ブルックナー (1824-1896)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

もっと見る +

CD 輸入盤

交響曲集 ヴァント&ベルリン・フィル(6CD)

ブルックナー (1824-1896)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
88691922952
組み枚数
:
6
レーベル
:
Rca
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤,輸入盤

商品説明


ブルックナー:交響曲第4・5・7・8・9番(6CD)
ギュンター・ヴァント&ベルリン・フィルハーモニー


ドイツの巨匠、ギュンター・ヴァントが1996年から2001年にかけてベルリン・フィルを指揮して制作した一連のブルックナー・アルバムは、高水準な演奏内容もあって、晩年のヴァントの代表作とも目されています。
 ヴァントとベルリン・フィルの演奏は、ひとつひとつの音を丹念に積み重ね、重層的な音の連なりを的確に処理したもので、そのたぐいまれなヴィルトゥオジティはベルリン・フィルならでは。轟然と響きわたるティンパニを核とした強烈なトゥッティの迫力や、存在感たっぷりの木管の独奏、馬力満点のブラス・セクションに、分厚い弦楽と、このオケの長所が存分に引き出されたサウンドにも圧倒的なものがあり、ヴァント自身が“世界最高のオーケストラ”と讃えていたのも十分に理解できます。
 実際、ここに収録された演奏はどれも旧盤に較べてテンポが遅く、よりロマン的な表情が濃くなってきており、たとえばドライな印象の強かったケルン盤に較べれば、ベルリン・フィル盤でのディテールはかなり豊かな表情を湛えたものとなっています。緩徐楽章での濃密な雰囲気などその好例と言えますが、細かく検証すればフレーズの形はあくまでも端正であり、テンポの変動もごく僅かで、全体の整った印象が崩れることはまったくありません。何ともすごい演奏ですが、そこにはベルリン・フィルとしては異例と言ってよい長時間に及ぶリハーサルがあったことも見逃せません。
 練習時間をたっぷりとることが可能だったドイツの放送オーケストラと長年仕事をしてきたヴァントにとっては、当然の条件でもあったのでしょうが、そうでなければいくらベルリン・フィルとヴァントの関係が良好と言っても、このようなサウンドにはならなかったと思われます。
 聴衆の入った本番を収録したものでありながら音質優秀なこれらの録音は、編集の際にヴァントの意思も反映してベストなものが選ばれ、信頼度の高いものとなっているのもポイントです。(HMV)

【収録予定曲】

 ギュンター・ヴァント(指揮)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
8
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
このコンピレーションでは4番、5番、7番...

投稿日:2015/09/18 (金)

このコンピレーションでは4番、5番、7番、8番、そして最後の交響曲9番と作曲者の代表作が全部収められています。  名人ヴァントによるブルックナーはもはや入神の域に達しているからそれが何番であろうが変な話だが安心して聴いていられます。  しかも演奏はベルリンフィルなので、もはや言うことなしのはずなのですが、どことなくよそよそしい感じがする。その点実力では劣るはずのケルンや北ドイツ放送交響楽団と演奏した同じ曲のほうが遥かにいきいきした感興が湧きおこってくるのは、彼が長年にわたって手塩にかけた「手兵」であったからでしょうか。

あまでうす さん | 神奈川県 | 不明

7
★
★
★
★
☆
コンテンツ最高ながらパッケージで減点1。...

投稿日:2012/02/14 (火)

コンテンツ最高ながらパッケージで減点1。 もちろん全て所有しているが、省スペースのため購入したところ、クラムシェル・ボックスに通常のジュエル・ケースが5つ入っており、逆にスペースを取るようになってしまった。 クラムシェル・ボックスが埃よけになるのはメリット。

skydog さん | 静岡県 | 不明

10
★
★
★
★
★
ケルンとの演奏が好きで、意固地な私はそれ...

投稿日:2012/02/08 (水)

ケルンとの演奏が好きで、意固地な私はそれ以降新譜が出ても、頑なに見て見ぬふりをしてきました。ケルンが一番さ、ということで。ヴァントの演奏はだいたい聴く前から予想できてしまう。ブルックナー耳を持たない私は、演奏に深みが増した、と言われてもよく分からないので。何せ、ブルックナーは録音が良くなければ、と思っているくらいですから。きっかけは巨匠の死、でした。ライブがこんなに出ていたとは知りませんでした。NDRとの一連の演奏を聴き、ミュンヘンやベルリン・ドイツ響との演奏を聴き深みというものが少しわかった気がしました。そこへこの価格のBPOが登場。即、購入。ヴァントの神通力がBPOをかつての純ドイツ・オケへと変貌させているかのようです。世評は両論あるように聞きますが、私個人としては推薦です。

淳メーカー さん | 愛知県 | 不明

7

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブルックナー (1824-1896)

1824年:オーストリアのアンスフェルデンでヨーゼフ・アントン・ブルックナー誕生。 1845年:聖フローリアン修道院の助教師に就任。 1856年:リンツ聖堂及び教区教会のオルガン奏者に就任。 1866年:交響曲第1番完成。 1868年:音楽大学の教授に就任。 1869年:交響曲第0番完成。 1872年:交響曲第2番完成。 1873年

プロフィール詳細へ

ブルックナー (1824-1896)に関連する商品・チケット情報

交響曲 に関連する商品・チケット情報

  • ヘンデル&ハイドン・ソサエティ/ハイドン:交響曲第26番、第86番 アメリカ最古のピリオド・オーケストラ、ヘンデル&ハイドン・ソサエティ(HHS)と、第13代音楽監督ハリー・クリストファーズのコンビによるハイドンの交響曲ライヴのシリーズ第4弾。 ローチケHMV|14時間前
  • フルトヴェングラーの『ニコライの第9』、オタケンリマスタ盤 「今回、当社のリマスタリングにおきましては、ノイズリダクションに伴うデジタル的漂白化を避け、極力アナログ的雰囲気を残しつつも、録音年代の古さを全く感じさせない、眼前で演奏しているかのようなリアリティーを引き出すことに注力いたしました」(オタケンレコード 太田憲志) ローチケHMV|1日前
  • ポーランドのピリオド・オーケストラによるショパン&シューベルト ポーランドのピリオド・オーケストラ、カペラ・クラコヴィエンシスによる、ショパン:ピアノ協奏曲第2番、シューベルト:交響曲第8番『未完成』。指揮はヤン・トマシュ・アダムス。ショパンのソロはマリウシュ・クリムシャク(フォルテピアノ/1830年製プレイエル複製)。 ローチケHMV|1日前
  • 【映像】シャイー&ゲヴァントハウス管/マーラー:『巨人』 シャイーとゲヴァントハウス管の映像によるマーラー・チクルス。これまでに第2、4、5、6、7、8、9番がリリースされ、いずれも充実した演奏で高い評価を受けました。最新タイトルは、2015年1月、ゲヴァントハウスでのライヴを収録した第1番『巨人』。 ローチケHMV|1日前
  • ユニバーサル カラヤン SACDシングルレイヤー ユニバーサル・ミュージックのカラヤンSACDシングルレイヤー・シリーズ、最新タイトルはブルックナー第7〜9番(1975)、シューマン交響曲全集、マーラー5番。 ローチケHMV|2日前
  • ストコフスキーのマーラー『復活』&『千人』、ライヴ 交響曲第2番『復活』は、フィラデルフィア管弦楽団で1967年11月9日のステレオ・ライヴ。第8番『千人の交響曲』は、ニューヨーク・フィルで1950年4月9日のモノラル・ライヴです。 ローチケHMV|2日前

おすすめの商品