ブラームス(1833-1897)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

CD

ヴァイオリン・ソナタ第1番、第2番、第3番 鈴木理恵子、若林顕

ブラームス(1833-1897)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
KKC034
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

円熟の実力派ふたりが奏でる
深みと繊細さに満ちた大人のブラームス


読売日本交響楽団のコンミスを務めるかたわら、ソリストとして活躍する鈴木理恵子。完璧な技巧とたっぷりとした美音、落ち着いた音楽性が魅力の実力派。その彼女が日本の誇るヴィルトゥオーゾ、若林顕とのデュオでブラームスのヴァイオリンソナタ全3曲に挑みました。
 構想から10年を経て実現した鈴木のブラームスは、満を持して臨んだだけあり、驚きの充実度となっています。シンフォニックともいえる恰幅の良さに、ブラームス特有の情緒、繊細なニュアンスの表出まで完璧ですが、それに加えて凄みさえ感じさせる深さ。若林顕のピアノも雄弁の極みで、まさにヴァイオリンと互角に勝負。日本が世界に誇れる辛口の名演出現と申せましょう。(キングインターナショナル)

【収録情報】
ブラームス:
・ヴァイオリン・ソナタ第1番ト長調 Op.78『雨の歌』
・ヴァイオリン・ソナタ第2番イ長調 Op.100
・ヴァイオリン・ソナタ第3番ニ短調 Op.108

 鈴木理恵子(ヴァイオリン)
 若林 顕(ピアノ)

 録音時期:2012年10月23-26日
 録音場所:群馬県、笠懸野文化ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブラームス(1833-1897)

1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。 1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。 1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。 1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。 1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。

プロフィール詳細へ

ブラームス(1833-1897)に関連する商品・チケット情報

室内楽曲 に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品