ベートーヴェン、ブラームス

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

ベートーヴェン、ブラームス:交響曲全集、ほか ヴォルフガング・サヴァリッシュ(8CD)

ベートーヴェン、ブラームス

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
999993565
組み枚数
:
8
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

Warner Classics ICON
サヴァリッシュ/EMI録音集(8CD)
ベートーヴェン&ブラームス交響曲全集

サヴァリッシュがEMIで制作した2つの傑作、ベートーヴェンの交響曲全集と、ブラームスの交響曲全集を収めたセット。

【ベートーヴェン交響曲全集】
サヴァリッシュがコンセルトヘボウ管弦楽団を率い、1991年から93年にかけてレコーディングした全集。サヴァリッシュほどの名声を持つ指揮者としては不思議なことに、初めてのベートーヴェン全集となった当録音は、モダン楽器オーケストラならではの洗練された力強いアプローチの聴ける大変に優れた演奏揃い。オーケストラをバランス良く鳴らすことにかけては常に見事な腕前を披露してきたサヴァリッシュですが、ここでも実に緻密なサウンドを構築しており、ヘッドフォンや解像度高いスピーカーで聴くとその情報量の多さには圧倒されます。
 以前のサヴァリッシュには、そうした緻密さが時として息苦しさを感じさせるとの評もありましたが、円熟の境地に達した時期におこなわれたこの録音では、そのような面は既に遠く過去のものとなっていたことを実感するばかり。
 コンセルトヘボウ管のソロイスティックなうまさと、“嵐”での迫力がありながらも美しいサウンドが光る『田園』、第1楽章の力強く雄大な演奏に深く魅了される第4番、第1楽章序奏部の精緻な構築感と典雅な音色の同居がたまらなく魅力的な第2番等々、充実をきわめた内容が、豊かな演奏経験の投影を実感させてくれます。第九の豪華なソリストおよびコーラスも高水準。名ホールと名高いコンセルトヘボウにおける録音も非常に優秀です。

【ブラームス交響曲全集】
オーケストラがクセのないロンドン・フィル、指揮が緻密なサヴァリッシュということもあって、動機労作で知られるブラームスの交響曲を、微細な素材に至るまで綿密に聴かせる高解像度なスタイルが魅力。第1番第1楽章主部第1主題部でのピツィカートやさざなみ効果まで明晰に聴かせるそのスタイルは、さすがサヴァリッッシュ。合唱入りの作品も含め、常にスコアを克明に音化しようというサヴァリッシュの誠実な手法は、作品情報の正確な理解に非常に有益です。

【サヴァリッシュ・プロフィール】
ヴォルフガング・サヴァリッシュは1923年8月26日ミュンヘンの生まれ。幼い頃からピアノを始め、作曲と理論も同地で学び、さらに指揮についてハンス・ロスバウトに教えを受けていました。しかし第二次世界大戦に通信兵として出征したため学業が中断、戦後、復学し卒業したのち、アウクスブルク歌劇場の練習指揮者の職を得、そこで『ヘンゼルとグレーテル』の指揮をする機会に恵まれ、その指揮が高く評価されて第一指揮者に任命されます。
 サヴァリッシュはピアノ演奏にも長けており、1949年に開かれたジュネーヴ国際コンクールの二重奏部門では、ヴァイオリニストのザイツと組んで首位を獲得するなど、室内楽ピアニストとしても高い能力を示してもいました。
 その後、サヴァリッシュは次第に声望を高め、1953年にはアーヘンの歌劇場の音楽総監督となり、任期中の1957年にはバイロイト音楽祭へ『トリスタンとイゾルデ』で初出演を果たしています。また、同じ1957年にはフィルハーモニア管弦楽団を指揮してロンドン・デビューする一方、ピアニストとしてもシュワルツコップの伴奏でリサイタルに出演するなど多方面で活躍していました。
 そして1958年にはヴィースバーデンの歌劇場の音楽総監督、1960年にはケルンの歌劇場の音楽総監督となり、同年にはウィーン交響楽団の首席指揮者、翌1961年にはハンブルク・フィルの首席指揮者、1970年にはスイス・ロマンド管弦楽団首席指揮者も務めるという人気ぶりでした。
 さらに1971年、バイエルン国立歌劇場の音楽監督に就任し、1982年には音楽総監督に任命され1992年まで同劇場の水準向上に貢献、1992年にはフィラデルフィア管弦楽団の音楽監督に就任、79歳を迎える2002年まで指揮します。
 以後はフリーランスとして各地で指揮をおこなっていましたが、心臓病のため2006年に引退、7年後の2013年2月22日、グラッサウの自宅で亡くなっています。
 その間、1964年にはNHK交響楽団に初めて客演、以後、数多く来日して人気を博し、名誉指揮者を経て1994年からは桂冠名誉指揮者となり、通算40年に渡って同楽団に深く貢献していました。
 サヴァリッシュは40年に渡ってオペラハウスの音楽監督を務める一方、コンサート指揮者としても幅広い活動を展開、楽員や歌手への着実な伝達技術と、膨大な知識と経験に基づく端正な音楽表現により、世界各地でオペラやオーケストラ音楽に高水準な演奏を聴かせてきました。一方でサヴァリッシュは伴奏ピアニストとしても優れた手腕を発揮しており、歌曲や室内楽で、共演者の音楽性を巧みに生かす見事な伴奏を聴かせていました。(HMV)

【収録情報】
Disc1〜5
・ベートーヴェン:交響曲全集
 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
 マーガレット・プライス(Sp)
 マリヤナ・リポヴシェク(Ms)
 ペーター・ザイフェルト(T)
 ヤン=ヘンドリク・ローテリング(Bs)
 デュッセルドルフ楽友協会合唱団(録音:1991〜1993年)

