CD 輸入盤

ヴァイオリン協奏曲、二重協奏曲 ムター、メネセス、カラヤン&ベルリン・フィル

ブラームス(1833-1897)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4390072
組み枚数
:
1
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ブラームス
・ヴァイオリン協奏曲
・二重協奏曲
 アンネ=ゾフィー・ムター(ヴァイオリン)
 アントニオ・メネセス(チェロ)
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)
 録音:1981、83年(デジタル)
 OIBP

収録曲   

クラシック曲目

すべての収録曲を見る

  • Johannes Brahms (1833 - 1897)
    Concerto for Violin in D major, Op. 77
    演奏者 :
    Mutter, Anne-Sophie (Violin)
    指揮者 :
    Karajan, Herbert von
    楽団  :
    Berlin Philharmonic Orchestra
    • 時代 : Romantic
    • 形式 : Concerto
    • 作曲/編集場所 : 1878, Austria
    • 言語 :
    • 時間 : 40:19
    • 録音場所 : 09/1981, Philharmonie, Berlin [Studio]
  • Johannes Brahms (1833 - 1897)
    Concerto for Violin and Cello in A minor "Double Concerto", Op. 102
    演奏者 :

    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : Romantic
    • 形式 : Concerto
    • 作曲/編集場所 : 1887, Austria
    • 言語 :
    • 時間 : 34:45
    • 録音場所 : 02/1983, Philharmonie, Berlin [Studio]

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
バイオリン協奏曲について書かせて頂くが、...

投稿日:2013/04/02 (火)

バイオリン協奏曲について書かせて頂くが、以前から評価が高い演奏で、 ムターの演奏も素晴らしくその点は異論は無い。 しかし、私が何故−1の星4コとしたかだが、この曲はブラームスがイタリア旅行中の避暑地で書いたもので、自身が唯一、私が書いた明るい曲だと言ったとか。 その言葉からすると、特にカラヤンの演奏はゲルマン的であまり明るいイメージが湧かないのだ。ムターの演奏も少々真面目すぎて、もう少し明るいイタリアの太陽をイメージさせてくれればと思う。

ラブラドライト さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
★
★
二重協奏曲について。協奏曲というのは独奏...

投稿日:2011/10/31 (月)

二重協奏曲について。協奏曲というのは独奏楽器が美しく響かなくてはなりません。その意味でこの演奏特にチェロの美しい響きがとても素敵です。勿論ムターのヴァイオリンはわざわざ書く必要のない美しさです。悠揚迫らざるカラヤンの伴奏?はやや滑らか過ぎて面白みに欠ける部分はあるのですが変に力んだところのない自然体の演奏で好感が持てます。 こういう曲はモノラル盤で聴くべきでなくステレオ盤で聴くべきと思います。(あればDVDも楽しいかも知れません)月並みですが最高の名演です。

ワタミ さん | 大阪府 | 不明

1
★
★
★
★
★
良い演奏さんがヴァイオリン協奏曲に関しては同...

投稿日:2011/02/07 (月)

良い演奏さんがヴァイオリン協奏曲に関しては同意見を述べられてますので、私はダブルコンチェルトに関して述べさせていただきます。 この作品には巨匠達の組み合わせによる名演も数々あるのですが、この録音のムターもメネセスも慌てることなく、終始、ゆっくりと、じっくりと、明確に奏でています。カラヤンの雄大なバックがそれを包み込みます。 この作品には挑戦的に聴こえる演奏が多いのですが、異彩を放つこの名演はこの作品の真価を私達に教えてくれます。

れいくー さん | 奈良県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブラームス(1833-1897)

1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。 1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。 1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。 1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。 1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。

プロフィール詳細へ

ブラームス(1833-1897)に関連する商品情報

協奏曲 に関連する商品情報

  • バボラーク/モーツァルト:ホルン協奏曲集、12のホルン二重奏曲、他 好評を博したモーツァルト:ホルン協奏曲室内楽版に続く、ホルン奏者ラデク・バボラークのスプラフォンでのモーツァルト第2弾。今回は、断片のみ現存するホルン協奏曲の補完版や、ラドヴァン・ヴラトコヴィチとの『12のホルン二重奏曲』など充実のプログラムです。 HMV&BOOKS online|15時間前
  • コルスティック/ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番、他 OEHMSレーベルのベートーヴェン:ソナタ全集が高く評価され「ドクター・ベートーヴェン」の異名を取るミヒャエル・コルスティックの最新盤はラフマニノフ。ピアノ協奏曲第3番、コレッリの主題による変奏曲、ピアノ・ソナタ第2番を収録。 HMV&BOOKS online|1日前
  • スイス・ピアノ・トリオ/ベートーヴェン:三重協奏曲、他 1998年に結成され、数々のコンクール受賞歴を誇る実力派のスイス・ピアノ・トリオによるベートーヴェンのピアノ三重奏曲の全曲録音シリーズ。第5集にはトリプル・コンチェルトを含む作品を収録しております。 HMV&BOOKS online|7日前
  • 新マスターによるリパッティのシューマン:ピアノ協奏曲 『ウルトラセブン』最終回で流れたことでも有名なリパッティ、カラヤン&フィルハーモニア管のシューマン:ピアノ協奏曲が、オリジナルアナログマスターテープよりDSD11.2MHz化した新マスターを使用し、UHQCD、SACDシングルレイヤー化。 HMV&BOOKS online|2018年8月7日(火)
  • 庄司紗矢香/ベートーヴェン、シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ全曲録音を完成させた庄司紗矢香が、2020年のベートーヴェン生誕250年を先取りし、遂にベートーヴェンの協奏曲を録音。カデンツァは庄司紗矢香オリジナル。カップリングはこちらも人気曲のシベリウスです。 HMV&BOOKS online|2018年8月3日(金)
  • ポール・ワトキンス/フィンジ:チェロ協奏曲、他 SACDハイブリッド盤。ナッシュ・アンサンブルのチェリストとして活躍し、現在はエマーソン弦楽四重奏団のメンバー、そして指揮者として活動するポール・ワトキンスが、アンドルー・デイヴィスの指揮で、ジェラルド・フィンジの大作『チェロ協奏曲』を録音。 HMV&BOOKS online|2018年8月1日(水)

おすすめの商品