ベルリオーズ(1803-1869)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

Symphonie Fantastique: Maazel / Cleveland.o

ベルリオーズ(1803-1869)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CD80076
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD

収録曲   

  • 01. 第1楽章
  • 02. 第2楽章
  • 03. 第3楽章
  • 04. 第4楽章
  • 05. 第5楽章

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
4
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
たった5年の間隔で同じ曲を同じオケと録音...

投稿日:2013/01/13 (日)

たった5年の間隔で同じ曲を同じオケと録音・発売するというケースは、いくら売れっ子指揮者といえどもそうそう無いことであろう。 録音エンジニアの力量・癖・思惑やレコード会社の目論見なども影響しているかもしれないが、そんな滅多にはない機会に以前と同様のアプローチをした演奏を録音したいと考えるだろうか。 ディスコグラフィをみても’80年ごろからウィーン・フィルとの仕事が多くなっていて、その合間に昔の馴染みと当時とは違う環境で録音しようというのだから、違いを生み出そうとか5年の歳月で得たものを投影しようとか考えていたのではないだろうか。敢えて流麗なベルリオーズを描いた結果なのだと思う。

shinsaqu さん | 山口県 | 不明

0
★
★
★
★
★
これを聴くとマゼールの「幻想」の解釈の変...

投稿日:2008/11/25 (火)

これを聴くとマゼールの「幻想」の解釈の変遷がじつによくわかる。74年のクリーヴランドとの来日公演では、爆発的な熱狂と狂気が凄まじいまでの迫力を生み出していましたが、それがソニー盤、テラーク盤と時代が経つに従い、狂気に没入することから楽しむことへと変化したためか、曲全体のもつ多彩な要素をパノラマ的に展開していくことに重きを置いた解釈に変わっていったように感じられました。最高に興味深い演奏です。

ぼん さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
もっと白けた即物的な演奏を想像していたら...

投稿日:2008/10/16 (木)

もっと白けた即物的な演奏を想像していたら、全然違っていて、とても楽しめました。1楽章から5楽章までを見通して、見事な「幻想」を創っていると思います。確かに「狂気」とはほど遠いですが、でも「狂気」がどういうものか分かった上での冷静さみたいなものを感じて、初めての世界観、初めての「幻想」観を味わいました。 マゼル自身はとっても楽しんで指揮しているんじゃないでしょうか(笑)

フランツ さん | 宮崎県  | 不明

1

ベルリオーズ(1803-1869)に関連する商品情報

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品