ブラームス(1833-1897)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

CD 輸入盤

ピアノ協奏曲第1番、第2番 グリモー、ネルソンス&バイエルン放送響、ウィーン・フィル(2CD)

ブラームス(1833-1897)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4791058
組み枚数
:
1
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


ブラームス:ピアノ協奏曲第1番&2番
エレーヌ・グリモー得意のブラームス!
指揮はアンドリス・ネルソンス
第1番がバイエルン放送響、第2番がウィーン・フィルとの共演!


近年グリモーは集中的にブラームスのピアノ協奏曲に取り組んでおり、2013年1月には来日してN響と協奏曲第2番の見事な演奏を披露して話題ともなりました。レコーディングでは、1997年にザンデルリング指揮シュターツカペレ・ベルリンと共演して重厚でロマン的な味わいの演奏を聴かせていたので、今回は待望の録音の登場ということになります。
 第1番は50分41秒と、かつてのザンデルリング盤の49分21秒よりもわずかに遅めの演奏となっており、さらに第2番も50分超えのじっくり型ということで、グリモーのブラームスにかける思いが伝わってきそうです。(HMV)

【収録情報】
・ブラームス:ピアノ協奏曲第1番ニ短調 作品15

 エレーヌ・グリモー(ピアノ)
 バイエルン放送交響楽団
 アンドリス・ネルソンス(指揮)

 録音時期:2012年4月
 録音場所:ミュンヘン、ヘルクレスザール
 録音方式:ステレオ(デジタル)
 プロデューサー:ヴィルヘルム・マイスター
 エンジニア:ペーター・ウルバン

・ブラームス:ピアノ協奏曲第2番変ロ長調 作品83

 エレーヌ・グリモー(ピアノ)
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 アンドリス・ネルソンス(指揮)

 録音時期:2012年11月
 録音場所:ウィーン、ムジークフェラインザール
 録音方式:ステレオ(デジタル)
 プロデューサー:シド・マクラクラン
 エンジニア:シュテファン・フロック

収録曲   

  • 01. Maestoso - Poco piu moderato
  • 02. Adagio
  • 03. Rondo (Allegro non troppo)
  • 04. Allegro non troppo
  • 05. Allegro appassionato
  • 06. Andante - Piu adagio
  • 07. Allegretto grazioso - Un poco piu presto

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
5
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
グリモーの演奏というと、ブラームスの後期...

投稿日:2015/03/12 (木)

グリモーの演奏というと、ブラームスの後期小品集やラフマニノフの協奏曲のように、他の奏者に比べてテンポや強弱を大きく動かすというイメージがあります。それが最大限に発揮されたのが、当盤では第1番の第2楽章ではないでしょうか。とても情感豊かです。あたかも、些細なことで喧嘩し、恋人に対してきついことを言い過ぎたと後悔している人の姿のようです。その点、うーつんさんのコメントにあるように、第2番の第3楽章はテンポが速く、グリモーにしては珍しく、力で押していく前のめりな演奏になってしまったのが残念。ツィメルマンのような繊細な表現を期待していたので、物足りなかったです。なお、第1番のオケに関しては、皆さんがおっしゃる通り、ソリストに煽られてようやくスイッチが入ってくるような感じで、やや不満な出来。

のろま さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
私は、1番は★4、2番は★5とします。1...

投稿日:2014/08/15 (金)

私は、1番は★4、2番は★5とします。1番はどうもオケの演奏が今一のように感じました。ライブのせいか、音質もオケの音がぼんやりして、主張が感じられないような気がしました。2番はオケとピアノとの掛け合いも良く、楽しみました。プラームスの深みや渋みはあるかというと無いのですが、この溌剌とした演奏も新鮮で良いと思います。これからはブラームスはサラッと弾いてしまっても良いかも、往年の演奏のようにやたら重いのもどうでしょうか。ポリーニの登場が新鮮だったようにグリモーも新鮮に感じています。ハーンやグリモーの若手のブラームス演奏をどう捉えるのか、そして、彼女たちが歳を重ねていくと、どう演奏が変わっていくのか、見守りたいです。皆さん、健康に気をつけて長生きしましょう。  

TKOクラシック さん | 神奈川県 | 不明

3
★
★
★
★
☆
 1番は★3つ、2番は★4つ。1番はどう...

投稿日:2013/11/24 (日)

 1番は★3つ、2番は★4つ。1番はどうもピアノとオケの目指す方向が違うような気がした。一緒にノリ切れていないような気がして、いまいち愉しめない。でもピアノはがんばっていると思う。もともと弾き慣れているのかピアノは落ち着いて愉しめる。 2番はオケが盤石でそこにピアノが参加しているような雰囲気と感じた。所々、特に木管楽器のひなびた感じがブラームスにピタリとはまって良かった。ピアノもゆっくりとした足取りでオケと合わせているのが良い。好みとしてゆったりする曲が好きなのでこれはアリ。★4つなのは、第3楽章でもう少し深呼吸できるような間とテンポがあったらというのと、ピアノがオケより飛び出て奏する気がしたことが理由。  でも、一気にブラームスの協奏曲2曲まとめて世に問うという気概が凄い。CD作りにいつも何かしらのメッセージやプログラミングの工夫をする人だけに何となく納得もできる。若い日の、そして円熟期の作品をまとめて弾き比べすること(異なるオケを起用するのもその一環?それとも制作の都合?)が今回のメッセージだろうか。

うーつん さん | 東京都 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブラームス(1833-1897)

1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。 1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。 1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。 1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。 1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。

プロフィール詳細へ

ブラームス(1833-1897)に関連する商品・チケット情報

協奏曲 に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト