CD 輸入盤

交響曲第4番 セル&クリーヴランド管

ブラームス(1833-1897)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SBK46330
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD

収録曲   

Symphony No.4 in E Minor, Op.98

  • 01. I. Allegro Non Troppo
  • 02. II. Andante Moderato
  • 03. III. Allegro Giocoso Poco Meno Presto Tempo I
  • 04. IV. Allegro Energico E Passionato Pi Allegro
  • 05. Academic Festival Overture, Op.80
  • 06. Tragic Overture, Op.81

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
いかにもセルらしい演奏でしょう。楽譜をき...

投稿日:2012/10/19 (金)

いかにもセルらしい演奏でしょう。楽譜をきっちりと音化し、そこに他のものは込めない。オケのすべてのパートが自分の役割を最大限の充実度で果たし、力強く引き締まった演奏が展開されています。但し、何だかそういうところに不満もなしとはしえないのですね。そうしたセルの姿勢は、この音楽を情感的にも音響的にも若干平板なものとしてしまい、がっちり組みたてられた偉容には感心しながらも、感動としてはいま一つであったというのが正直なところ。実は結構期待したのでちょっと残念。この交響曲、やっぱり、ロマンティシズムとかセンチメンタリズムとか、憂いを帯びた楽想に喚起された何かを付け加えた演奏に心惹かれるものがあるなあ。序曲二つは結構。録音は基本良好。ちょっと古い感じはするかな。なお、録音データがどこにも書いてありません。こういうのは、いかんな。

ほんず内閣総理大臣 さん | 北海道 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
第2楽章の何と美しいことか。とても印象に...

投稿日:2009/02/21 (土)

第2楽章の何と美しいことか。とても印象に残った。それに比し、他の三つの楽章は平凡であり、特筆すべきものはない。結局、最高評価には至らなかった。セルのブラームスは何かつかみどころがなく、始めから終わりまでで感動したのは第1番にとどまった。

古渡 弁蔵 さん | 函館市 | 不明

2
★
★
★
★
★
バルビローリ・ジュリーニ・ザンデルリンク...

投稿日:2008/12/10 (水)

バルビローリ・ジュリーニ・ザンデルリンクと並ぶ名盤。ブルックナーファンの小生にブラ4を教えてくれた友人に感謝。彼の勧めてくれたのがこのセル盤だった。それ以来の愛聴版です。一分の隙さえ入り込めないほどの完成された演奏は今でも色褪せない名演と言いたい。冷酷だとか、冷たすぎるとかいろいろ言われた演奏であるが批判の余地の入り込めないほどの完成度なので批評家たちはそうやってしぶしぶけなしたのだろう、と思う。

mid&massa さん | 三重県松阪市 | 不明

5

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブラームス(1833-1897)

1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。 1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。 1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。 1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。 1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。

プロフィール詳細へ

ブラームス(1833-1897)に関連する商品情報

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト