ベートーヴェン(1770-1827)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

SACD 輸入盤

ピアノ協奏曲第4番(改訂版)、ヴァイオリン協奏曲(ピアノ版) ブラウティハム、パロット&ノールショピング響

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BISSA1693
組み枚数
:
1
レーベル
:
Bis
:
Europe
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド,輸入盤

商品説明

ベートーヴェンの名作ピアノ協奏曲第4番の改訂版出現

SACDハイブリッド盤。ベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番は1808年に作曲者自身の独奏で初演されましたが、譜面に書かれているものよりはるかに多くを弾いたと弟子のチェルニーも証言しています。この改訂稿は、ベートーヴェン研究で名高いバリー・クーパーが書き写したもの。通常版より煌きに満ち、ヴィルトゥオジックで洗練されているとのことで期待できます。
 カップリングは4番と同時期に作曲されたヴァイオリン協奏曲を後年ピアノ協奏曲に書き直したもの。両方をブラウティハム(通常のコンサートグランド使用)で味わえるのも豪華です。(キングインターナショナル)

【収録情報】
ベートーヴェン:
・ピアノ協奏曲第4番ト長調 Op.58(1808年改訂版)
・ピアノ協奏曲ニ長調 Op.61(作曲者自身によるヴァイオリン協奏曲の編曲)

 ロナルド・ブラウティハム(ピアノ)
 ノールショピング交響楽団
 アンドルー・パロット(指揮)

 録音時期:2007年11月
 録音場所:スウェーデン、ノールショピング、Louis de Geer Concert Hall
 録音方式:ステレオ(DSD/セッション)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連する商品・チケット情報

協奏曲 に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト