プロコフィエフ(1891-1953)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

もっと見る +

CD 輸入盤

Comp.piano Concertos: Beroff(P), Masur / Lgo

プロコフィエフ(1891-1953)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
5694522
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
France
フォーマット
:
CD

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
☆
☆

3.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
一歩間違えると下品で荒い、粗いだけになる...

投稿日:2010/07/29 (木)

一歩間違えると下品で荒い、粗いだけになる難しいこの曲 若干粗っぽく先を急いでます?って感じもしますが 全体的には なかなか好きです 好みではもう一歩!!と思いたい 追記:確かにマズアのオケは好みによります・・・録音悪し

ぶひ さん | 東京都 | 不明

0
★
★
☆
☆
☆
 残念ながらオケが重いです。ベロフのピア...

投稿日:2005/01/17 (月)

 残念ながらオケが重いです。ベロフのピアノは悪くないのですが、録音のためか粒立ちが今ひとつで、プロコにのれません。ちょっと残念。

北の火薬庫 さん | 北海道 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

プロコフィエフ(1891-1953)

Sergey Prokofiev (1891-1953) was among the most prolific and original composers of the first half of the 20th century, excelling in virtually every musical genre. Many of his early works were modernist, and like many Russian artists, he was censored during the Soviet regime, but he was able to adapt to its restrictions while retaining his artistic integrity. His best-known works include the cantat

プロフィール詳細へ

プロコフィエフ(1891-1953)に関連する商品・チケット情報

協奏曲 に関連する商品・チケット情報

  • フルトヴェングラー&トリノRAI響/ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 TAHRAの名盤「イタリアのフルトヴェングラー」のライセンス復刻。イタリアの名ヴァイオリニスト、デ・ヴィートとフルトヴェングラーの共演。メンデルスゾーン、ブラームスともに軽やかで明るい響きを持ちながら緊張感もある演奏です。 ローチケHMV|20時間前
  • ジェイムズ・エーネス/ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲 カナダのヴァイオリニスト、ジェイムズ・エーネスの新録音はベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲。伴奏はアンドルー・マンゼとロイヤル・リヴァプール・フィルという豪華な布陣です。 ローチケHMV|1日前
  • ヤン・バルトシュ/モーツァルト:ピアノ協奏曲第20、12番 ブレンデルも激賞するヤン・バルトシュによるモーツァルト:ピアノ協奏曲アルバム。ピアノ協奏曲第20番はイエジ・ビエロフラーヴェク率いるチェコ・フィルハーモニー管弦楽団との共演で、第12番は弦楽四重奏による伴奏版での録音。 ローチケHMV|3日前
  • ボベスコ/ブラームス:ヴァイオリン協奏曲、他 ベルギーTALENTレーベルからのライセンスによるSILKROAD MUSICのボベスコ・シリーズ。今もなお色褪せぬボベスコの瑞々しいヴァイオリンの響きに想いを馳せるファン必聴盤です。 ローチケHMV|6日前
  • シェリング/ヴィヴァルディ:四季、モーツァルト:トルコ風 1969年ステレオ・ライヴ。SWR所蔵のオリジナル・テープよりデジタル・リマスターが施されています。両曲とも自ら指揮も務めた演奏で、オケはプフォルツハイム南西ドイツ室内管弦楽団です。 ローチケHMV|7日前
  • タティアナ・ルーラント/ライネッケ:フルート作品集 ニューヨーク、カーネギー・ホールでセンセーショナルなデビューを飾り、評論家によって「フルートのパガニーニ」を称された女性フルーティスト、タティアナ・ルーラント。このアルバムではドイツ・ロマン派の巨匠ライネッケのフルート作品を演奏しています。 ローチケHMV|2017年7月12日(水)

おすすめの商品