ブラームス(1833-1897)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

CD 輸入盤

ブラームス:ドイツ・レクィエム、レーガー:レクィエム ミヒャエル・シェーンハイト&メルセブルガー・ホフムジーク、ウクライナ国立合唱団ドゥムカ(2CD)

ブラームス(1833-1897)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
VKJK1717
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

レーガーとブラームスのレクィエム!
後期ロマン派のピリオド楽器による美しい演奏!


レーガーとブラームスそれぞれのレクィエムを両軸にしているCD。特筆すべきはメルセブルガー・ホフムジークがブラームスやレーガーの時代の楽器を用いた後期ロマン派のピリオド楽器で演奏していること。全体の響きが柔らかく美しいものになっています。
 ミヒャエル・シェーンハイトはザールフェルト生まれの指揮者。1998年からメルセブルガー・ホフムジークの指揮者を務めています。(輸入元情報)

【収録情報】
● レーガー:レクィエム Op.144b
● ブラームス:『ああ、世よ、私はお前を去らねばならない』 Op.122-11
● レーガー:『来なさい、甘い死よ』
● ブラームス:『ああ、世よ、私はお前を去らねばならない』 Op.122-3
● ブラームス:ドイツ・レクィエム Op.45


 ヤナ・ライナー(ソプラノ)
 マリー・ヘンリエッテ・ラインホルト(アルト)
 トビアス・ベルント(バリトン)
 デニ・ヴィルケ(オルガン)
 ウクライナ国立合唱団ドゥムカ
 メルセブルガー・ホフムジーク
 ミヒャエル・シェーンハイト(指揮)

 録音時期:2016年9月16日
 録音場所:ミュールハウゼン、聖マリア教会
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブラームス(1833-1897)

1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。 1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。 1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。 1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。 1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。

プロフィール詳細へ

ブラームス(1833-1897)に関連する商品情報

声楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品