CD 輸入盤

Ein Deutsches Requiem: Karajan / Bpo, Janowitz, Wachter

ブラームス(1833-1897)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4272522
組み枚数
:
1
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

収録曲   

クラシック曲目

  • Johannes Brahms (1833 - 1897)
    German Requiem, Op. 45
    演奏者 :
    Janowitz, Gundula (Soprano), Wachter, Eberhard (Baritone)
    指揮者 :
    Karajan, Herbert von, Karajan, Herbert von
    楽団  :
    Berlin Philharmonic Orchestra, Vienna Singverein
    • 時代 : Romantic
    • 形式 : Requiem
    • 作曲/編集場所 : 1854-1868, Austria
    • 言語 : German
    • 時間 : 76:48
    • 録音場所 : 05/1964, Grosser Saal, Musikverein, Vienna [Studio]

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
60年代のカラヤンらしい覇気あふれた演奏。...

投稿日:2013/08/26 (月)

60年代のカラヤンらしい覇気あふれた演奏。50年代と70年代の2種の個性的なEMI盤との中間にある演奏だが、ヤノヴィッツとヴェヒターの若々しく清冽な声はこの演奏のコンセプトに実にあっており、この名盤の価値を高めている。50年代のシュヴァルツコップとホッターの名唱には敵わないだろうが、演奏のバランスの良さという意味ではすぐれている。

eroicka さん | 不明 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブラームス(1833-1897)

1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。 1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。 1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。 1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。 1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。

プロフィール詳細へ

ブラームス(1833-1897)に関連する商品情報

声楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品