだけに重厚にして華麗ないわゆるカラヤンサウンドを駆使した圧倒的な音のドラマは本演奏においても健在であり、ムターのヴァイオリンをしっかりと下支えしているのが素晴らしい。録音は、リマスタリングが施されたこともあって、比較的良好な音質であると言えるが、カラヤン、そしてムターによる素晴らしい名演でもあり、今後はSHM−CD化、可能であればシングルレイヤーによるSACD&SHM−CD化を図るなど、更なる高音質化を大いに望んでおきたいと考える。

つよしくん さん | 東京都 | 不明

4

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連する商品情報

協奏曲 に関連する商品情報

  • バボラーク/モーツァルト:ホルン協奏曲集、12のホルン二重奏曲、他 好評を博したモーツァルト:ホルン協奏曲室内楽版に続く、ホルン奏者ラデク・バボラークのスプラフォンでのモーツァルト第2弾。今回は、断片のみ現存するホルン協奏曲の補完版や、ラドヴァン・ヴラトコヴィチとの『12のホルン二重奏曲』など充実のプログラムです。 HMV&BOOKS online|1日前
  • コルスティック/ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番、他 OEHMSレーベルのベートーヴェン:ソナタ全集が高く評価され「ドクター・ベートーヴェン」の異名を取るミヒャエル・コルスティックの最新盤はラフマニノフ。ピアノ協奏曲第3番、コレッリの主題による変奏曲、ピアノ・ソナタ第2番を収録。 HMV&BOOKS online|2日前
  • スイス・ピアノ・トリオ/ベートーヴェン:三重協奏曲、他 1998年に結成され、数々のコンクール受賞歴を誇る実力派のスイス・ピアノ・トリオによるベートーヴェンのピアノ三重奏曲の全曲録音シリーズ。第5集にはトリプル・コンチェルトを含む作品を収録しております。 HMV&BOOKS online|2018年8月10日(金)
  • 新マスターによるリパッティのシューマン:ピアノ協奏曲 『ウルトラセブン』最終回で流れたことでも有名なリパッティ、カラヤン&フィルハーモニア管のシューマン:ピアノ協奏曲が、オリジナルアナログマスターテープよりDSD11.2MHz化した新マスターを使用し、UHQCD、SACDシングルレイヤー化。 HMV&BOOKS online|2018年8月7日(火)
  • 庄司紗矢香/ベートーヴェン、シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ全曲録音を完成させた庄司紗矢香が、2020年のベートーヴェン生誕250年を先取りし、遂にベートーヴェンの協奏曲を録音。カデンツァは庄司紗矢香オリジナル。カップリングはこちらも人気曲のシベリウスです。 HMV&BOOKS online|2018年8月3日(金)
  • ポール・ワトキンス/フィンジ:チェロ協奏曲、他 SACDハイブリッド盤。ナッシュ・アンサンブルのチェリストとして活躍し、現在はエマーソン弦楽四重奏団のメンバー、そして指揮者として活動するポール・ワトキンスが、アンドルー・デイヴィスの指揮で、ジェラルド・フィンジの大作『チェロ協奏曲』を録音。 HMV&BOOKS online|2018年8月1日(水)

おすすめの商品