CD 輸入盤

ピアノ・ソナタ集第2集 ブレンデル

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CDX5042
組み枚数
:
2
レーベル
:
Vox
フォーマット
:
CD

商品説明

ブレンデル/ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ集 第2集
・ピアノ・ソナタ第16番ト長調op.31−1
・ピアノ・ソナタ第17番ニ短調op.31−2
・ピアノ・ソナタ第18番変ホ長調op.31−3
・ピアノ・ソナタ第19番ト短調op.49−1
・ピアノ・ソナタ第21番ハ長調op.53『ワルトシュタイン』
・ピアノ・ソナタ第22番ヘ長調op.54
・ピアノ・ソナタ第23番ヘ短調op.57『熱情』

 アルフレート・ブレンデル(ピアノ)
 録音:1962-64年(ステレオ)

収録曲   

クラシック曲目

すべての収録曲を見る

  • Ludwig van Beethoven (1770 - 1827)
    Sonata for Piano no 23 in F minor, Op. 57 "Appassionata"
    演奏者 :
    Brendel, Alfred (Piano)
    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : Classical
    • 形式 : Sonata
    • 作曲/編集場所 : 1804-1805, Vienna, Austria
    • 言語 :
    • 時間 : 23:59
    • 録音場所 : 1962-64, [Studio]
  • Ludwig van Beethoven (1770 - 1827)
    Sonata for Piano no 22 in F major, Op. 54
    演奏者 :

    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : Classical
    • 形式 : Sonata
    • 作曲/編集場所 : 1804, Vienna, Austria
    • 言語 :
    • 時間 : 11:56
    • 録音場所 : 1962-64, [Studio]

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ハンマークラヴィアソナタ 録音のせいもあ...

投稿日:2014/11/23 (日)

ハンマークラヴィアソナタ 録音のせいもあるのかピアノの音がメタリックで不快感はあるが、このソナタナンバーに内在する特異性、可能性を最も(左もしくは右)まで推し進めた演奏といえる。録音当時、野心的で斬れ者である知的な新鋭ピアニストであったことがわかる。技巧のきれを土台に、響きの精密さの点で他の演奏とは異なる。又精巧感は当曲の器楽的面白さを顕在化している。これらの特徴を精神的でないと的はずれな批判をすることは可能だろう。白眉は第四楽章で、この謎めいた巨城にここまで解釈のくさびを打ち込んだ演奏は他にない。

M さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
ブレンデルはまだ無名の30歳代前半で、しか...

投稿日:2010/04/20 (火)

ブレンデルはまだ無名の30歳代前半で、しかも米国のVOX原盤ですから、この録音は日本ではほとんど話題に上らなかったかと思います。私がこのCDを購入したのも、当時すでに大家となり3回目の全集発表中のブレンデル若き日の最初の全集、という興味からですね。さて、この演奏、テンポはあまり変化をつけず相当に早め、一方、強弱の変化は鮮やかです。よく言えばキビキビして若々しい、悪く言えば腕に任せて一気に弾き切っている印象です。後年の、理知的で花も実もある、という段階にまでは到達してはいないように感じられます。なお、このピアノ・ソナタ集は4集まで出ていますが、全部購入しても30曲しか揃えられません。残りの2曲(4番、20番)は3枚組の変奏曲集の方に収められています。取り急ぎ、情報提供。

エステ荘の噴水 さん | 岩手県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
ブレンデルは1960年代、1970年代、1990年代...

投稿日:2009/02/10 (火)

ブレンデルは1960年代、1970年代、1990年代と三回ベートーベン・ピアノソナタ全集を収録しています。1931年生まれですから今や大家中の大家、私はLPで彼の30歳代の盤を聴いております、当時ケンプやバックハウスその他の全集もありましたが廉価版に走ったのと演奏が端正・クリヤーで内声・外声の調和がやヽ硬質なのが大ベテランの演奏とは趣きを異とし気に入り順次揃えたものです。彼は伝統を踏まえこのスタートから確実に更に説得力と味わいを増して行き後年の再録に繋がって行ってるのでしょう。私は当初の新鮮な素晴らしい盤を聴き続けています。

一人のクラシックオールドファン さん | 芦屋 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連する商品情報

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品