CD 輸入盤

弦楽六重奏曲第1番、第2番 シネ・ノミネ四重奏団、パシュ、ギュイエ

ブラームス(1833-1897)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
501410
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


ブラームス:弦楽六重奏曲第1番、第2番
シネ・ノミネ四重奏団、パシュ、ギュイエ


2014年に結成40周年をむかえたシネ・ノミネ四重奏団。現在も精力的に演奏活動・録音をしておりますが、期待の最新盤は名曲ブラームスの弦楽六重奏曲集。シネ・ノミネ四重奏団と言えば、旋律を浮きだたせ雄弁に歌い上げる演奏が魅力ですが、このブラームスでも各パートの聴かせどころをおさえた美しい演奏を披露しております。
 弦楽六重奏曲第1番は、ブラームスの生涯で最も幸福で実りの多い時期に作られました。そのため、幸福さと若々しさと情熱にあふれており、新鮮で色彩豊か、さらに民謡風な旋律に富んだ初期の傑作のひとつに数えられます。一方、第2番は第1番にくらべ、より繊細で芸術的でブラームスの個性が発揮されたロマン的な作品と言えます。(キングインターナショナル)

【収録情報】
ブラームス:
● 弦楽六重奏曲第2番ト長調 Op.36 (1865)
● 弦楽六重奏曲第1番変ロ長調 Op.18 (1860)

 シネ・ノミネ四重奏団
  パトリック・ジュネ(第1ヴァイオリン)
  フランソワ・ゴトロー(第2ヴァイオリン)
  ハンス・エジディ(ヴィオラ)
  マルク・ジェルマン(チェロ)
 ニコラス・パシュ(ヴィオラ)
 フランソワ・ギュイエ(チェロ)

 録音時期:2014年2月9-11日
 録音場所:スイス、ラ・ショー=ド=フォン
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブラームス(1833-1897)

1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。 1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。 1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。 1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。 1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。

プロフィール詳細へ

ブラームス(1833-1897)に関連する商品情報

室内楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品