フォーレ (1845-1924)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

CD

レクィエム コルボ

フォーレ (1845-1924)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
WPCS22092
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

フォーレ:レクイエム
コルボ指揮ベルン交響楽団他

クレマン(ボーイ・ソプラノ)、フッテンロッハー(バリトン)
サン・ピエール=オー=リアン・ド・ビュル聖歌隊

録音:1972年

古今の数多いレクイエムの中でもモーツァルトと並び立つ名曲中の名曲がフォーレの作品。その数多い録音の中でも、コルボ盤は人類の宝と言うべき決定的な評価を得ています。コルボ盤の特徴とされるボーイ・ソプラノを起用した理由、コルボの最初の師であったおじへの追悼として録音された経緯など、名盤誕生の感動秘話を含むコルボへの最新インタヴューをブックレットに掲載。

内容詳細

コルボのおじは、合唱指揮者でこのレクイエムの公演の準備をしていたが、急死してしまったため、コルボは追悼の意味を込めて、おじの合唱団を使ってこの曲を録音したのであった。清らかで美しく、心にしみ入る、特別に感動的な演奏だ。(治)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
もうコルボの名刺代わりの感もあるフォーレ...

投稿日:2011/06/07 (火)

もうコルボの名刺代わりの感もあるフォーレ「レクイエム」はCD盤としても本盤1972年演奏分の他に1992年(ローザンヌ声楽・器楽アンサンブル)、2005年(ローザンヌ声楽・器楽アンサンブル・・・東京ライブ)そして2006年(ローザンヌ声楽アンサンブル、シンフォニア・ヴァルソブィア)がHMVカタログにも載っております。多くの方がそうである様に私もこのレクイエムはやや分厚いイメージのクリュイタンス盤(1962年録音の名演奏でこれはこれでLP発売当時以来納得出来ている演奏であります)から入った者ですが1972年録音のこのコルボ盤(コルボ38歳の頃)に接してその透明感にも感激しクラシック音楽の聴く楽しみに今更の如く感じ入った覚えがあります。フォーレ「レクイエム」には何版かあり本盤演奏はフルオーケストラ版で演奏タイムとしては@7’44A8’00B3’53C3’15D6’13E6’16F4’15と例えば2005年東京ライブ盤の室内楽版@7’10A6’52B3’45C3’26D5’57E6’01F3’38との微妙な差はありますが多分それより響きの違いが大きな要素かと思います。それと本盤はオーケストラがBSOでコーラスが少年中心のサン・ピエール・オ・リアン・ド・ビュル聖歌隊(亡きコルボの叔父が指導してきた小さな町ビュルの聖歌隊で、これから音楽として一層の飛躍がかかるこのレクイエム一回目の録音に、それをするところに彼の人間性の一端がうかがえます)、ソプラノにもこの聖歌隊メンバーのボーイ・ソプラノを起用していわば女声陣が参加していない事が特筆されます(このソプラノを担当した少年はこの録音後間もなく変声して先述のローザンヌ声楽アンサンブルのバリトンメンバーになったとか・・・)。特に声楽陣がこういう具合なのでその安らぎと清澄さは異常な程で性的魅力も感じます。ソプラノが登場する第4楽章ではその繊細さが発揮されますね。最初の楽章でのゆったりとした静かな佇まいの内のスタートと分厚くないコーラスからその透明さが直感され宗教曲の厳かさというより清らかさを訴えます。第2楽章、第6楽章でのバリトンのフッテンロッハー(当時30歳)の静けさも印象的です。ただ正直な処、私は女声陣の方がスケール感というか普遍性からも好きであり★一つ保留します。(タイムについては盤により多少異なる場合があります。)

1
★
★
★
★
★
飾りたてないメロディであるが故の、荘厳さ...

投稿日:2004/04/21 (水)

飾りたてないメロディであるが故の、荘厳さが感じられる。「Offertoire]の四声で歌われる部分は、一瞬呼吸が止まってしまうほどに美しい。

salah さん | 横浜 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

フォーレ (1845-1924)

When Gabriel Faure was a boy, Berlioz had just written La damnation de Faust and Henry David Thoreau was writing Walden. By the time of his death, Stravinsky had written The Rite of Spring and World War I had ended in the devastation of Europe. In this dramatic period in history, Faure strove to bring together the best of traditional and progressive music and, in the process, created some of the m

プロフィール詳細へ

フォーレ (1845-1924)に関連する商品・チケット情報

声楽曲 に関連する商品・チケット情報

  • ジェイムズ・ギルクリスト/V・ウィリアムズ:歌曲集 ヴォーン・ウィリアムズの『旅の歌』を中心とする歌曲集に、ヴィオラとピアノのための室内楽作品や、テノール、ピアノとオブリガート・ヴィオラのための『4つの賛歌』、テノール、ヴィオラとピアノのために編曲された『ロシメドル(ウェールズの讃美歌による3つの前奏曲より)』を組み合わせたプログラム。 ローチケHMV|19時間前
  • ペーター・シュライアー、リーダー・アーベント1996 1996年10月16日、東京芸術劇場でのライヴ録音です。シューマン:『詩人の恋』全曲や、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルト、メンデルスゾーンなどの歌曲を収録。 ローチケHMV|5日前
  • 【入荷】ルネ・ヤーコプス/モーツァルト:レクィエム(デュトロン補完版) ヤーコプスがついにモーツァルトのレクィエムを録音。70歳を迎え(1946年10月30日生まれ)、満を持しての録音・リリースとなります。オーケストラはフライブルク・バロック・オーケストラ。 ローチケHMV|6日前
  • バリトン、合唱&ピアノ伴奏による『冬の旅』 このアルバムは、若手合唱指揮者のグレゴール・マイヤーが、バリトン、合唱とピアノ用に編曲(ブライトコプフ・ウント・ヘルテル社より出版)したもの。2016年ウィーン・フォルクスオーパーの来日公演でも歌声を披露したダニエル・オチョアがソロを、グレゴール・マイヤーが設立したヴォーカルコンソート・ライプツィヒ、そしてブラジル出身のピアニスト、クリスティアン・パイクスが伴奏を務めます。 ローチケHMV|2017年11月13日(月)
  • ルイス・フューレイ(ヴォーカル、ピアノ)/HAUNTED BY BRAHMS 1949年カナダ生まれのポップス畑の音楽家ルイス・フューレイが、なんとブラームスの歌曲弾き語りをリリース。歌い方は完全にポップスのそれで不思議な感覚。英語訳で歌っています。 ローチケHMV|2017年11月2日(木)
  • カペッラ・プラテンシス、オランダ室内合唱団、他/無伴奏合唱曲集 無伴奏混声合唱の美にあふれた1枚。イギリスの現代作曲家アンソニー・ピッツ[1969-]の「Missa Unitatis」をメインに古楽と現代の合唱曲を間に散りばめ構成したアルバムです。 ローチケHMV|2017年11月2日(木)

おすすめの商品