SACD

ピアノ・ソナタ全集第1集 菊地裕介(2SACD)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
OVCT00064
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド

商品説明

若手ピアニスト菊地裕介
ベートーヴェン:ソナタ集のVOL1、いよいよ発売。


「今現在最も技術を持つピアニスト!」(清水和音談)と言われる菊地裕介が、ライフワークとして取り組む、ベートーヴェンのソナタ全集がスタート。その記念碑的な第一弾としての中期のソナタ集をリリースします。菊地自身が、ベートーヴェンがこれら作品を作曲した同年代の感性で弾きたかった。そして今にしか出来ない表現をした。と語るように、今の菊地裕介というピアニストの全てが、これら作品集に表現されています。トリトンレーベルより確かな技術と天性の音に対する純粋さが、圧倒するピアニズムに込められたアルバムとしての登場。今回はシリーズ・スターとの記念として、2枚組3000円というお買い得価格でのリリースとなります。(トリトン)

【収録情報】
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ集 VOL.1
DISC1
・第16番、第17番『テンペスト』、第18番『狩り』、第22番
DISC2
・第21番『ワルトシュタイン』、第23番『熱情』、第24番『テレーゼ』、第25番『かっこう』、第26番『告別』
 菊地裕介(ピアノ)

 録音時期:2010年1月13-15日、3月13-15日、4月13-15日
 録音場所:富山、北アルプス文化センター
 録音方式:DSDレコーディング
 SACD Hybrid
 2ch HQ (CD STEREO/ SACD STEREO)

【菊地裕介 プロフィール】
東京都に生まれる。ピアノを皆川紀子、加藤伸佳に師事。 桐朋女子高等学校音楽科卒業後、渡仏。パリ国立高等音楽院ピアノ科に入学後、ジャック・ルヴィエに師事。1999年、1等賞で卒業。2001年同研究科修了。2003年10月〜2007年、ハノーファー音楽大学ソロクラスにてアリエ・ヴァルディに師事。2007年2月に一時帰国、日本での演奏活動を開始。1997年から翌年にかけてロームミュージックファンデーションの奨学生。2004〜2006年文化庁新進芸術家海外留学研修員。現在、東京藝術大学、東京音楽大学の非常勤講師を務める。
・受賞歴:1994年第63回日本音楽コンクール 第2位、2000年マリア・カナルス・バルセロナ国際音楽演奏コンクール第1位、2003年ポルトガル・ポルト市国際音楽コンクール第1位、2006年ジュネーヴ国際音楽コンクール・ピアノ部門第3位、2006年フランシス・プーランク国際ピアノ・コンクール第1位(トリトン)

内容詳細

作品解釈にも多くの選択肢があるが、その一つは、あまりこね回さず率直に譜面を音にすることだろう。もちろんそれは熟考・試行の結果としてだが、菊地の演奏にはそうしたある種の潔さがあり、大いに共感できる。続編が楽しみなソナタ全集のスタート。(教)(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連する商品・チケット情報

器楽曲 に関連する商品・チケット情報

  • キーシンがDGに電撃復帰!第1弾はベートーヴェン・アルバム 過去10年のリサイタルからキーシン自身が選んだ『月光』『熱情』『告別』といったポピュラーな名曲を含むもので、キーシンのソロ・リサイタル録音としては10年以上ぶりのリリースとなります。 ローチケHMV|15時間前
  • 注目のヴィオラ奏者、エレン・エスベトによるイギリス・アルバム SACDハイブリッド盤。スウェーデン出身の注目の女流ヴィオラ奏者、エレン・エスベト。満を持しての録音はイギリスの作曲家に焦点を当て、ヴォーン・ウィリアムズ、レベッカ・クラーク、ブリテンの作品を収録しました。 ローチケHMV|15時間前
  • タール&グロートホイゼン/カラーズ ドイツのピアノ・デュオ「タール&グロートホイゼン」の新譜は、ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲、海と、R.シュトラウス:『7つのヴェールの踊り』、『ばらの騎士』より「ワルツ」、『ティル・オイレンシュピーゲルの愉快な悪戯』。 ローチケHMV|5日前
  • 伝説のマリラ・ジョナス〜録音全集(4CD) ピアニスト、マリラ・ジョナス[1911-1959]が1946年から1951年にかけて米コロンビアに残した貴重な全録音を集大成したボックス・セットです。ジョナスはナチスの追及を逃れてブラジルに亡命し、その後アメリカで成功を収めますが、48歳という若さで亡くなりました。残された録音もわずかしかなく、オリジナル・マスターからの復刻は今回が世界初です。 ローチケHMV|5日前
  • リフシッツ/ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第30、31、32番(2013年ライヴ) 世界が注目する才能、コンスタンチン・リフシッツによる2013年来日公演ライヴ録音。ベートーヴェンの最後の三つのソナタの登場です。 ローチケHMV|5日前
  • 村上景子/Atem Lied〜バス・フルート作品集 島根大学でフルートを学び、ストラスブール音楽院フルート科を卒業。2003年よりリネア・アンサンブルに在籍し、現在ストラスブールを拠点に活躍するフルート奏者、村上景子による「呼吸と音楽の関係」をテーマにセレクトされたバス・フルートのための現代作品集。 ローチケHMV|6日前

おすすめの商品