フォーレ (1845-1924)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

CD 輸入盤

レクィエム コルボ&シンフォニア・ヴァルソヴィア

フォーレ (1845-1924)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
MIR028
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

コルボ4度目のフォーレ:レクイエム

名盤として知られる1972年盤(ERATO)、さらに表現が濃やかになった1992年盤(Virgin)、リンパ腺癌治癒を祝った復帰演奏会からほどなくおこなわれた日本での誕生日公演を収録した2005年盤(AVEX)と、コルボにはすでに3つの優れたフォーレのアルバムが存在しますが、今回は、シンフォニア・ヴァルソヴィアを指揮、合唱にはいつものローザンヌ声楽アンサンブルを起用し、前回同様、静謐な1893年版を用いて演奏しています(初めの二つは通常版)。
 独唱には1975年リスボン生まれのソプラノ、アナ・クインタンスと、コルボのお気に入りでもある英国の古楽バリトン、ピーター・ハーヴィーを起用。美しい演奏が期待されます。
 のちに『小ミサ曲』として改作された『ヴレヴィユの漁師達のミサ』も収録されているのが心憎いところです。録音も秀逸。

・フォーレ:レクイエム op.48(1893年版)
・フォーレ:アヴェ・ヴェルム・コルプス op.65-1
・フォーレ:アヴェ・マリア op.67-2
・フォーレ:タントゥム・エルゴ op.55
・フォーレ / メサジェ:ヴレヴィユの漁師達のミサ(のちに小ミサ曲に改作)
 アナ・クインタンス(S)
 ピーター・ハーヴェイ(Br)
 ローザンヌ声楽アンサンブル
 シンフォニア・ヴァルソヴィア
 ミシェル・コルボ(指揮)

 録音時期:2006年
 録音場所:フランス、フォントヴロー王立大修道院
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

収録曲   

クラシック曲目

すべての収録曲を見る

  • Gabriel Faure (1845 - 1924)
    Requiem, Op. 48
    演奏者 :
    Harvey, Peter (Baritone), Quintans, Ana (Soprano)
    指揮者 :
    Corboz, Michel
    楽団  :
    Lausanne Vocal Ensemble
    • 時代 : Romantic
    • 形式 : Mass / Requiem
    • 作曲/編集場所 : 1887-1890, France
    • 言語 :
    • 時間 : :
    • 録音場所 : , [Studio]
  • Gabriel Faure (1845 - 1924)
    Ave Maria
    演奏者 :

    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : 20th Century
    • 形式 : Motet
    • 作曲/編集場所 : 1877, France
    • 言語 :
    • 時間 : :
    • 録音場所 : , [Studio]

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
フォーレのレクイエムとしてコルボの1972年...

投稿日:2009/05/22 (金)

フォーレのレクイエムとしてコルボの1972年度版を 宝物 にしていました。今回また、新しくレクイエムを聴いた初めの感想としては、1972年のような重厚感はなく、艶やかな感じに聞こえ、若干物足りない気がしましたが、聞き込んでいくうちに、1972年度は例えるなら「マーラーっぽい」 、これは、「モーッアルトに近づいた」 とでもいいましょうか。すばらしい、レクイエムです。

春うらら さん | 北海道 | 不明

1
★
★
★
★
★
おそらく今聴ける最高のフォーレ:レクイエ...

投稿日:2007/07/03 (火)

おそらく今聴ける最高のフォーレ:レクイエムだと思います。 熱狂の日の音楽祭で同じメンバーの演奏を聴いて深い感銘を受けました。 リベラ・メの一音一音を刻印するような表現は胸に迫るものがありましたし、ソプラノのキンタンシュのピエ・イエズのほぼパーフェクトな歌唱は特に印象的でした。 この曲を最初に聴くなら、ぜひこの1枚を聴いていただきたいです。

ピースうさぎ さん | 名古屋市 | 不明

0
★
★
★
★
★
とにかく素晴らしいの一言です。実際に東京...

投稿日:2007/06/03 (日)

とにかく素晴らしいの一言です。実際に東京フォーラムで演奏を聴くことができなかった私にとって大切なCDになりました。

ぴゅん さん | 香川 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

フォーレ (1845-1924)

When Gabriel Faure was a boy, Berlioz had just written La damnation de Faust and Henry David Thoreau was writing Walden. By the time of his death, Stravinsky had written The Rite of Spring and World War I had ended in the devastation of Europe. In this dramatic period in history, Faure strove to bring together the best of traditional and progressive music and, in the process, created some of the m

プロフィール詳細へ

フォーレ (1845-1924)に関連する商品・チケット情報

声楽曲 に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品