CD 輸入盤

ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲、交響曲第8番、ブラームス:弦楽六重奏曲第1番 デュメイ、シンフォニア・ヴァルソヴィア、関西フィル、他(2CD)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ONYX4154
組み枚数
:
2
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

オーギュスタン・デュメイのオニックス第5弾!
ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲&交響曲第8番!


フランコ=ベルギー派の正当なる継承者であり、近年は指揮者としても目覚ましい活躍を見せているオーギュスタン・デュメイ。オニックスからのリリース第5弾となるベートーヴェン&ブラームスでは、デュメイがヴァイオリニスト、指揮者、室内楽奏者という3つの姿を披露。
 2011年より音楽監督を務める関西フィルとの『交響曲第8番』、シンフォニア・ヴァルソヴィアを弾き振りしての『ヴァイオリン協奏曲』、そしてアンリ・ドマルケットをはじめとする名手たちとのアンサンブルによる若きブラームスの傑作『弦楽六重奏曲第1番』。巨匠オーギュスタン・デュメイが、弾き振り、指揮、そしてアンサンブルでその至芸を存分に堪能させてくれることでしょう。(東京エムプラス)

【収録情報】
● ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 Op.61


 オーギュスタン・デュメイ(ヴァイオリン、指揮)
 シンフォニア・ヴァルソヴィア

● ベートーヴェン:交響曲第8番ヘ長調 Op.93

 関西フィルハーモニー管弦楽団
 オーギュスタン・デュメイ(指揮)

● ブラームス:弦楽六重奏曲第1番変ロ長調 Op.18

 オーギュスタン・デュメイ(ヴァイオリン)
 スヴェトリン・ルセフ(ヴァイオリン)
 ミゲル・ダ・シルヴァ(ヴィオラ)
 マリー・シレム(ヴィオラ)
 アンリ・ドマルケット(チェロ)
 オーレリアン・パスカル(チェロ)

 録音方式:ステレオ(デジタル)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
待望のデュメイ同曲初録音。今回は指揮も自...

投稿日:2015/08/30 (日)

待望のデュメイ同曲初録音。今回は指揮も自身でやっているところが今までにないパターン。Vn協奏曲はほぼ期待通りの仕上がりで、小編成のヴァルソヴィア管を自在にドライブし強弱やフレージングなど細やかに表情を付けながら、持ち味の伸びやかで輝かしい音色で生き生きと謳い上げている。ロマンス2曲も聴きたかった!ブラームスも過去のブラームスの室内楽宜しくデュメイ主導と思われる緻密にして濃密で自在な見事な表現。 意外なほどよかったのが関西フィルとの交響曲第8番で、指揮・演奏ともレベルはかなり高く遜色ないどころか、程よい緊張感の中にやりたいことが明確に封じ込められ、早めのテンポで実に生き生きと描き出すことに成功している。音楽の愉悦が伝わってくる名演だと思う。

no music no life さん | 奈良県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

関連するチケット

ベートーヴェン(1770-1827)に関連する商品・チケット情報

  • フランスの奏者によるベートーヴェンのチェロ・ソナタ全集 イザイ四重奏団での活躍や樫本大進らとの共演でも知られたフランスのチェロ奏者サルクが、室内楽実績の豊富なル・サージュとの共演でベートーヴェンのチェロ・ソナタを録音しました。 ローチケHMV|2017年3月21日(火)
  • メータ&イスラエル・フィル『英雄』、『エグモント』 イスラエル・フィルの終身音楽監督を務めるメータによるエロイカの登場。切れ味鋭く、かつ豪快なならしっぷりで、名曲をあらためて新鮮に聴かせます。 ローチケHMV|2017年3月18日(土)
  • 巨匠・朝比奈 隆の初出音源『フィデリオ』が登場 朝比奈隆と新日本フィルによるコンサート・オペラ『フィデリオ』からの抜粋。オーケストラ後方に、監獄をイメージした巨大なイントレ(足場)が組まれた斬新なステージは、鬼才、実相寺昭雄による演出でした。 ローチケHMV|2017年3月17日(金)
  • 中国系アメリカ人指揮者による快速ベートーヴェン マーラー好きにはおなじみのラン・シュイがコペンハーゲン・フィルを自在に操った快速演奏。今回は楽器配置にもこだわりをみせ、独自の世界を築き上げています。 ローチケHMV|2017年3月1日(水)
  • アルトゥール・シュナーベル/ RCAレコーディングズ ベートーヴェンの協奏曲2曲は2度目の録音で、ストック指揮シカゴ交響楽団との共演。ピアノ・ソナタ2曲は1976年になって初めてLPで発売された音源です。 ローチケHMV|2017年3月1日(水)
  • べートーヴェンの第九を時代楽器オケで ハーゼルベック指揮ウィーン・アカデミー管は、リストの交響詩と交響曲で、これまでのリストのイメージとは異なる音響を聴かせてくれましたが、今回はさらに踏み込んだものとなります。 ローチケHMV|2017年3月1日(水)

協奏曲 に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品