CD 輸入盤

『ロメオとジュリエット』全曲 小澤征爾&ボストン交響楽団(2CD)

プロコフィエフ(1891-1953)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4232682
組み枚数
:
2
レーベル
:
Dg
:
Germany
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Part I, No. 1, "Introduction"
  • 02. Part I, No. 2, "Romeo"
  • 03. Part I, No. 3, "The Street Awakens"
  • 04. Part I, No. 4, "Morning Dance"
  • 05. Part I, No. 5, "The Quarrel"
  • 06. Part I, No. 6, "The Fight"
  • 07. Part I, No. 7, "The Prince Gives His Order"
  • 08. Part I, No. 8, "Interlude"
  • 09. Part I, No. 9, "Preparing for the Ball" (Juliet and the Nurse)
  • 10. Part I, No. 10, "Juliet As a Young Girl"
  • 11. Part I, No. 11, "Arrival of the Guests" (Minuet)
  • 12. Part I, No. 12, "Masks"
  • 13. Part I, No. 13, "Dance of the Knights"
  • 14. Part I, No. 14, "Juliet's Variation"
  • 15. Part I, No. 15, "Mercutio"
  • 16. Part I, No. 16, "Mercutio"
  • 17. Part I, No. 17, "Tybalt Recognizes Romeo"
  • 18. Part I, No. 18, "Departure of the Guests" (Gavotte)
  • 19. Part I, No. 19, "Balcony Scene"
  • 20. Part I, No. 20, "Romeo's Variation"
  • 21. Part I, No. 21, "Love Dance"
  • 22. Part II, No. 22, "Folk Dance"
  • 23. Part II, No. 23, "Romeo and Mercutio"
  • 24. Part II, No. 24, "Dance of the Five Couples"
  • 25. Part II, No. 25, "Dance with the Five Mandolins"

ディスク   2

  • 01. Part II, No. 26, "The Nurse"
  • 02. Part II, No. 27, "The Nurse Gives Romeo the Note from Juliet"
  • 03. Part II, No. 28, "Romeo with Friar Laurence"
  • 04. Part II, No. 29, "Juliet with Friar Laurence"
  • 05. Part II, No. 30, "The People Continue to Make Merry"
  • 06. Part II, No. 31, "A Folk Dance Again"
  • 07. Part II, No. 32, "Tybalt Meets Mercutio"
  • 08. Part II, No. 33, "Tybalt and Mercutio Fight"
  • 09. Part II, No. 34, "Mercutio Dies"
  • 10. Part II, No. 35, "Romeo Decides to Avenge Mercutio's Death"
  • 11. Part II, No. 36, "Finale"
  • 12. Part III, No. 37, "Introduction"
  • 13. Part III, No. 38, "Romeo and Juliet" (Juliet's Bedroom)
  • 14. Part III, No. 39, "The Last Farewell"
  • 15. Part III, No. 40, "The Nurse"
  • 16. Part III, No. 41, "Juliet Refuses to Marry Paris"
  • 17. Part III, No. 42, "Juliet Alone"
  • 18. Part III, No. 43, "Interlude"
  • 19. Part III, No. 44, "At Friar Laurence's"
  • 20. Part III, No. 45, "Interlude"
  • 21. Part III, No. 46, "Again in Juliet's Bedroom"
  • 22. Part III, No. 47, "Juliet Alone"
  • 23. Part III, No. 48, "Morning Serenade"
  • 24. Part III, No. 49, "Dance of the Girls with the Lilies"
  • 25. Part III, No. 50, "At Juliet's Bedside"
  • 26. Epilogue, No. 51, "Juliet's Funeral"
  • 27. Epilogue, No. 52, "Death of Juliet"

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
一部の隙もない見事な演奏。名演

投稿日:2011/06/03 (金)

一部の隙もない見事な演奏。名演

ロマン派 さん | 新潟県 | 不明

0
★
★
★
★
★
小澤&ボストン響時代を代表する素晴らしい...

投稿日:2011/02/13 (日)

小澤&ボストン響時代を代表する素晴らしい名演だ。小澤は、バレエ音楽の全曲版としては、本盤の8年前にもチャイコフスキーの「白鳥の湖」を録音した。そのレビューにおいて、私は、ウィーン国立歌劇場のシェフとなる大指揮者小澤への確かな道程を感じると記したが、本盤は、「白鳥の湖」よりも更に優れた名演。小澤は、かかる道程を着実に歩んでいることがよくわかる演奏だ。小澤は、本盤の直後に、ベルリン・フィルとともにプロコフィエフの交響曲全集を録音するなど、プロコフィエフを自家薬籠中の作曲家としており、そうした点から来る自信と風格が、本盤の演奏全体に漲っていると言える。プロコフィエフの管弦楽曲の特徴として、不協和音を駆使したいわゆる音の濁りというものがあるが、小澤は、それを決してオブラートには包まない。どの箇所もスコアに記された音符のすべてを鳴らすことに腐心しているようである。それでいて、重々しくなることはなく、さりとて洗練され過ぎるということもなく、剛柔バランスのとれたシンフォニックな演奏を行っている点を高く評価したい。小澤の優れた特徴として、卓越した音楽性に去来するリズム感があるが、例えば、第1幕の第15曲のマーキュシオでは、軽快でリズミカルな音楽の中に瀟洒な味わいがあるし、第18曲の客人たちの退場における、古典交響曲から引用された旋律の躍動感が素晴らしい。また、小澤の舞台人としての演出巧者ぶりも健在で、例えば、第2幕においては、第24〜第27曲及び第30〜第31曲の小気味のいいリズミカルな音楽と、第28曲及び第29曲の情感溢れる美しい音楽との思い切った対比など、テンポ設定の緩急やダイナミックレンジの幅広さを駆使して、実にドラマティックな音楽を構築している。第3幕における第41曲以降のジュリエットの心象風景の描写は素晴らしいの一言であり、第4幕のロメオの死の切れ味鋭い慟哭の音楽には戦壊を覚えるほどだ。第52曲のジュリエットの死は、至高・至純の天国的な美しさに満ち満ちていると言える。ボストン交響楽団も、小澤の統率の下、最高のパフォーマンスを示しており、金管楽器や木管楽器の技量には卓抜としたものがある。SHM−CD化によって、音質は非常に鮮明になるとともに、音場が広くなり、音に一本芯が通ったような強靭さが増した点は素晴らしいというほかはない。小倉重夫氏による楽曲や小澤の演奏に対する詳細な解説も読みごたえがあり、本盤の価値を高めるのに大きく貢献している。

つよしくん さん | 東京都 | 不明

5
★
★
★
★
☆
弦楽セッションの響きが比類なく美しい瞬間...

投稿日:2003/12/14 (日)

弦楽セッションの響きが比類なく美しい瞬間が多々、存在する。全体的に繊細だが、パワーが無いのが残念。

丘太朗 さん | ヨコハマ | 不明

0

プロコフィエフ(1891-1953)に関連する商品情報

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品