CD 輸入盤

ヴァイオリン・ソナタ第2番、第5番『春』、第10番 イブラギモヴァ、ティベルギアン

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
WHLIVE0041
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ウィグモア・ホール・ライヴ
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ集第2集
イブラギモヴァ&ティベルギアン


1985年ロシア生まれで現在は英国在住のヴァイオリニスト、アリーナ・イブラギモヴァは、古楽奏法とモダン奏法の両方を学び、どちらの分野にも見事な表現力を示すヴァイオリニスト。2005年10月の来日公演ではバッハの無伴奏作品を演奏し、その模様がNHKで放映されて大きな話題を呼びました。
 彼女はこれまでハイペリオン・レーベルにバッハの無伴奏、シマノフスキ、ハルトマン、ロスラヴェッツの作品をレコーディングしており、特にバッハはベストセラーとなり、さらにコンサートの好評もあって、英国での人気も高いものがあります。
 今回、由緒あるウィグモア・ホールでおこなわれたベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ全曲演奏会は、現在の彼女の高度な実力をよく示すものといえます。1738年ピエトロ・グァルネリ製のヴァイオリンを駆使し、高速で軽快な弓使いと必要最小限のヴィブラートにより、柔軟な筋肉質の機動性に満ちた見事なベートーヴェンを聴かせてくれます。
 重要な役割を果たすピアノ・パートは、1975年フランス生まれの名手セドリック・ティベルギアンが受け持ち、イブラギモヴァのヴァイオリンを引き立てながらも意欲あふれる演奏を聴かせています。

【収録情報】
ベートーヴェン:
・ヴァイオリン・ソナタ第5番ヘ長調 op.24『春』
・ヴァイオリン・ソナタ第2番イ長調 op.12-2
・ヴァイオリン・ソナタ第10番ト長調 op.96

 アリーナ・イブラギモヴァ(ヴァイオリン)
 セドリック・ティベルギアン(ピアノ)

 録音時期:2010年2月23日
 録音場所:ロンドン、ウィグモア・ホール
 録音方式:デジタル(ライヴ)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
2番が最もいいね。彼女のキャラクターや音...

投稿日:2012/08/14 (火)

2番が最もいいね。彼女のキャラクターや音楽性に合ってます。

angelico さん | 東京都 | 不明

2
★
★
★
★
★
一聴して、「ヴァイオリンとピアノのための...

投稿日:2012/02/01 (水)

一聴して、「ヴァイオリンとピアノのためのソナタ」だなあと思いました。多くを語ることなく素晴らしい音楽を伝えるイブラギモヴァ、実に雄弁なティベルギアン、そのバランスが絶妙。演奏スタイルこそ違え、グリュミオー&ハスキルの名盤を思い出しました。遅い楽章の弱音の見事なことといったら、匹敵する盤を私は知りません。今は休日の午前のリビングのBGM(失礼)です。

淳メーカー さん | 愛知県 | 不明

3
★
★
★
★
★
・第5番ヘ長調 op.24『春』  ソナタ集1...

投稿日:2011/03/03 (木)

・第5番ヘ長調 op.24『春』  ソナタ集1の時は、初めてアリーナの情熱的な一面を見た気がしたので、こちらも躍動感あふれる情感たっぷりな『春』なのかな〜?と思って聴いたら、いい意味で裏切られた…!第一楽章は生まれたての春という感じで…彼女らしい情熱を裡に秘めた静かな佇まい。驚くほど律儀に、楽譜に忠実な演奏だった。  特に、少し使いこんで筆圧がなじんだ色鉛筆のように…柔らかなスフォルツァンドが秀逸。ティベルギアン氏の色彩感豊かな演奏も、音系の面白いところが際立っており、とてもわかりやすい。第四楽章で、力強くしなやかな『春』に。なんともすがすがしい春! ・第2番イ長調 op.12-2  第一楽章のヴァイオリンとピアノのユニゾンのバランス感覚は鳥肌モノ!第二楽章のピアノ、ティベルギアン氏の演奏は、第三楽章の予兆を感じさせる巧妙な緊張感がある。第三楽章ではアリーナのヴァイオリンが朗々と歌い、それぞれの楽章の持ち味が  じんわりと耳に残るいぶし銀な演奏。 ・第10番ト長調 op.96  彼らの演奏の端々に色んな示唆が盛り込まれているような気がして、全楽章にわたって余韻、余香の漂う表現だった。  アリーナのヴァイオリンを聴くと、作曲者の意図を明確に表現できる確かな技術の他にも、その意図を真摯に汲み取ってさらに違うものを出そうとする思慮、姿勢が透けて見える気がする。

さが さん | 愛知県 | 不明

9

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

関連するチケット

ベートーヴェン(1770-1827)に関連する商品・チケット情報

室内楽曲 に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品