Disc6〜8
・ブラームス:交響曲全集
・ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲
・ブラームス:悲劇的序曲
・ブラームス:大学祝典序曲
・ブラームス:運命の歌
 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
 アンブロジアン・シンガーズ(録音:1989〜1996年)

 ヴォルフガング・サヴァリッシュ(指揮)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Symphony No. 1 in C, Op.21: I. Adagio Molto - Allegro Con Brio - Wolfgang Sawallisch/Royal Concertgebouw Orchestra
  • 02. Symphony No. 1 in C, Op.21: II. Andante Cantabile Con Moto - Wolfgang Sawallisch/Royal Concertgebouw Orchestra
  • 03. Symphony No. 1 in C, Op.21: III. Menuetto (Allegro Molto E Vivace) - Wolfgang Sawallisch/Royal Concertgebouw Orchestra
  • 04. Symphony No. 1 in C, Op.21: IV. Adagio - Allegro Molto E Vivace - Wolfgang Sawallisch/Royal Concertgebouw Orchestra
  • 05. Symphony No. 3 in E Flat, Op.55 'Eroica': I. Allegro Con Brio - Wolfgang Sawallisch/Royal Concertgebouw Orchestra
  • 06. Symphony No. 3 in E Flat, Op.55 'Eroica': II. Marcia Funebre (Adagio Assai) - Wolfgang Sawallisch/Royal Concertgebouw Orchestra
  • 07. Symphony No. 3 in E Flat, Op.55 'Eroica': III. Scherzo (Allegro Vivace) - Wolfgang Sawallisch/Royal Concertgebouw Orchestra
  • 08. Symphony No. 3 in E Flat, Op.55 'Eroica': IV. Allegro Molto - Poco Andante - Presto - Wolfgang Sawallisch/Royal Concertgebouw Orchestra

ディスク   2

  • 01. Symphony No. 2, Op.36, I.: Adagio Molto - Wolfgang Sawallisch/Royal Concertgebouw Orchestra
  • 02. Symphony No. 2, Op.36, I.: Allegro Con Brio - Wolfgang Sawallisch/Royal Concertgebouw Orchestra
  • 03. Symphony No. 2, Op.36: II. Larghetto - Wolfgang Sawallisch/Royal Concertgebouw Orchestra
  • 04. Symphony No. 2, Op.36, III.: Scherzo (Allegro) - Wolfgang Sawallisch/Royal Concertgebouw Orchestra
  • 05. Symphony No. 2, Op.36, III.: Trio - Wolfgang Sawallisch/Royal Concertgebouw Orchestra
  • 06. Symphony No. 2, Op.36: IV. Allegro Molto - Wolfgang Sawallisch/Royal Concertgebouw Orchestra
  • 07. Symphony No. 8, Op.93: I. Allegro Vivace E Con Brio - Wolfgang Sawallisch/Royal Concertgebouw Orchestra
  • 08. Symphony No. 8, Op.93: II. Allegretto Scherzando - Wolfgang Sawallisch/Royal Concertgebouw Orchestra
  • 09. Symphony No. 8, Op.93: III. Tempo Di Menuetto - Wolfgang Sawallisch/Royal Concertgebouw Orchestra
  • 10. Symphony No. 8, Op.93: IV. Allegro Vivace - Wolfgang Sawallisch/Royal Concertgebouw Orchestra

すべての収録曲を見る >

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

交響曲 に関連する商品情報

  • 【LP】シューベルトの交響曲「ザ・グレイト」LP 歌曲の王、シューベルトの交響曲「ザ・グレイト」(第9番)がアナログレコードでVinyl Passion Classicalから登場!(指揮:フルトヴェングラー、演奏:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団) HMV&BOOKS online|22時間前
  • 【入荷】カラヤン&VPOの1962年パリ・ステレオ・ライヴ フランス国立視聴覚研究所(INA)提供の音源からのリリースで、1962年4月9日にシャンゼリゼ劇場で行ったカラヤン&ウィーン・フィルの演奏会の中からシューベルト『未完成』、R.シュトラウス『ツァラ』など4曲が日の目をみます。しかもステレオ! HMV&BOOKS online|1日前
  • 【入荷】カラヤン&BPOの1960年パリ・ライヴ ベートーヴェン第8、9番 フランス国立視聴覚研究所(INA)提供の音源からのリリースで、1960年4月26日にシャンゼリゼ劇場で行われたカラヤン指揮、ベルリン・フィルのベートーヴェン:交響曲第8番と第9番が登場!(モノラル) HMV&BOOKS online|1日前
  • ヘンヒェン&デンマーク王立管/ブルックナー:交響曲第8番 ドレスデン生まれの巨匠ハルトムート・ヘンヒェンが74歳にしてブルックナーの交響曲第8番を初めて録音。ノヴァーク版を用いて70分を切る俊足な演奏です。 HMV&BOOKS online|1日前
  • M・ザンデルリング/ショスタコ交響曲第13番&ベートーヴェン第9 ミヒャエル・ザンデルリング&ドレスデン・フィルの「ベートーヴェン&ショスタコーヴィチ:交響曲全曲録音プロジェクト」。最新作はベートーヴェン『第9』とショスタコーヴィチ『バビ・ヤール』という、二人の作曲家の声楽入りの問題作を組み合わせた力作2枚組です。 HMV&BOOKS online|1日前
  • DG「伝説の名コンビ 指揮者と楽団」シリーズ新譜 指揮者とオーケストラ、伝説の名コンビの演奏をそれぞれ8枚組としてまとめたシリーズ。今回は、ジュリーニ&ウィーン・フィル、小澤征爾&ボストン響、N・ヤルヴィ&エーテボリ響、バレンボイム&パリ管の4タイトルが登場。 HMV&BOOKS online|2日前

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト