CD 輸入盤

歌劇『トスカ』 カラヤン&ベルリン・フィル、リッチャレッリ、カレーラス ライモンディ

プッチーニ (1858-1924)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4138152
組み枚数
:
2
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD

商品説明

・プッチーニ:歌劇『トスカ』全曲
 カーティア・リッチャレッリ(トスカ)
 ホセ・カレーラス(カヴァラドッシ)
 ルッジェーロ・ライモンディ(スカルピア)
 ゴットフリート・ホーニク(アンジェロッティ)、他
 ベルリン・ドイツ・オペラ合唱団
 シェーネベルク少年合唱団
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)
 録音:1979年(ステレオ)

収録曲   

クラシック曲目

  • Giacomo Puccini (1858 - 1924)
    Tosca
    演奏者 :
    Carreras, Jose (Voice), Corena, Fernando (Voice), Hornik, Gottfried (Voice)
    指揮者 :
    Karajan, Herbert von, Karajan, Herbert von
    楽団  :
    Berlin Philharmonic Orchestra
    • 時代 : Romantic
    • 形式 : Opera
    • 作曲/編集場所 : 1900, Italy
    • 言語 : Italian
    • 時間 : 113:44
    • 録音場所 : , [Studio]

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
6
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
フォン・カラヤンのイタリアオペラはどれを...

投稿日:2011/12/24 (土)

フォン・カラヤンのイタリアオペラはどれをとっても素晴らしいのですが、このベルリンフィルでのトスカは、他盤に対して一頭地を抜いているのではないでしょうか。 カヴァラドッシにホセ・カレーラスを起用しているのもフォン・カラヤンの明確な意志を感じます。リッチャレッリ、ライモンディ等の素晴らしい歌唱と共にベルリンフィルの豊かな響きが、プッチーニの素晴らしい音楽をこれ以上望めないだろうと思わせるほどに心に浸み込んできます。

youone さん | 東京都 | 不明

4
★
★
★
★
★
カラヤンは、オペラでしばしば本領を発揮す...

投稿日:2010/12/23 (木)

カラヤンは、オペラでしばしば本領を発揮する。カラヤンの数々の名盤の中に、このディスクも含めたいと思う。シンフォニックでこの上なく美しい「トスカ」だ。昔、初めてこの演奏を聴いたときは、トスカというよりスカルピアじゃないかとも思ったが、改めて聴くと感心することばかりが目立つ。53年のカラス、ステファノ、ゴッビ、デ・サバータ、スカラ座 の演奏に慣れた耳には実に新鮮だ。それにしても、オペラ全体をまとめ上げる手腕では、トスカニーニ、カラヤン、アバドはつながっている、と今さらながら思う。

ポックン さん | 千葉県 | 不明

3
★
★
★
★
★
リッチャレルリも良いが、カレーラスが最高...

投稿日:2008/06/05 (木)

リッチャレルリも良いが、カレーラスが最高だ。カヴァラドッシというと、どうしてもコレルリの「ヴィットリア!」と比較したくなるが、力で通すコレルリに対して、ヴェリスモの魅力を存分に伝えるカレーラスも素晴らしい。音質もデジタルでは無いのに、極めて優れている。カラヤンの指揮は評価が分かれるところでしょう。私は、カラヤン・サウンドをあまり意識しないようにしてますが。

ito さん | 横浜 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

プッチーニ (1858-1924)

Giacomo Puccini was the most important composer of Italian opera after Verdi. He wrote in the verismo style, a counterpart to the movement of Realism in literature and a trend that favored subjects and characters from everyday life for opera. On his often commonplace settings Puccini lavished memorable melodies and lush orchestration. It was around the turn of the twentieth century that he reached

プロフィール詳細へ

プッチーニ (1858-1924)に関連する商品情報

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト