ベートーヴェン(1770-1827)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

SACD

ヴァイオリン・ソナタ全集 ダヴィド・オイストラフ、レフ・オボーリン(3SACD)(シングルレイヤー)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCGD9059
組み枚数
:
3
:
日本
フォーマット
:
SACD
その他
:
限定盤

商品説明

ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ全集(3SACD)
ダヴィド・オイストラフ、レフ・オボーリン


旧ソ連を代表するヴァイオリニスト、ダヴィド・オイストラフが「Philips」に遺した名盤中の名盤をSA-CD〜SHM化。録音後半世紀以上経過した今も、その魅力は劣ることなく永遠に聴き継がれている録音です。全集としての再発売は1998年以来、約29年ぶり。通常CDでは4枚組のところを、SA-CDの大容量を利用して3枚組に収録します。
 旧Philipsのオリジナル・アナログマスターから英Classic Soundにて2017年最新DSDマスター制作。(メーカー資料より)

【収録情報】
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ全集


● ヴァイオリン・ソナタ第1番ニ長調 Op.12-1
● ヴァイオリン・ソナタ第2番イ長調 Op.12-2
● ヴァイオリン・ソナタ第3番変ホ長調 Op.12-3
● ヴァイオリン・ソナタ第4番ハ短調 Op.23
● ヴァイオリン・ソナタ第5番ヘ長調 Op.24『春』
● ヴァイオリン・ソナタ第6番イ長調 Op.30-1
● ヴァイオリン・ソナタ第7番ハ短調 Op.30-2
● ヴァイオリン・ソナタ第8番ト長調 Op.30-3
● ヴァイオリン・ソナタ第9番イ長調 Op.47『クロイツェル』
● ヴァイオリン・ソナタ第10番ト長調 Op.96

 ダヴィド・オイストラフ(ヴァイオリン)
 レフ・オボーリン(ピアノ)

 録音時期:1962年
 録音場所:パリ
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)
 SACD Single Layer

 SACD対応プレイヤーで再生できます。


【初回生産限定/SA-CD〜SHM仕様/紙ジャケット仕様】
音が見える! 躍動する! 世界が初めて耳にした別次元のクオリティ、SA-CD〜SHM仕様。透明性/流動性に優れるSHM素材をボディに使用。更にDSD本来の特性が生きるシングルレイヤー(2ch)方式を採り入れた究極のSuper Audio CDシリーズです。
 SA-CD対応プレーヤー専用ディスクです。通常のCDプレーヤーで再生することはできません。2ch音源のみのディスクです。Multi-ch(サラウンド)は収録しておりません。(メーカー資料より)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
6
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
2
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
私の持っているCDの中では、オイストラフ&...

投稿日:2011/04/22 (金)

私の持っているCDの中では、オイストラフ&オボーリンがもっとも好きな演奏です。ここでのオイストラフは、決して細かなニュアンスとか多彩な音色を縦横させるような演奏ではありませんが、全10曲、作品を巨視的な視点から堅牢に作り上げることで、曲の良さとうまくブレンドした感じ。結果、多くの人がベートーヴェンに求める「大作曲家の偉大な作品」というイメージに合致したように思えます。ピアノのオボーリンは、彼の他のCDを聴く限り、この演奏が一世一代の名演奏だったようです。

尾崎豊ファン さん | 山形県 | 不明

0
★
★
★
★
★
LにヴァイオリンRにピアノと明瞭な録音。1...

投稿日:2010/10/11 (月)

LにヴァイオリンRにピアノと明瞭な録音。1番2楽章冒頭など音像定位の乱れもあるが全体として録音に不満はない。普及クラスのヘッドフォンでは確かにヴァイオリンの音が貧弱に聴こえるが、中級(総額約30万円)以上のステレオ装置ではそれなりに美しく聴こえる。特筆すべきはオボーリンのピアノ。第一回ショパンコンクール優勝者の名に恥じない寸分の隙も見せない驚くべき名演。伴奏ピアニストとの水準の違いを見せつける。全曲通じてオボーリンが主導権を握っている。オイストラフもオボーリンとの息をぴたりと合わせている。他に録音の少ないオボーリンの真価を伝える貴重な録音。もっとも「ヴァイオリンとピアノのためのソナタ」なのだからピアノがヘボでは話にならないわけで。入手して決して損はありません。

充介 さん | 東京都 | 不明

6
★
★
☆
☆
☆
はまぐり五文さんも言っていますが、本当に...

投稿日:2007/02/17 (土)

はまぐり五文さんも言っていますが、本当につまらないですね。本来オイトラフは好きな演奏家ですが、この演奏にはベートーヴェンの一途さも緊張感もない。世評では高い評価を得ていますが、皆さん本当にいいと思っています?しかもこのCDはヴァイオリンとピアノのバランスも悪い。要すればもっといい演奏が他に沢山あるということです。

TAK さん | 柏市 | 不明

8

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

関連するチケット

ベートーヴェン(1770-1827)に関連する商品・チケット情報

室内楽曲 に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品