CD 輸入盤

ピアノ曲全集〜未出版作品を含む アナ=マリヤ・マルコヴィナ

ブルックナー (1824-1896)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
HC17054
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Germany
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ブルックナーの『練習曲』『ワルツ』『ポルカ』!
驚きの未発表ピアノ曲登場!


ブルックナーのピアノ曲といえば白神典子のBIS盤がありますが、それは出版された独奏曲7作で、ほかにもブルックナーは若い頃からピアノ小品を試作していました。多くは未完だったり、判読不可能な不完全なものながら、自筆譜ファクシミリ版を入手することができます。これらがついに世界初録音、ブルックナー関係者狂喜のリリースとなります。
 白神盤に収録されている7作のほか連弾作品を2篇収めている点は当然ですが、あとは未知の作品ばかり。練習曲やワルツ、ポルカといったブルックナーらしからぬタイトルの連続に仰天。大半が1分そこそこの小品で、後の交響曲を思わす個性はほとんど見られませんが、シューベルト風や古典派風の親しみやすいものばかり。交響曲作曲家ブルックナーが生まれるまでの成長の経過がうかがえて興味津々です。
 アナ=マリヤ・マルコヴィナは1970年生まれのクロアチア人ピアニスト。ウゴルスキ、バドゥラ=スコダに師事し、現在ドイツを本拠に活躍。ヴォルフのピアノ曲全集のほかヘンスラーからC.P.E.バッハのクラヴィア曲全集(26CD) など意欲的なレパートリーで注目されています。ベーゼンドルファー・インペリアル290の深い音色がブルックナーにピッタリ。(輸入元情報)

【収録情報】
ブルックナー:
● ピアノ・ソナタ ト短調 第1楽章 (1862)
● ワルツ 変ホ長調 WAB deest27
● ギャロップ(ポルカ)ハ長調 WAB deest18
● デュオ
● 主題と変奏 ト長調 WAB deest23
● 行進曲 ハ長調
● ワルツ ハ長調 WAB deest26
● 半音階的練習曲 WAB deest4
● ロンド ト長調
● アンダンテ 変ホ長調 WAB deest3
● メヌエットとトリオ WAB deest15
● ヘ長調の主題
● 練習曲 ト長調 WAB deest6
● アンダンテ ニ短調 WAB deest2
● ランシエ=カドリユ(全4曲)(c.1850)
● 3つの小品(連弾のための)(1853-5)
● 6つのカドリユ(連弾のための)(1854)
● ピアノ曲 変ホ長調 (c.1856)
● 秋の夕べの静かな思い (1863)
● シュタイアメルカー (c.1850)
● 幻想曲 ト長調 (1868)
● 思い出 (c.1868)


 アナ=マリヤ・マルコヴィナ(ピアノ)
 ルドルフ・マイスター(ピアノ:連弾作品)

 録音時期:2017年7月18日、2018年2月10,11日
 録音場所:ボトロップ室内楽ザール&デュルメン・ゴットシュリング・スタジオ
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブルックナー (1824-1896)

1824年:オーストリアのアンスフェルデンでヨーゼフ・アントン・ブルックナー誕生。 1845年:聖フローリアン修道院の助教師に就任。 1856年:リンツ聖堂及び教区教会のオルガン奏者に就任。 1866年:交響曲第1番完成。 1868年:音楽大学の教授に就任。 1869年:交響曲第0番完成。 1872年:交響曲第2番完成。 1873年

プロフィール詳細へ

ブルックナー (1824-1896)に関連する商品情報

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品