フォルカー・シュタンツェル

人物・団体ページへ

ドイツ大使も納得した、日本が世界で愛される理由

フォルカー・シュタンツェル

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784344027077
ISBN 10 : 4344027078
フォーマット
出版社
発行年月
2015年01月
日本
追加情報
:
223p;19

内容詳細

「シュタンツェル大使の目を通すと、日本はこんなにも面白い!」ドナルド・キーン氏、寺島しのぶ氏 驚嘆アイドル、政治家、ゴールデン街、鉄道……日本の真髄に出会った大使の比較文化論2009年〜2013年に駐日ドイツ大使を務めた著者は、大学時代に日本に留学したこともある大の日本びいき。在任中のブログ「大使日記」では、日独の違いやこの国の素晴らしさについて日本語で綴って話題となった。本書はそのブログの内容を元に大幅に加筆修正をして再構成。文化も教育も政治も、日本はなぜ世界中から注目され、尊敬されるのかについて軽妙な筆致で考察した比較文化論。【内容より】・大使館にAKB48がやってきた!・ドイツ人より七年長く働く日本人・外国人の思う、本当にいい日本語とは・冬でも素足の女子高生には驚き・皇太子殿下、二十四年ぶりのご訪独・実は日本人もドイツ人もパーティー上手・ドイツ科学を救った日本人・敗戦国としての日本とドイツ・隣国と和解するということ・ドイツ人が胸打たれた日本人の強さ・震災と原発事故がドイツに与えた影響 ・もう一度日本で味わいたいこと……露天風呂、富士登山、ゴールデン街、新鮮な魚、鉄道、醤油とハイテク、源氏物語、選挙戦、日比谷のダンスホール、日本の四季と庭の風景、舞踏、桜

【著者紹介】
フォルカー・シュタンツェル : 1948年、ドイツ・クロンベルク(フランクフルト近郊)生まれ。フランクフルト大学で日本学、中国学、政治学を専攻。72〜75年京都大学留学。80年ケルン大学にて哲学博士号取得。79年ドイツ外務省入省。82〜85年在日ドイツ大使館勤務。駐中国大使、本省政務総局長などを経て2009年12月〜13年10月駐日ドイツ大使。退官後は、米国カリフォルニア大学サンタクルーズ校で政治学の教鞭を執る。合気道二段(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品