SACD

ピアノ・ソナタ全集第1集 菊地裕介(2SACD)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
OVCT00064
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド

商品説明

若手ピアニスト菊地裕介
ベートーヴェン:ソナタ集のVOL1、いよいよ発売。


「今現在最も技術を持つピアニスト!」(清水和音談)と言われる菊地裕介が、ライフワークとして取り組む、ベートーヴェンのソナタ全集がスタート。その記念碑的な第一弾としての中期のソナタ集をリリースします。菊地自身が、ベートーヴェンがこれら作品を作曲した同年代の感性で弾きたかった。そして今にしか出来ない表現をした。と語るように、今の菊地裕介というピアニストの全てが、これら作品集に表現されています。トリトンレーベルより確かな技術と天性の音に対する純粋さが、圧倒するピアニズムに込められたアルバムとしての登場。今回はシリーズ・スターとの記念として、2枚組3000円というお買い得価格でのリリースとなります。(トリトン)

【収録情報】
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ集 VOL.1
DISC1
・第16番、第17番『テンペスト』、第18番『狩り』、第22番
DISC2
・第21番『ワルトシュタイン』、第23番『熱情』、第24番『テレーゼ』、第25番『かっこう』、第26番『告別』
 菊地裕介(ピアノ)

 録音時期:2010年1月13-15日、3月13-15日、4月13-15日
 録音場所:富山、北アルプス文化センター
 録音方式:DSDレコーディング
 SACD Hybrid
 2ch HQ (CD STEREO/ SACD STEREO)

【菊地裕介 プロフィール】
東京都に生まれる。ピアノを皆川紀子、加藤伸佳に師事。 桐朋女子高等学校音楽科卒業後、渡仏。パリ国立高等音楽院ピアノ科に入学後、ジャック・ルヴィエに師事。1999年、1等賞で卒業。2001年同研究科修了。2003年10月〜2007年、ハノーファー音楽大学ソロクラスにてアリエ・ヴァルディに師事。2007年2月に一時帰国、日本での演奏活動を開始。1997年から翌年にかけてロームミュージックファンデーションの奨学生。2004〜2006年文化庁新進芸術家海外留学研修員。現在、東京藝術大学、東京音楽大学の非常勤講師を務める。
・受賞歴:1994年第63回日本音楽コンクール 第2位、2000年マリア・カナルス・バルセロナ国際音楽演奏コンクール第1位、2003年ポルトガル・ポルト市国際音楽コンクール第1位、2006年ジュネーヴ国際音楽コンクール・ピアノ部門第3位、2006年フランシス・プーランク国際ピアノ・コンクール第1位(トリトン)

内容詳細

作品解釈にも多くの選択肢があるが、その一つは、あまりこね回さず率直に譜面を音にすることだろう。もちろんそれは熟考・試行の結果としてだが、菊地の演奏にはそうしたある種の潔さがあり、大いに共感できる。続編が楽しみなソナタ全集のスタート。(教)(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連する商品・チケット情報

  • 【在庫特価】マッケラス/ベートーヴェン:交響曲全集 基本的に快速なテンポ設定と強めのアクセント、第2ヴァイオリンを右側に配した正統的な楽器配置は前回同様。第九以外は二管編成オーケストラによるタイトで刺激的な響きを追及しており... ローチケHMV|2017年11月7日(火)
  • 【在庫特価】ギーレン/ベートーヴェン交響曲全集 ギーレン・ファンにはおなじみの映像版ベートーヴェン全集から音声部分をとりだしたCD版全集。 ローチケHMV|2017年11月7日(火)
  • アファナシエフ/悲愴、月光、熱情(輸入盤CD) 自分が最高の演奏ができるという確信を持てるまで、新しい作品をレパートリーに加えないアファナシエフが、68歳にして初めて録音した3大ソナタ。輸入盤は通常CDでのリリースになります。 ローチケHMV|2017年10月27日(金)
  • いまに生きるベートーヴェン クラシック音楽界全体が来る2020年の楽聖<求[トヴィヒ・ファン・ベートーヴェンの生誕250年に注目している。ベートーヴェンの音楽を味わい尽くし、このメモリアル・イヤーを十二分に楽しむため本作品を通じて、この記念年にしっかり備えたい。 ローチケHMV|2017年10月6日(金)
  • 【在庫特価】ペーター・マーク&都響の芸術劇場「第九」ライヴ! 1990年東京芸術劇場でのライヴ録音。フル編成のオケを前にしたマークは相変わらず踊り弾むような軽快なテンポをとり、見通し抜群。物々しさは欠片もなくサクサクスイスイ進みます。 ローチケHMV|2017年9月22日(金)
  • 【LP】若きレジェンド、エフゲニー・キーシンのベートーヴェン傑作群録音 ソロ・リサイタル録音としては10年以上ぶり。現代屈指のピアニスト、エフゲニー・キーシンがドイツ・グラモフォンと専属契約。第1弾リリースとなったベートーヴェン・アルバムがアナログレコードでもリリース。 ローチケHMV|2017年9月22日(金)

器楽曲 に関連する商品・チケット情報

  • バリー・ダグラス/ブラームス:ピアノ独奏作品全集 バリー・ダグラスがChandosで2012年にスタートした「ブラームス:ピアノ独奏作品集」が、ついに全集ボックスとなって登場! ローチケHMV|1日前
  • 2台のオルガンと打楽器のための編曲集〜展覧会の絵、他 SACDハイブリッド盤。ヘッドホンで聴くことにより最高音質の効果を発揮するように作られた「バイノーラル録音」。第1弾は2台オルガンとパーカッションという豪華編成のための作品集。教会に鳴り響く大音響を余すことなく捉えた充実のディスクです。 ローチケHMV|2日前
  • ギルベルト・シュヒター/シューベルト:ピアノ作品全集(12CD) TUDORレーベルが1989年にリリースしたギルベルト・シュヒターのシューベルト・ピアノ作品全集ボックスが装いも新たに再発売です。 ローチケHMV|2日前
  • グザヴィエ・ドゥ・メストレ/スペインのセレナータ メストレの最新録音は、ファリャ作曲『スペイン舞曲第1番』やタレガ作曲『アルハンブラの思い出』など、彼のアンコール・ピースとして確立され、CD化が望まれていた作品を中心に、ハープという楽器の可能性を広げる技巧的でロマンティックなスペイン地方のソロ・ピースを網羅しています。 ローチケHMV|6日前
  • ジェイムズ・ローズ/ファイアー・オン・オール・サイズ 幼少時に受けた虐待、自殺未遂、精神病院への入院、奨学金の打ち切りなど数々の困難に直面しながらも、コンサート・ピアニストとして自らの道を切り拓き続けるイギリスの異色ピアニスト、ジェイムズ・ローズ。このアルバムは、J.S.バッハ、ショパン、ベートーヴェン、ラフマニノフの名曲で構成されています。 ローチケHMV|6日前
  • アウグスティン・ハーデリッヒ/パガニーニ:24のカプリース ハーデリッヒが満を持して録音した『24のカプリース』は、この芸術的作品をヴァイオリニストとしてのスキルのあらゆる側面から考証を行い、技巧と音楽性の極限、さらに新たなる深い音楽性を生み出しています。真のヴィルトゥオジティを発揮された、ハーデリッヒの神髄が聴けるアルバムです。 ローチケHMV|6日前

おすすめの商品