CD 輸入盤

Festkonzert Vol.2: Neumann / Czech Po +kaspar, Labsky, Nedbal

フチーク(1872-1916)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ORFEO107201
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Germany
フォーマット
:
CD

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ヴァーツラフ・ノイマン指揮、チェコ・フィ...

投稿日:2015/07/18 (土)

ヴァーツラフ・ノイマン指揮、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団の演奏で収録されたこのCDは、チェコ(ボヘミア)出身の作曲家の手によるワルツとマーチ、ポルカを集めたもの。 フチークを初め、クモッホ、コムツァーク、ラビツキー等、いわゆるウィーン・ライト・ミュージック系統の作曲家の作品ばかり収録。 といってもシュトラウスとは一味違う作品で、素朴であったり影があったりと面白い。 第1巻、第2巻の2枚がリリースされているが、現在HMVでは何故か同一盤となっている。 カタログ番号の末尾が101が1巻、201が2巻である。 収録曲の作曲家は主に19世紀中頃から20世紀前半に活躍した人物で、この年代のボヘミア出身の作曲家の手による主要な作品はこの2枚で大体揃う。 ノイマン&チェコ・フィルの演奏はリラックスした、実に楽しいもの。 細かい事は言わず、素直に曲を聴くのがこのCDの正しい聴き方だろう。 2枚とも1983年8月の録音、音質は特に問題なく聴ける。

レインボー さん | 不明 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

フチーク(1872-1916)

Julius Fucik holds a position in Czech musical culture that is an amalgamation of Johann Strauss II's reputation in Austria and John Philip Sousa's in America. From 1885 to 1891 he studied violin and bassoon at the Prague Conservatory, and took composition lessons from Dvorak. Upon graduation he played bassoon for three years in the band of the 49th Austro-Hungarian Regiment, under famed band cond

プロフィール詳細へ

フチーク(1872-1916)に関連する商品情報

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品