CD 輸入盤

ピアノ・ソナタ全集 アニー・フィッシャー(9CD)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
HCD41003
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD

商品説明


ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集(9CD)
アニー・フィッシャーの名盤が復活! デザインも一新!


ハンガリーの生んだ大ピアニスト、アニー・フィッシャー[1914-1995]。彼女は円熟著しかった60代前半の1977年から翌年にかけて、ブダペストのフンガロトン・スタジオでベートーヴェンのピアノ・ソナタ全曲を録音しました。2002年に発売され話題となりましたが、長く入手困難となっていました。生誕百年となる今年2014年に、新装丁スリムボックス仕様で待望の再発売となりました。
 当時、フィッシャーのベートーヴェンのソナタをコンサートで聴いたフンガロトンのプロデューサーが感激し、全集録音を打診。好きなだけテイクを重ねること、好きなだけ録音時間を費やして良く、結果が気に入らなければ発売しないという破格の条件を添えたといわれます。録音は1年で完了しましたが、編集に対するフィッシャーのこだわりは果てしなく、数年にようやく一枚を許可する(数日後に却下もあったそう)というペースで、1995年に彼女が歿するまでにすべてが刊行できなかったいわくつきのものです。フィッシャーの死後、フンガロトンのスタッフや評論家たちが検討した結果、文句なく素晴らしい出来ということで日の目を見たといわれます。
 実際、ちょっと想像を絶する出来です。フィッシャーのベートーヴェンは造形が大きく、感傷性や曖昧さのかけらもありません。テンポは早目で、聴き手の気持ちを煽るようなボルテージの高さが独特。有名な『悲愴』『月光』『熱情』など、はじめて聴く作品のような新鮮さに満ち、また緩徐楽章での語り口の巧さに引き込まれます。正統派でありながら、こんなベートーヴェンは絶対に聴けません。ベートーヴェンのピアノ・ソナタ・ファン必携のセットと申せましょう。(キングインターナショナル)
 A.セーケイとE.ドホナーニより受け継いだ知的な解釈に加えて、男性的な力強さにも不足しないフィッシャーの持ち味が、ここでは見事に結実しています。ベーゼンドルファーの深みある響きも、彼女の解釈に相応しい効果を上げており魅力的。

【収録情報】
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集


Disc1
● 第12番変イ長調 Op.26『葬送』
● 第6番ヘ長調 Op.10-2
● 第31番変イ長調 Op.110
● 第13番変ホ長調 Op.27-1

Disc2
● 第8番ハ短調 Op.13『悲愴』
● 第3番ハ長調 Op.2-3
● 第1番ヘ短調 Op.2-1

Disc3
● 第32番ハ短調 Op.111
● 第20番ト長調 Op.49-2
● 第7番ニ長調 Op.10-3
● 第10番ト長調 Op.14-2

Disc4
● 第18番変ホ長調 Op.31-3
● 第29番変ロ長調 Op.106『ハンマークラヴィーア』

Disc5
● 第27番ホ短調 Op.90
● 第9番ホ長調 Op.14-1
● 第14番嬰ハ短調 Op.27-2『月光』
● 第28番イ長調 Op.101

Disc6
● 第23番ヘ短調 Op.57『熱情』
● 第17番ニ短調 Op.31-2『テンペスト』
● 第15番ニ長調 Op.28『田園』

Disc7
● 第16番ト長調 Op.31-1
● 第30番ホ長調 Op.109
● 第2番イ長調 Op.2-2
● 第24番嬰ヘ長調 Op.78『テレーゼ』

Disc8
● 第5番ハ短調 Op.10-1
● 第21番ハ長調 Op.53『ワルトシュタイン』
● 第4番変ホ長調 Op.7

Disc9
● 第25番ト長調 Op.79『かっこう』
● 第19番ト短調 Op.49-1
● 第26番変ホ長調 Op.81a『告別』
● 第11番変ロ長調 Op.22
● 第22番ヘ長調 Op.54

 アニー・フィッシャー(ピアノ)

 録音時期:1977-78年
 録音場所:ブダペスト、フンガロトン・スタジオ
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)

収録曲   

  • 01. A flat major Op.26
  • 02. F Major Op. 10/2
  • 03. A flat major Op. 110
  • 04. E flat major Op.27/1
  • 05. C minor Op. 13 "Pathetique"
  • 06. C major Op. 2/3
  • 07. F minor Op. 2/1
  • 08. C minor Op. 111
  • 09. G major Op.49/2
  • 10. D major Op.10/3
  • 11. G major Op. 14/2
  • 12. E flat major Op. 31/3
  • 13. B flat major "Hammerklavier" Op. 106
  • 14. E minor Op. 90
  • 15. E major Op.14/1
  • 16. C Sharp minor Op.27/2 "Mondschein"
  • 17. A major Op. 101
  • 18. F minor Op. 57 "Appassionata"
  • 19. D minor Op. 31/2
  • 20. D major Op. 28 "Pastorale"
  • 21. G major Op.31/1
  • 22. E major Op. 109
  • 23. A major Op.2/2
  • 24. F sharp major Op.78
  • 25. C minor Op. 10/1
  • 26. C major Op.53 "Waldstein"
  • 27. E flat major Op.7
  • 28. G major Op.79
  • 29. G minor Op.49/1
  • 30. E flat major Op.81/a
  • 31. B flat major Op.22
  • 32. F major Op.54

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
16
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
この録音の成り立ちはみなさんご存知だろう...

投稿日:2016/06/25 (土)

この録音の成り立ちはみなさんご存知だろう。フィッシャーは本当に最大限の努力をした。淳メーカーさんのレヴューにあったが、悲愴の冒頭を聞けばわかる。小生がピアニストだったら、こういう音を出したいと切望するだろう。リズムは淀みなく、ハーモニーは全ての音で計算され、なおかつ旋律線が虹を描く。それだけではない。全ての声部のバランスがここまで徹底されているのか、と驚愕する。ワルトシュタインの最初の一音の存在感といったら比類がない。世に多くの優れた演奏がある。全集となれば益々星は煌めく。それでも申し上げたい。この演奏を聞かないでベートーヴェンのソナタは語れない。願わくば、多くの方がこの演奏を聴き、レヴューを連ねることにより、後世にこの演奏の価値を伝えることを祈ってやまない。

てつ さん | 東京都 | 不明

2
★
★
★
★
★
ベートーヴェンのファンには申し訳ないけど...

投稿日:2015/07/14 (火)

ベートーヴェンのファンには申し訳ないけど、アニー・フィッシャーほどのピアノを美音で鳴らす特別なテクニックを有しているのなら、せめてショパン全集を出して欲しかった。残念です。

3
★
★
★
★
★
9枚組の全集、普通は「重たい」のですが、...

投稿日:2015/02/08 (日)

9枚組の全集、普通は「重たい」のですが、家に帰って、携帯オーディオ(古w)に取り込み通勤途中に、近頃ズッと聴いてますが飽きません。何か凄みというか熱気が違うような気がします。音楽のことは他のレビュアーさんのお下記の通り。音質は最新の録音とは差がありまして、少し高音部にキラキラッとするところがありますが、これは音楽の妨げとはならない許容範囲内。ただし、BOX内の内袋は本当に糊付けしちゃってるのにはビックリ。以前のユーザーさんが糊付けされた袋からCDを慎重に取り出して、と書いていらっしゃるのが理解できませんでしたが本当でしたw市販のCDスリーブに交換した方が安心かも知れません。

tokiwa7jp さん | 千葉県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連する商品情報

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品