CD 輸入盤

フンメル:ピアノ協奏曲 S・ハフ(P)B・トムソン/イギリス室内O

フンメル(1778-1837)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CHAN8507
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD

収録曲   

クラシック曲目

すべての収録曲を見る

  • Johann Nepomuk Hummel (1778 - 1837)
    Concerto for Piano in A minor, Op. 85
    演奏者 :
    Hough, Stephen (Piano)
    指揮者 :
    Thompson, Bryden
    楽団  :
    English Chamber Orchestra
    • 時代 : Romantic
    • 形式 : Concerto
    • 作曲/編集場所 : by 1816, Vienna, Austria
    • 言語 :
    • 時間 : 30:19
    • 録音場所 : 09/1986, All Saints' Church, Tooting, London [Studio]
  • Johann Nepomuk Hummel (1778 - 1837)
    Concerto for Piano in B minor, Op. 89
    演奏者 :

    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : Romantic
    • 形式 : Concerto
    • 作曲/編集場所 : 1819, Weimar, Germany
    • 言語 :
    • 時間 : 35:59
    • 録音場所 : 09/1986, All Saints' Church, Tooting, London [Studio]

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
フンメルは「生前にあっては、ベートーヴェ...

投稿日:2017/08/26 (土)

フンメルは「生前にあっては、ベートーヴェンと並び称される巨匠の一人」であったのに、どうして死後は勇名がマイナーになってしまったのか、不思議です。私も全音のソナチネアルバムに載っているロンドぐらいで知っている程度でした。シューベルト・メンデルスゾーン・ショパンなどと交流を持ち、また影響も与えたそうですが、前期ロマン派の発展の前触れのような曲です。たとえばシューベルトがピアノ協奏曲を書いていたらこのような曲になっていたのかもしれません。フンメルの名声復活を望みます。

テリーヌ さん | Hyogo | 不明

0
★
★
★
★
★
 このCDを聞いてフンメルに開眼しました。...

投稿日:2014/11/19 (水)

 このCDを聞いてフンメルに開眼しました。素晴らしい作品で、何度聴いても飽きません。このような素晴らしい曲とそれを書いた作曲家が、何故、ほぼ完全に音楽史から消えてしまったのか不思議でなりません。音楽史上の大きなミステリーであり、既成の歴史観が必ずしも信頼できるものではないことを痛烈に教えられました。  あちこちに散らばった様々なコメントを読むと、フンメルをモーツァルトやベートーヴェンやショパンなど他の作曲家との比較で語っているものがほとんどですが、フンメルはあくまでフンメルです。忘れられた作曲家なので、最初はいわゆる「大作曲家」と比較したくなりますが、フンメルには同時代の他の作曲家にはない彼独自の魅力と個性があると思います。このCDでフンメルを知った後、他の作品もいろいろ聴き、そのことを確信するようになりました。  このCDを聴く度に、フンメルに対して最初に感じた新鮮な感動が蘇ります。お勧めのCDです。フンメルを蘇らせてくれたハフの名演に感謝です。

クリストフ さん | 兵庫県 | 不明

2
★
★
★
★
★
この第2番イ短調のピアノ協奏曲を聴くと、...

投稿日:2014/08/15 (金)

この第2番イ短調のピアノ協奏曲を聴くと、これほど魅力的な傑作がどうして埋もれてしまったのか理解に苦しみます。堂々とした古典的な気品と風格のあるオーケストレーションを備えていますし、なによりもショパンを先取りするというか、引けを取らない甘美で華麗なパッセージに溢れており、ピアノの技巧を存分に発揮できる曲になっています。事実ショパンは、後にこの曲との類似を懸念して自身のピアノ協奏曲の出版を躊躇したという逸話が残っているほどです。フンメルは相当な腕を持ったピアニストだったのでしょうね。よくよく聴いていると、時にベートーヴェンを思わせるようなやや重厚な響きとショパンばりの華麗で甘美なロマンティシズムが同居している感じで、ややちぐはぐ感もなくはなく、そこで好みが分かれるのかもしれません。いずれにしてももっと注目され、演奏されるに値する名曲と思います。録音も演奏も大変良く、楽しめます。第3番も第2番に負けず劣らず素晴らしいです。  

B&W802D さん | 東京都 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

フンメル(1778-1837)

Johann Nepomuk Hummel (1778-1837) was an important composer from the late Classical period primarily known for his solo piano compositions and piano concertos. In recent years, however, attention has been given to his chamber music, operas, and sacred works. He tended to write long-breathed melodies, often used Alberti bass accompaniments and dotted rhythms, and favored the sonata-allegro and rond

プロフィール詳細へ

フンメル(1778-1837)に関連する商品情報

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品