CD 輸入盤

Festkonzert: Neumann / Czech Po

フチーク(1872-1916)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ORFEO147861
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Germany
フォーマット
:
CD

収録曲   

  • 01. Einzug Der Gladiatoren
  • 02. Wintersturme
  • 03. Mississippi River
  • 04. Donausagen
  • 05. Attila
  • 06. Traumideale
  • 07. Triglav
  • 08. Marinarella

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
フチークは軍楽隊で活躍していたため、多数...

投稿日:2014/06/13 (金)

フチークは軍楽隊で活躍していたため、多数の行進曲を始めとする吹奏楽曲を書き、それらを集めたCDが発売されていますが、管弦楽曲(吹奏楽からの編曲含む)を集めたCDはこのノイマン&チェコ・フィルの録音ぐらいしかありません。 しかもノイマンはフチークの録音をほぼ同じような曲目で1973年(ワーナーから国内盤、輸入盤が出ている)とこのCDの1983年にも録音しているというフチーク・マニアです。 演奏はマーチではキレのある小気味良い演奏を聴かせてくれますし、ワルツではウィンナ・ワルツのような軽快さとドラマチックで豪快さを感じさせる好演を聴かせてくれます。 全体的に作曲家への共感が感じられ、ノイマンの録音の中でも上位に位置する音源ではないかと思います。 新旧どちらの盤が良いかは好みによりますが、どちらも良い演奏であるにはかわりありません。 録音、音質は良好です。 尚、『ボヘミアのマーチとワルツ』というCD(レーベルはこのCDと同じオルフェオ)にもノイマンはまとまってフチークの曲を録音しているので併せて聴いて見て下さい。

レインボー さん | 不明 | 不明

2
★
★
★
★
★
「剣士の入場」以外あまりその作品が収録さ...

投稿日:2011/07/10 (日)

「剣士の入場」以外あまりその作品が収録されているとは思われないフチークはドヴォルザークに作曲を学びオーストリア=ハンガリー連隊の軍楽隊長を務めつつポヘミアのスーザと言われるくらい多くのマーチやワルツ等三百曲を作曲したそうです。フチーク作品集としてのアルバムは、他にほとんど例がなく、ノイマン/CPOによる、細部まで知り尽くした香り高い演奏は、高い評価を受けています(HMVレビューから一部文言引用しました)。録音盤としては1983年収録本盤と1973年収録分等がありますがとにかく先述の様に作品集が多いので収録曲目が各々バラついてはおります。私が本盤で聴いたものではやはり先ず「剣士の入場」(演奏タイム2’45)でしょう・・・お馴染の明るい曲調で中盤に微妙な「溜め」を作りつつ軽くも重くもない進め方は素晴らしいです。ワルツ「ドナウ物語」(同10’33)は管中心に静かなスタートをし優しい感触なのがやがてワルツ的な雰囲気を予感させ穏やかに推移しピークでワルツの主旋律が親しみ易く奏でられます。途中別のワルツも見せ管テーマに戻りつつ〆はワルツクライマックスへ・・・もうノイマン(録音当時63歳の頃)あっての世界ですね。それはワルツ「理想の夢」(同12’05)でも同じでハープと弦で開始される正に夢の中でやや愁いを含んだテーマが強奏され主ワルツを展開、やはり親しみ易い愁いも魅力的。いろいろ経緯しつつ曲はメリハリつけて行きます。本盤の他の主な収録曲は序曲「マリナレーラ」(同10’40)、ワルツ「冬の嵐」(同12’25)、マーチ「アティラ・ハンガリア」(同4’05)、マーチ「ミシシッピー河」(同3’10)他で夫々ボォゥーと聴くのにも適した曲でこうした曲にも手を抜かないで演奏するノイマン/CPOにも好感を持った次第です。最高ランクに躊躇いたしません。(タイムについては盤により多少異なる場合があります。)

2

フチーク(1872-1916)に関連する商品情報

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品